FC2ブログ
  • « 2019⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

鑑賞中「オ・ジャリョンが行く!」

近頃急激に「オ・ジャリョンが行く!」が盛り上がってきたので、鑑賞中ですが、記事にしてみますね。

こちら、番組のHPですが、まだ見てない方はご注意、トップに堂々とネタバレしてます(^_^;)
私はこれ見てちょっとしたショックでした。。。は~そうなんだ~~・・・みたいな。

今日は第32話の放送でした。
(韓国では約30分番組で129話完結、BS日テレでは1時間で65話の放送)
ちょうど半分ぐらいまで来たワケですね。
やっと盛り上がってきたかっていう感じです。

主人公はイ・ジャンウ演じるオ・ジャリョン。
ドラマが始まったときはフリーターだったのが、外食産業のATグループのファミレス(焼き肉店?)に契約社員として働き始めます。
とても一生懸命に働いていて、良い社員だったのですが、少々の誤解が生じて、オジャリョンは悪くなかったのに、罪をかぶってお店をやめさせられました。
その後、公務員を目指していた弟といっしょに、トッポギの屋台「熱い兄弟」を始めます。
トッポギは新商品を開発して世間の評価を集め、いよいよこれから!!
・・・と言うときに、ある事件が起きます。←いまここ


以下、ネタバレです。

追記で第34話まで。

追記で36話まで。↓

追記37話。↓↓↓










オ・ジャリョンの恋人はナ・コンジュ。
実はATグループの会長の二女なのですが、簡単に言うと社会勉強のために、グループの末端の焼き肉店で働き始めました。そこで知り合ったオ・ジャリョンのことを次第に好きになります。
オジャリョンは最初はコンジュを妹のようにしか思ってなかったけれど、いつしかコンジュを好きになっていたので、このふたりは相思相愛のカップルになりました。
でも、最初は騙すつもりではなくても、自分がATグループの娘だと言うことを、オジャリョンに言いそびれています。言えば騙していたことになり、オジャリョンとの関係が終わりそうで怖いのです。
しかし、オジャリョンに大きな問題が起き、それがATグループと深く関係があるために、いよいよ自分の正体を明かそうと決意しました。←いまここ

コンジュの姉はジンジュ。
好きな人がいたのですが、子連れのやもめだったので、家族の大反対に会い諦めました。
そして、コンジュ、ジンジュの母親ベンノの友達であるギジャの息子ヨンソク(アメリカ帰り)をジンジュの婿養子として、そしてATグループの代表(日本で言う社長かな?)として迎え入れ、結婚しました。

しかし、ヨンソクには隠し子がいるのです。
その母親はキム・マリ。
実は彼女は、オ・ジャリョンの初恋の相手です。

キム・マリは自分と子どもを捨て、なおかつひどい仕打ちをするヨンソクに復讐するために、ヨンソクの妻ジンジュに近づきました。何も知らないジンジュはキムマリと打ち解け、自分が不妊症だと言うことも打ち明けています。
そのうえ会社の秘書の仕事を紹介しようとしています。
会社の秘書になれば、必然、ヨンソクとも顔を合わせるわけです。←いまここ


ジンジュの夫、ATグループの現会長ヨンソク。
彼がとんでもない食わせ物なのです。
最初はすごく紳士で良い人だと思わせて・・・。
キムマリとのことが、ジンジュたちの父親(前代表)にばれてしまい、ジンジュの父の信用を失います。
ジンジュ父は、進んでいたジンジュとヨンソクの結婚を破談にしようとしていた矢先、心臓発作で死んでしまうのですが、そのとき「ヨンソクはダメだ。絶対に」と言い残します。(父の死にもヨンソクは関係します。日本で言うと未必の故意ってやつです)でも母はヨンソクを信用していて縁談を進めたのです。
そんな結婚だけど、ジンジュのことは大事にして、キムマリとの事もあながち冷たいだけとも思えず、いいところもあるんだなぁと思わされたんですけど・・。
でも、オジャリョンが焼き肉店をやめさせられるときに、ヨンソクに直談判に行ったんだけど、その対応は冷徹そのもの。
そして、ここのところ一気に、その冷徹さが前面に出てきて、オジャリョンはピンチに陥りました。


オジャリョンが屋台で開発したチキントッポギ。
世間に味が認められ、人気を博してきたとき、コンビニから提携を申し込まれました。
そのため、工場を借り、大量生産に踏み切ります。
工場を買うために家を抵当に入れてお金を作りました。
家族中が喜んで協力したのです。
しかし、そのチキントッポギがいざコンビニに納入され、販売されようとしたそのとき!
この味をヨンソクが盗み、特許を先にとってしまい、ATグループの商品として売り出したのです。
オジャリョンは懸命に抵抗しましたが、結局、ヨンソクに屈します。
抵当に入った家を差し押さえられそうになったからです。
家族を路頭に迷わせることは出来ないと。
本当に悔しかったけれど、家族のためにも涙を飲み、ヨンソクの「補償金」を受け取ったのです。


落ち込むオジャリョン、コンジュは必死に慰め支えようとします。
でも、オジャリョンを苦しめているのが自分たちの会社だと、どうしても言えない。
言えないけれど、言わなきゃいけないと、やっと打ち明ける決意をしました。

しかし、その直前、オジャリョンにそれを言ったのは、またしてもヨンソク!
「うちの義妹に近づくな!」と。
何も知らなかったオジャリョン、大ショックです。←いまここ


私としては、「話がある」と呼び出したコンジュの気持ちを、オジャリョンには知ってほしかった。
直接コンジュに聞く前に、コンジュの後を付け、家を探るなんて、オジャリョンにはそういう姑息なことをして欲しくなかったな。でも、気持ちもわからんでもないけど。

まぁとってもいいやつのオジャリョンだから、やがては誤解が解けると信じてるけど。


さて、他の関係と言うと。

オジャリョンの母は、コンジュの母ベンノの友達で、いまはベンノの家の家政婦をしています。
そのつてで、オジャリョンの父も、ATグループの警備の仕事をしていました。
でも、オジャリョンの特許騒動で仕事をやめてしまいます。
一連のことを、どうしても母に言えないオ家の男たち。
本当のことを知らずに、母は仕事をやめてしまったオジャリョン父を怒ってます。

本当のことを言うべきですよね。
私なら言って欲しい。

そして、可愛いオジャリョンの弟のジェリョン。
彼は結婚を考える彼女が出来ました。
それが、ヨンソクの母の妹ギヨンです。
年が10歳年上の38歳なので、ジェリョンの家族、とくにおばあさんから大反対を受けています。

ヨンソク母のギジャは、コンジュ母ベンノともオジャリョン母のコンシルとも友達ですが、双方ともに姻戚となろうとしてるわけです。。それどころか、コンジュとオジャリョンが結婚したら・・・友達3人で姻戚の三角形が出来るのです。。なんともはや。。。(^_^;)

オジャリョン→コンジュ→ジンジュ→ヨンソク→キムマリ→オジャリョンという輪。

オジャリョン→コンシル→ベンノ→ギジャ→ギヨン→ジェリョン→オジャリョンという輪。

世間が狭いですね(^_^;)

ともかく、ヨンソクが悪人振りを発揮してきてくれたおかげで、物語が盛り上がってきました。
どうかヤツに鉄槌を!!
オジャリョン、チキントッポギは諦めたけど、ぜったいに他の方法でヨンソクをやっつけておくれ!!
期待しているよ。



***************************




追記 1月24日放送の第34話では、またまた目が離せない展開になってきました!書かずにいられない!!

オ・ジャリョンはヨンソクに
「ATグループからお金をせしめるためにわざとコンジュに近づいた」
と因縁をつけられるけれど、コンジュが無邪気に「母に会って」と言うので、コンジュの家の夕食に行くのです。

オジャリョンは本当に人がいいから・・・(^_^;)
コンジュに「僕のことをお母さんに説明した?」と訊くと、コンジュも「もちろんよ」と答えていたけど、それはテレビではおそらくカットされたと思うけど、説明ってきっと「誠実で優しくて温かい人」とかなんとか言ったんだろうと思いますね?おそらく。

で、現れたオ・ジャリョン。無論ヨンソクもそこにいるんですよ。
しかし、コンジュの家ではジャリョンの母が家政婦をしている。
はたして親子は、そこでばったりと出会ってしまうわけですよ。
たいそう驚く二人ですが、そのことで、ベンノには、ジャリョンの「人となり」が一発でわかってしまうのです。
ショックで倒れ、とても食事どころではない雰囲気。
ベンノはジャリョンのことを
「屋台でトッポギを売ってるような男」と蔑むのです。
ヨンソクはここぞとばかりにジャリョンを悪く言いますよ、そりゃ。
「おかしい。偶然にしてはできすぎだ。彼がATグループに特許のことで難癖をつけてきた男です。
要求したとおりにお金を支払ったのに、コンジュに近づいたのです。」
とかなんとか。
なぬー!!難癖はおまえだろうが~~!!みたいな。

ヨンソク命!のベンノはコンジュの言い分なんか信じなくてひたすらヨンソクの言いなり!!

そのうえ、翌日「仕事」に現れたジャリョンの母に対しても
「ギジャが羨ましかったんでしょう。私と姻戚になって。
だからジャリョンを近づけたのね。
友達付き合いをしてあげたら図に乗っちゃって。」
見たいな事を言いやがるんですよ。
なんてひどい女!!
最初からなんか気に入らなかったんだよね。「ファッション王」でも憎たらしかったし!(←違)
キムマリに対しても秘書の面接のとき未婚の母と知ったときの見下す表情ったら、本当に憎たらしかったもん。キムマリに好意を持ってなくてもそう感じた。(そんだけうまい女優さんなんだわね)

と言うことで、いま非常に先が気になる展開になっています。
いいねー。悪人が悪人らしく憎たらしいと(笑)
いつかはベンノもジャリョンを認めてベタベタするんじゃないかと思うけど。
今はともかく憎たらしいです。

あ~~ヨンソクに鉄槌が、ガツーンと下りる日が来るのが楽しみだ~~(笑)
きっと発端はキムマリが作ってくれるのかな。
ジャリョン、がんばれ。正義のヒーロー!!ファイティーン!!


***************************

36話まで見て・・・(話の順番が前後しています。ご了承ください)

コンジュもオジャリョンもお互いを思う気持ちは真剣で本物なのに、コンジュ母ベンノの反対は猛烈!!

オジャリョンには仕事やお金を用意するからコンジュと別れろと、失礼千万な提案をしたりして。
もちろん、オジャリョンの気持ちはそんなことで揺れませんが、それをコンジュが見てたものだから。
お母さん酷い!!失望したわ!!
とかなんとか言うのです。オジャリョンは「お母さんに対してその言い方はないよ。謝っておいで」なんて。本当にいいひとだわ、オジャリョン。
いったんは謝るつもりのコンジュも、やっぱり母親の考え方についていけず謝罪は撤回。
コンジュは対抗するために家出をしたりするんだけど、逆効果であることは火を見るよりも明らか。
しかも、とうぜんオジャリョンの立場が悪くなるだけ。。。(>_<)

家出をしたって、すぐに行き先を突き止められて、ヨンソクの差し向けた男たちにボコボコにされてしまいました。

そうなると、オジャリョンの家族も黙ってないし。
コンシルはベンノの家に、まずは借金を返しに行こうとしたけど、それもベンノはけんもほろろ。
汚いものでも見るような目つきです。
あまつさえ「私を騙していた」とコンシルに言い放つ。
コンシルは「あなたは何を恐れているの。かわいそうな人。人を疑ってばかりだといつかは誰もいなくなるわ」と言い残して去るのですが・・・でも、ボコられたオジャリョンを見て黙っていられずベンノの元へ再び赴くも、ベンノには家にも入れてもらえないどころか、コンジュを見張っている男たちに邪険にされ、地面に倒されてしまうのです。

それを見てオジャリョンはついに、コンジュと別れる決意を。

「自分だけならいくらでも我慢する。でも、母や家族が自分のためにつらい目にあうのは耐えられない」と。

コンジュは別れを受け入れがたく、逆にオジャリョンの家ではコンジュを早く忘れるとばかりにお見合いの話が出てきて。お見合いの席にはコンジュが乱入。ぶち壊します。もちろん、オジャリョンはお見合い相手と付き合うつもりはなかったけど。
必死にすがるコンジュを、心を鬼にして突き放すオジャリョン。。。。
傷ついたコンジュはアメリカに行く決意を・・・・???


さて、オジャリョンのおばあちゃんが登場!
コンジュの家に乗り込んでベンノ相手に言いたい放題。
スカッとしたというよりは、これでまたオジャリョンとコンジュがこじれないか心配だったけどね。
だいたいこのおばあちゃん、ベンノへの借金を返すために、オジャリョンたちが手に入れたお店を売ろうとしていたとき、ギヨンが代わりに出してくれて、オジャリョンたちはお店を売らなくて済んだけど、そのときギヨンへの態度が180度変わってしまって、ギヨンを持ちあげるったら・・(^_^;)現金ってまさしくこのことだねーと思って笑った(笑)
まぁ単純なと言えば単純なおばあちゃん。
今回もATグループと言う敵が現れて、嫁姑関係も一時停戦中。
どこもそんなものですよね(笑)

無事にオジャリョンたちのお店はオープンして、初日はかなりの繁盛を見せています。

そして、キムマリがヨンソクの秘書をしていることがギジャにばれて、キムマリはジンジュの不妊のことをギジャに言ったみたい。おりしも不妊治療の権威と言う先生が来韓してて、診てもらったんだけどやっぱりジンジュの妊娠はほぼ不可能と言われる。
そしてジンジュの出した結論は
「ヨンソクさん、私たち離婚しましょう」
でした。

話をちゃんと整然と書けません。わかりにくかったらごめんなさい。

あ~・・・明日も楽しみ!!

***************************

今日は37話でした。

断食までして入院したコンジュ。
オジャリョンはそんな彼女を見て、やっぱり諦めないと決意。
ふたりはコンジュ母のベンノに跪いて許しを請いまして。。。

ジャリョンを迎えにコンジュの家にやってきたオジャリョン両親、跪くオジャリョンに怒り爆発で、母コンシルは「こんな家と姻戚になりたくない!」と言うんだけど、父親が「若い二人がここまでしているのに、大人が二人の気持ちを第一に考えずにどうするんだ。自分の気持ちだが大事なのか」みたいなことを言って一喝するわけです。
私はこのドラマではじめて泣けました~。
オジャリョン父、いい人です!やっぱいい人の父はいい人だった!

ヨンソクは、オジャリョンならコンジュのムコになっても自分の会社内の立場を危うくしないと思い(これ、ギジャの入れ知恵ね・・)態度を急変させてベンノに「許してやってください」と進言を。。。
「愛し合っていることが夫婦には一番大事。そしたらどんな困難も乗り越えて行けるでしょう」とかイケシャーシャーと。コンジュとオジャリョンがヤツに感謝なんかしないといいけど。

ジンジュたちの父親は、死ぬ間際に「ユンソクはダメだ」って言い残すけど、そのときいっしょにジンジュの恋人の男やもめの元家庭教師と結婚させてやれ・・と言ったのでした。
コンジュも母といっしょに聞いていたのに、忘れちゃったのか??
ヨンソクのオジャリョンへの酷い仕打ちを見て、思い出さないのか・・・と歯がゆいんだけど、それをここで明かすと後の展開に問題が生じるのかしらん??
この前の展開あたりで暴露したらよかったのになぁ。

結局ベンノはコンジュとオジャリョンの二人を許した。。。

と思ったら、条件が「婚前契約書」ってので、正式に提示された。
条件は3つ
1.婚姻届は結婚式の一年後。←1年間のうちにコンジュの気が変わると思ってか
2.結婚と同時にコンジュは相続を放棄すること
3.オジャリョンはATグループに入ること

ひゃーーー(>_<)
ベンノ・・・やらしい女やなーーー。

ますます続きが気になりますね!!

***************************

追記 その後の感想

感想その1 37話まで
感想その2 52話まで
感想その3 56話まで
感想その4 57話
感想その5 62話まで
感想その6 最終回まで
21:04 : [ドラマタイトル]オ・ジャリョンが行くトラックバック(0)  コメント(2)

reo1975

ショートさん、こんばんわ!
オ・ジャリョン面白くなってきましたねー
我慢して見た甲斐がありました。
ジャリョンのチキントッポッキに目をつけるなんて
ヨンソクの奴は許せませんな!!
(ネタバレ読んでません)

でも、そうしないと話が面白くならないから複雑な気分です。
マリもヨンソクのワイシャツにキスマークつけるなんて地味な復讐してないでジンジュに直接、私はヨンソクの子供を産んだのよ!と告白すればいいのに。。
これからもっと凄い復讐を考えているんでしょうか?
ジャリョン、コンジュ、マリの中では一番マリが賢そうに見えるんです(笑)だからマリが早くヨンソクに復讐してくれたらいいんだけどマリってまだヨンソクに未練ありそうだし、いざって時に躊躇しそうです。
それと私が注目しているのはコンジュがいつ自分がATグループの会長の娘だとジャリョンに告白するのか?
それをジャリョンが許せるかどうかですよねー
まぁジャリョンは良い人なんで許すでしょうけど

今ちょうど面白くなってきて見るのが止められない状態です(笑)
今晩中に放送に追いつきそう。。

追いついたらネタバレ部分を読みにきますね!

2014/01/29(水) 22:59:17 | URL

short

reoさん、おはようございます!
お返事遅れてしまってごめんなさい!


でしょー!
私も「我慢して観てよかった!!」と同じ事を思いましたよ~。そう思ってる人多いのじゃないでしょうかね(笑)


そして、追いつきましたか??
昨日の放送、微笑ましいを通り越して爆笑でした(笑)


それにしても、ヨンソク親子ってほんとに酷いですね~。
ギヨンがいつか間に立って可哀想かも・・。
マリは復讐のためにジンジュに近づいたとばかり思ってたけど、いまのところはギジャたちのほうが一枚上手と言うか?
reoさんの読みどおり、いまギジャに優しくされてホロリとしてますよね。
私もマリ、がんばれーー!!と思ってます。
好きなキャラじゃなかったんだけど、オジャリョンやコンジュやジンジュに比べたらはるかに頼りがいがありそうです。
そして、元カテキョのあのひと。。
最終的にはジンジュ(ヨンソクがフェードアウト)とよりを戻すのか・・・
ひょっとしてキムマリと?とも思えたり。それはないか。

いろんな壁が立ちはだかるけど(ATグループの娘と言うのを秘密にしていたのも)けっこう~あっさり乗り越えますよね(^_^;)
それが長びくとストレスがハンパないので、ちょっと物足りないけど、サクサクと乗り越えてくれたほうがいいのかも。。。

さて、今から「優しい男」の最終回見ますよ~。
これは残念ながら私にはイマイチでしたけど(^_^;)

2014/01/31(金) 10:54:03 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL