fc2ブログ
  • « 2024⁄04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

中国ドラマ「ロングシーズン」

最初から釣り込まれ、終盤は次週の放送が待ちきれないほど楽しみにしていたドラマ

とてもよかった

中国のサスペンスでは「バーニングアイス」が好きの最高峰なのだけど、匹敵するな。サスペンスというかミステリーの中身が違うけど。もしかしたら超えたかな。魂震えるドラマだった、気がする。

現代と過去が交互に語られる、その過去にもふたつの「時」があって、要するにみっつの時代が語られる。それが最終回にみごとに収束するので、見応えがありすぎた。

シリアスなのにところどころそこはかとないユーモアというかコミカルというか、笑いがある
(シニア三人組の行動や、妙に機転の効く王響とか)
のもよかった。

現代のみんなを見ては、過去に何があったんだろうと思わせられる。
それを全話かけて解き明かす。。

以下ネタバレ↓↓↓↓↓↓











終わってみればあっけないような「真実」だった。

が!

ぜんぜんあっけなく感じない。
そこに行くまでの長い道のりで繰り広げられた人間模様、何年も経ってやっとわかった息子の死因、
ゴンビャオ夫婦の顛末(王響が見てしまった会社上司の相手が彼女とは。ちなみにこの上司の人「三体」にも出てきてる。ゴンビャオの最期、もしかしてハトを逃がしたあとで自殺するのかなと思ったのにしなかったからホッとした矢先に!😭最後の最後にゴンビャオいいやつやん!て思わせてからの😭😭ロト当たった?よかったやん!てなってからの😭😭😭)
なんで王響の奥さんがいないかとか(死んだのだろうと思ったけど遺影もないし、と思ったら奥さんの遺言。。そのセリフのときはもう死を決意してたんやろか)


あの義理の息子とはどうやって出会ったかとか。あの子がいたから王響は生きてこれたんやね。生まれ変わりとか、王陽が任せてくれたとか思ったろうな。

鬼畜の伯父が殺されて、野次馬に混じって遺骨?を持っていたのが沈墨だったわけね、鬼畜の伯父は沈墨が取り返しに来ると思って遺骨を持ち去ったんやね
当時死んだのは沈墨ではないとわかってたんだね。だから遺体確認の時ヘラヘラしてたんか。
その遺骨のこと、ゴンビャオが死んだときの手続きのときに思い出したりした。

しかし、薬局に怪我して薬を貰いに来た人物の話があったけど、それは?
轢かれたのは沈墨?
なら、薬取りに来たのも沈墨のはずだけど、実際に薬屋のお姉さんとやりとりしたのは男やったよね。あれも鬼畜の伯父で、ってこと?入院した人は?
そのへんが少しわからなかった。

沈墨の弟、刑務所では苦労したろうな。当時の警察はザルすぎたけど。弟くんの姉想いにも泣かされたな。
沈墨はふたりの命を担いで生きてきたんやね。どんなふうに生きてきたのか。

けっきょく整体師の女の人は、王響を選んだのかな。よかったよ。最終回前のタクシーの中での会話泣かされた。

最後の事件の解明はすこしあっけなかったけど。。まあいいよ。
最終2話は泣いた泣いた。

ずっと着ていた赤いセーターの意味とか。泣ける。


タイトルの背景にみーんなの幸せそうな笑顔があって、見終えてからそれを見るとまた泣ける。
23:48 : [中国ドラマ]ロングシーズントラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL