fc2ブログ
  • « 2024⁄05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

感想「イカゲーム」

NETFLIXオリジナル作品、で、巷で超話題になっている「イカゲーム」を見ました。
日本の著名人たちも結構視聴していて、SNSなどで発信しているので、ちょっとしたブームになっていますよね。
「愛の不時着」「梨泰院lクラス」並み、とまでいかなくても近いものを感じます。




吸引力があって、おもしろかった!
話数も、韓ドラに慣れてると「は?9話しかないの??」って思うけど、終わってみたらこれくらいでもいいかも。テンポがいいし、ムダに引っ張ってないから飽きない。
というか、これを延々20話とか見せられたらかなりしんどいです(^^;
(でもちょっと物足りない部分もあった。そかは↓ネタバレで)

立場の違うキャラを入れることでヒリヒリする別方向の緊張感もあって興奮しました。

人がバッサバッサと死んでいく話なので、気分のいいものではありません。
愛の不時着や梨泰院クラスのほうが断然「いいドラマ」だと思います。
だけど、「次はどうなるの?」という気持ちが逸って先を急がせるという点は間違いなくありました。
そして私はそいういうドラマを求めているのです。




内容は、たしかにカイジっぽいかな(カイジはサントラいいよね!)。なんか似たようなシーンもありましたね。
ライアーゲーム?は韓ドラバージョンしか見てないんですけど。。



あんまりよく知らない役者さんが多いなーと思ってたけど最初と最後にびっくりのビッグネームが。
イ・ジョンジェは映画でしか見たことないのだけど、最近Netflixの「補佐官」以外に、過去にもドラマも出てるんですね。知らなかった!でもかなり前のドラマのようです。映画が多いですよね。「イルマーレ」「美しき世界」「観相師」などが印象的です。
パク・ヘスは最近ドラマ映画に大活躍ですね。「不夜城の男」を見ました。

私は日本のドラマ見てて、人気役者が出てると、ふだん番宣だのバラエティー番組だのに出てる姿をどうしても思い出して萎えてしまう、入り込めないという悪い癖がある。
韓ドラだとそういうことが無いのね。。
すなおに、すごい演技力だなぁと改めて感心させられました。

以下ネタバレ









ストーリーは今更私が語ることもないと思いますが、456人の参加者が456億ウォンをかけて命がけのゲームをして、最後の一人がその賞金をもらうというゲームの話です。
なぜ?どうして?
よりも、「どうなるの」が一番気になるのです。


現実味はあんまりないけどね😅
なんといっても人が死に過ぎ!!
あの施設や人件費、管理側のモラルや統一性は、、とか考えたらちょっと、納得できなくなる。

そして

あんなゲームに参加してあの場所にいたら、まず正気を保てないし、たとえ生き残ったとしても足腰抜けて歩けなくなるし、ビビりまくって粗相してしまうよねー。よくみんな普通に歩いて部屋に帰るなぁと思った!


黒幕、はちょっとルール違反では。とも思う。でも、あんまり突っ込まんとこ!
ドラマだから!
これが単に金持ちの娯楽とは…
まぁそういう設定の映画を最近も見たことありますけども。


そこに、自分の兄を探すために潜入する警察官がおりまして。
これがまた、ヒリヒリハラハラさせてくれるんですよ。
どっちかというと、ゲーム参加者側よりもこの警察官のほうがハラハラしました。
スタッフはみんなマスクをしているので、潜り込んでもばれにくいのですが、ホウレンソウ(報告連絡相談)のどれひとつわかっていないもんだから、非常~~~~~に危うい!
もう、なんど「ひぃぃぃ~~~~(ノД\lll)コワイヨー」ってなったか。。。
度胸がないとできないことです。
ほんとうにはらはらしました。
しかし、こんなにもヒリヒリハラハラして応援したのに(殺人はちょっとな。。でしたが)あれで終わり?
そこはもう少し欲しかったなと思います。
警官カッコよかったし!
ウィ・ハジュンという人だそうです。
まだキャリアが浅いけれど、割と有名どころのドラマに出演している。
だけど、私が見事に見てない作品ばかりなのでした。
凛々しくてかっこよかったので、要チェックです!!
そして、最後に登場したのがその警官の兄という設定のイ・ビョンホン!!
彼はその組織の最高責任者でした。
えええええ????
そんなことは想像していませんでした。やられてしまった。
勘のいいひとは分かってたでしょうね、きっと( ̄▽ ̄;)
そういえば彼イビョンホンは英語が堪能なのでした。
せっかくこんなビッグネームが出てきたというのに、その兄弟の顛末が中途半端だった気がします。
兄があの組織に入った背景もなんにも説明されないし、弟君はほんとうに死んでしまったの??
ほんとは生きてるんでしょーーー!!!ね??
あれが惜しかった。
けど、シーズン2に続くのかなという感じですね。


印象的なのは女の子二人なんですが、ひとり、長身のほうはモデルで本作がドラマ初出演だそう。
チョン・ホヨンという人で、ドラマの中ではセビョクという名前でした。
セビョクって夜明けっていう意味だといっていましたね。
実生活で彼氏がイ・ドンフィくんだって。
なんだか意外でした。
イドンフィくんはイケメン設定の役ではないので・・・(^▽^;)
でも、素ではきっとカッコいいんでしょうね。

もう一人の女の子はつるつるのセルロイドの人形のような女の子でしたけど、イ・ユミちゃんというらしい
こないだ見ていたドラマの「リセット」にも出ていました。

16:50 : [ドラマタイトル]イカゲームトラックバック(0)  コメント(3)

かきくけこ

Shortさん

こわばんはー

『イカゲーム』と全く関係がないのですが、現在Netflexで『海街チャチャチャ』を視聴しているのですが(今のところ4話迄)、今のところ…『海街チャチャチャ』は矢鱈と面白いですね!

主演俳優が、スキャンダルに見舞われておりますが、(スキャンダルとは関係なしに観る限り)『海街チャチャチャ』は完成度が非常に高そうで、かつ非常に面白いドラマです。

(4話まで観た限りにおいては)完成度は『愛の不時着』に近いモノを感じます。


主演のこの男優…『最強配達人』(コギョンピョ&チェスビン主演)にも3番手で出演していましたが、なかなかの好演でした。

もっとも…私としては、『最強配達人』は周囲にあまりお勧めはしてはおらず、どちらかというと『ロボットじゃない』(ユスンホ&チェスビン出演)を私の周囲には勧めています。
『ロボットじゃない』は、視聴した私の周囲の人達においては、とても好評です。


ともかく、(4話まで観た限り)『海街チャチャチャ』は完成度高そうで、面白いです!という報告でした~。

2021/10/22(金) 23:18:55 | URL

short

かきくけこさん、
コメントありがとうございます!
456億ウォン、直しました!
ご指摘ありがとうございます!!

やはり弟警官、そう思われますか?
たいていの韓ドラはそういう流れですよね。
またか!
って思うところだけど、この件に関してはそっち方向で期待しています

今朝もこのドラマを朝の情報番組で紹介していて、離れたところから流し見だったから、ちゃんと見てませんが、こんなことは「愛の不時着」以来と思います。



> Shortさん
>
> こんばんは~
> たくさんの返信コメント大変ありがとうございました!
>
> また仙台に来ています。
> 仙台のホテルに泊まってます。
>
> 今は、『明日キミと』を視聴中です(今のところ、2話まで…)。
>
> (私は、Shortさんのブログに「いいね!機能」があることを今の今迄全く知らなかったため)Shortさんのブログに「いいね!」を押したことが(たぶん)過去に1度も無かったのですが、今日からは「いいね!」を押すことにさせていただきます!
> 申し訳ありませんでした m(__)m
>
>
> さて、(私のドラマ視聴仲間から強く推されて…)私も先月あたりに『イカゲーム(シーズン1)』観ました!
>
> とても面白かったです。
> 全9話なのですぐ見終えますしね!
> でも、総合力で『愛の不時着』には(かなり)及びませんね!…というかジャンルやカテゴリが全く全然違いますしね!
>
> でも、緊張感があって、かつめちゃ面白いし、9話迄しかないのでサクサクサクサクテンポ良く進むし、(シーズン1の終わり方に少し続編を匂わせていた感じがするので)ほぼほぼ間違いなくシーズン2は制作されますね!
>
>
>
> 本作のヒロイン(チョン・ホヨン)のインスタのフォロワー数は『イカゲーム』前は40万人だったものが、『イカゲーム』後は1600万人へと激増したそうですね!
> https://bunshun.jp/articles/photo/49162?utm_source=news.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=partnerLink&pn=3
> ※ チョン・ホヨンは、『イカゲーム』が演技初挑戦だった!
>
>
>
> 日本作品で言うと…『ガイジ』というのを私は見ていないのですが…
>
> (藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみらが出演した)映画『インしてみる』
> や
> (戸田恵梨香、多部未華子、松田翔太らが出演した)映画『ライアーゲーム(1)(2)(再生)』
> 等と似たドラマの様に感じました。
>
> 日本の映画『インしてみる』や『liarGame』と比較した場合、『イカゲーム』は連続ドラマなので、ゲームの詳細、参加した人物の背景・心理等をコッテリ詳しく共感出来る様に描写していましたね!
>
> 『イカゲーム』の特徴は、ゲーム会場がとても綺麗かつユーモラスで、ゲームが始まる前後に会場に流れている音楽が優雅だったりユーモラスだったりと…ゲームで455人の人命が亡くなる会場にはとてもとても思えない点が非常に不気味でした~。
>
> あっ…このゲームは、参加者が、たぶん(456億円を争奪するわけではなくって)456億ウォン(約44億6千万円)を争奪するドラマなのかなと思います。
>
> あと、気になったのは、ゲーム参加者は、ゲームに参加中の最長で1週間弱は、シャワーを浴びたり着替えは一切出来ないのでしょうか?
> 参加者は、汗だらけで、かつ鮮血を浴びまくっているし、さすかにシャワーくらいは浴びたいですよね!
>
> あと、Shortさんもご覧になった『推理の女王1』or『推理の女王2』のどちらかで、『イカゲーム』の(女詐欺師の)ミニョン(でしたっけ?)役の女優が薬剤師役で出演していました。雰囲気が全然違ってて、最初は全く気が付きませんでした。
>
> さてさて、イカゲームの会場に潜入した刑事役のウィ・ハジュンさんなのですが…
> 『18アゲイン』
> 『(たぶん1989年生まれのチョンソミン主演の)霊魂修繕工』
> 『ロマンスは別冊付録』
> 『最高の離婚』
> 『(シンヘソン主演の)黄金の私の人生』
> 『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』
> 等に出演しています。
>
> 『よくおごってくれる綺麗なおねえさん』におけるウィハジュンさんは、スンホ役(主演のソンイェジンの弟、主演のチョンヘインの親友かつ幼馴染み役)だったのですが、なかなかの好演でした!
>
> 『よくおごってくれる綺麗なおねえさん』
> と
> 『ある春の夜に』
> は…是非1度はご覧になっていただきたいドラマです。 
> 『よくおごってくれる綺麗なおねえさん』と『ある春の夜に』は出演者が10~15人くらい被っていて、たぶん監督(演出)も同じ方です。
>
> 最後に…イカゲームのハラハラドキドキさせる刑事役のウィハジュンさんなのですが、恐らく(崖から落ちても)死んではおらず、シーズン2でも元気な姿を(また)見せてくれるものと私は予想しています!
> ハジュンさんのスケジュールさえ合えば(笑)

2021/10/18(月) 12:31:30 | URL

-

Shortさん

こんばんは~
たくさんの返信コメント大変ありがとうございました!

また仙台に来ています。
仙台のホテルに泊まってます。

今は、『明日キミと』を視聴中です(今のところ、2話まで…)。

(私は、Shortさんのブログに「いいね!機能」があることを今の今迄全く知らなかったため)Shortさんのブログに「いいね!」を押したことが(たぶん)過去に1度も無かったのですが、今日からは「いいね!」を押すことにさせていただきます!
申し訳ありませんでした m(__)m


さて、(私のドラマ視聴仲間から強く推されて…)私も先月あたりに『イカゲーム(シーズン1)』観ました!

とても面白かったです。
全9話なのですぐ見終えますしね!
でも、総合力で『愛の不時着』には(かなり)及びませんね!…というかジャンルやカテゴリが全く全然違いますしね!

でも、緊張感があって、かつめちゃ面白いし、9話迄しかないのでサクサクサクサクテンポ良く進むし、(シーズン1の終わり方に少し続編を匂わせていた感じがするので)ほぼほぼ間違いなくシーズン2は制作されますね!



本作のヒロイン(チョン・ホヨン)のインスタのフォロワー数は『イカゲーム』前は40万人だったものが、『イカゲーム』後は1600万人へと激増したそうですね!
https://bunshun.jp/articles/photo/49162?utm_source=news.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=partnerLink&pn=3
※ チョン・ホヨンは、『イカゲーム』が演技初挑戦だった!



日本作品で言うと…『ガイジ』という作品を私は見ていないのですが…

(藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみらが出演した)映画『インしてみる』

(戸田恵梨香、多部未華子、松田翔太らが出演した)映画『ライアーゲーム(1)(2)(再生)』
等と似たドラマの様に感じました。

日本の映画『インしてみる』や『Liar Game』と比較した場合、『イカゲーム』は連続ドラマなので、ゲームの詳細、参加した人物の背景・心理等をコッテリ詳しく共感出来る様に描写していましたね!

『イカゲーム』の特徴は、ゲーム会場がとても綺麗かつユーモラスで、ゲームが始まる前後に会場に流れている音楽が優雅だったりユーモラスだったりと…ゲームで455人の人命が次々と亡くなって行く会場にはとてもとても思えない点が非常に不気味でした~。

イカゲームは、驚異的頭脳 or 身体能力 を持った1人のヒーロー(ヒロイン)が、超難関のゲームを次々とクリアして行くといった爽快さ or 豪快さ は…このイカゲームには殆ど全くありません。

イカゲームに出てくる全てのゲームが、超優秀な頭脳や驚異的な身体能力を無効化する(ような)ゲームばかりなのです。

そのため、イカゲームは、あくまで、(端から一見する限り…)平凡な頭脳を持った参加者達が「5種類のゲーム全てにおいて悪戦苦闘する」という悲惨で無惨な結果を生んでいるようにしか見えません。

イカゲームの5種類のゲームは、参加者の優秀な頭脳や驚異的な身体能力全てを封印してしまうタイプのゲームばかりなのです。

このゲームは、参加者が(456億円ではなく)456億ウォン(約44億6千万円)を争奪するドラマです。

あと、気になったのは、ゲーム参加者は、ゲームに参加中の最長で1週間弱は、シャワーを浴びたり着替えは一切出来ないのでしょうか?
参加者は、汗ダクダクで…かつ鮮血を浴びまくっているし、さすかにシャワーくらいは浴びたいですよね!

あと、Shortさんもご覧になった『推理の女王1』or『推理の女王2』のどちらかで、『イカゲーム』の(女詐欺師の)ミニョン(でしたっけ?)役の女優が薬剤師役で出演していました。雰囲気が全然違ってて、最初は全く気が付きませんでした。



さてさて、イカゲームの会場に潜入した刑事役のウィ・ハジュンさんなのですが…
『18アゲイン』
『(たぶん1989年生まれのチョンソミン主演の)霊魂修繕工』
『ロマンスは別冊付録』
『最高の離婚』
『(シンヘソン主演の)黄金の私の人生』
『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』
等に出演しています。

『よくおごってくれる綺麗なおねえさん』におけるウィハジュンさんは、スンホ役(主演のソンイェジンの弟、主演のチョンヘインの親友かつ幼馴染み役)だったのですが、なかなかの好演でした!

『よくおごってくれる綺麗なおねえさん』

『ある春の夜に』
は…是非1度はご覧になっていただきたいドラマです。 
『よくおごってくれる綺麗なおねえさん』と『ある春の夜に』は出演者が10~15人くらい被っていて、たぶん監督(演出)も同じ方です。



最後に…イカゲームのハラハラドキドキさせる刑事役のウィハジュンさんなのですが、恐らく(崖から落ちても)死んではおらず、シーズン2でも元気な姿を(また)見せてくれるものと私は予想しています!
ハジュンさんのスケジュールさえ合えば(笑)

2021/10/16(土) 22:25:11 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL