FC2ブログ
  • « 2018⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

映画感想「探偵なふたり」

探偵なふたり [Blu-ray]
探偵なふたり [Blu-ray]

キャプチャ1

ソン・ドンイルしと、クオン・サンウしのコミカルミステリーです。

国内最大級の未解決殺人事件サイトを運営し、プロファイリング同好会の会長を務め、”シャーロック・ホームズ”級の推理力と洞察力を持つカン・デマン(クォン・サンウ)。しかし、凄腕探偵と思いきや、実は恐妻家の”まんが喫茶”のしがない店長。仕事をサボって警察署に顔を出し捜査に干渉するのが趣味で、かつては“広域捜査隊の人喰いザメ”と恐れられ、現在では一介の刑事として左遷されたノ・テス(ソン・ドンイル)とは犬猿の仲だ。そんなある日、デマンの友人である刑事が殺人容疑で逮捕される。デマンとテスはこの事件に隠された陰謀を察知する。警察は事件解決と判断する中、真犯人を見つけるため仕方なくふたりは手を組み、ぶつかりながらも捜査を進めるふたり。しかし、彼らの前に新たな殺人事件が起こってしまう―。

公式サイトより



キャラが立ってるのでみてて面白いです。
クオンサンウさんもソンドンイルさんも、ファンの方ならずとも、魅力満開です。
犯罪自体は動機や手口にちょっと無理があるかなと言う感じでしたが、主役二人の掛け合いが楽しく、またそのふたりの家庭環境が事件を解決したいというふたりの姿とギャップがあるので、けっこう笑えます。
韓国映画やドラマではいつも警察は薄給で汲々としているけど、それではわいろや腐敗が起きるのも分かる気がします。
今回見せられた警察の姿もいつもながら、だめだめな感じ。
気軽に見て楽しむサスペンスと言うよりは、コメディですね。



10:45 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL