FC2ブログ
  • « 2018⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

映画感想「グローリーデイ」

グローリーデイ デラックス版 [DVD]
グローリーデイ デラックス版 [DVD]
TCエンタテインメント 2017-03-03
売り上げランキング : 89512


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


WOWOWで「EXO」をフューチャーしてて、そのメンバーの出てる映画もちょいちょい放送がありまして、そのうちのひとつがこの「グローリーデイ」。
EXOっておばちゃんは知らないんだけど、この映画に出てるメンバーはスホっていう人。
私の場合、このスホは知らなかったけど、主人公4人のうち、ほかの3人は見たことありました。

この4人は仲良しのグループで、スホの演じるサンウが翌日入隊するので、その送別会代わりに一日思い出づくりをしようと。まるで結婚前のバチェラーパーティーみたい。
4人グループのリーダー的存在はヨンピ。演じてるのはジスで、「麗 花萌える8人の皇子たち」に出てました。
ほかは、ジゴン役にリュ・ジョンヨル。「運勢ロマンス」「応答せよ1994」の彼で、立て続けにこの人を見ることになった私です。そしてドゥマンにキム・ヒチャン。彼は「プロデューサー」や「恋はチーズインザトラップ」「二度目の二十歳」に出てました。

どうも、予想した内容と大きく違って戸惑ってしまいました。

グローリーデイって、栄光の日とでもいうのか、輝かしい一日という感じで、きらきら切ない系の物語だと思ってた。


以下ネタバレです。


4人でばか騒ぎしてますよ。
バチェラーパーティーみたいに。
その最中に、女が男から暴力受けてるのを見て、助けます。
騒ぎから警察が来て逆に女性を襲ったと勘違いされて追いかけまわされる4人。
悪いことをしていないので堂々としていればいいのに、親に連絡されるのが嫌で逃げ回り、その最中にサンウがひき逃げにあってしまいます。重体で意識もない。
4人が助けた女性は有名なアナウンサーで、夫からDVを受けていたんですね。
でもその夫が、4人の知らないうちに死んでいました。
4人は殺人の罪を着せられてしまいます。

韓国ではおうおうにして警察が無能に描かれる。
今回もそうです。
事件の真相を調べもせずに、4人の犯行と決めつけます。

誰も、なすすべがないんです。
警官のひとりは、4人は殺してないかも、ちゃんとアナウンサーを調べようというのですが、ほかの警察はなんかテレビ局からの圧力や親のわいろに屈してまともな捜査をしない。
する気がない。

結局3人は意識がないサンウが殺人を実行したことにしようと。
サンウに罪をかぶせようと言いだして。
最初は反対していたヨンビもほかにどうすることもできなかったか、そうしたようです。
ついにサンウは意識を戻さないまま死んでしまった。

なんとも胸のいたい幕切れでした。
どこがグローリーデイなんだろう?
もう二度と彼らにはグローリーデイなんかないと思うよ。
一生罪悪感に苦しみながら生きるんだと思う。
それもこれも、彼らに罪を着せたアナウンサーのせい。
まともに調べなかった警察のせい。

うーん。

大人と社会の薄汚い私欲と理不尽に屈するしかない哀れな若者の物語でした。

11:41 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL