FC2ブログ
  • « 2018⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

映画感想「隻眼の虎」

B01MQG8846隻眼の虎 [DVD]
TCエンタテインメント 2017-02-03

by G-Tools



映画感想です。
キム・ミンソク主演の「隻眼の虎」を見ました。

時代的には、日本が朝鮮を統治している20世紀初頭。
智異(チリ)山に、山の神と謳われる、隻眼の大虎がいて、日本軍の将校が、毛皮自慢をするためにその虎を捕まえたいのです。
地元の猟師を総動員して、山の神を捕まえようとして、その神の子どもまで殺しちゃう非道っぷり。

キム・ミンソクは伝説の猟師だったんですが、今は引退していて、この虎を殺すのは大反対しているんだけど、結局この騒動に巻きこまれていくという物語です。

韓国版「レヴェナント」と言う意見も見たけれど、「レヴェナント」は行程の途中にクマとの対決があるのに対して、こちらはほぼ虎との対決がメインなので。
虎はCGです(^-^;

対決は迫力あって、虎は強くてカッコいいけど、人間が毛皮のために虎を狩るなんて、野蛮!虎が可哀想!!と思ってしまう。

動物の中で虎が一番好きなのです。
いや、一番ってことは無いか(^-^;
でもライオンとかゾウとかカンガルーとか?
野生動物の中では一番虎が好き。
むかーし、「偉大なる王」って言うのを読んだせいだと思う。
だから、虎を狩るなんて、気の毒になってしまうのです。
偉大なる王(ワン) (中公文庫)
偉大なる王(ワン) (中公文庫)ニコライ・A. バイコフ 今村 龍夫

中央公論社 1989-06
売り上げランキング : 351790


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この映画はそれよりも、欲にかられた人間と人間の戦いが大きく物語を占めているとも言えました。
自分の欲のために仲間を見殺しにしたり・・・
虎のほうがヒューマニズムあったり。

ま、ファンタジーですわ(^-^;
迫力あったし面白かったですけどね。

17:48 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL