FC2ブログ
  • « 2018⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

感想「離婚弁護士は恋愛中」

離婚弁護士は恋愛中 DVD-BOX1

「離婚弁護士は恋愛中」見終わりました。


【ストーリー】
離婚専門弁護士のコ・チョッキ(チョ・ヨジョン)は、腕利きだが人使いが荒く、事務を務める弁護士の卵ソ・ジョンウ(ヨン・ウジン)は彼女の横暴を堪え忍ぶ日々。ところがチョッキは裁判で弁護士資格をはく奪されてしまい...。その三年後、ようやく弁護士事務所の事務としてチョッキは再就職するが、上司として現れたのは弁護士になったジョンウだった!三年前、犬猿の仲で別れた2人の立場は一転。互いにひがみ合いながらも、仕方なく毎日入ってくる依頼人の案件に共に臨むのだが、とことん嫌いなはずだった相手の良いところが徐々に見え始め...。
BS12の番組HPより


主人公のヨン・ウジンくんと、シム・ヒョンタク氏は好きなのですが、女性陣がイマイチだったので、そこまで楽しくは感じられませんでした。
ヒロイン コ・チョッキの前髪が、、、ぱっつんだけならまだしも、なぜ斜めになってるのか。
そう言えばシムヒョンタクの前髪も斜めってますが(^-^;

実は私は最初の2話を見逃していまして。。
3話目から見たので、最初がどう言う感じか分かりませんでした(^-^;

コチョッキは性格がきつくてみんなから嫌われています。
ジョンウもチョッキが嫌いと言うか苦手で、避けたい相手。
それがだんだんとお互い気になり、好きになっていくのですが、それは結構見ていてほほえましかったです。

離婚弁護士と言う、離婚に特化した分野の弁護士なので、そうそう大きな事件はないのですが(当人たちには大事件だけど)ひとつ、最初のほうで扱う女優の事件はあとあとまで関係してきて、ちょっとサスペンスな感じになってます。

そのほかにも、コチョッキは他人にはめちゃくちゃ横暴で厳しくても、家族にはとても愛情深いとか、
チョッキは母の死に負い目を感じ、そのせいで妹と確執を抱えているとか

シム・ヒョンタク演じるボン・ミギュ弁護士は、父親に支配されていて逃れたくて反抗的など、親子関係に問題を抱えているだとか。。

ジョンウは地下鉄事故に遇ったせいで死ぬほどの思いをしたために今でも地下鉄に乗れず、
また、彼の学費を幼馴染のスアが家を売ってまで(だったかな?)出したのに内緒にしている

など、あれこれあって22話と言う長さになりましたが。
私はそこまで長くなくても良かったんじゃないかなぁと思ってしまった(^-^;



コ・チョッキ役のチョ・ヨジョンって人は私は多分お初の女優さん。
そのライバル役のワン・ジウォンさんは、「運命のように気もを愛している」のカン・セラ役の人。
それ以外では「ロマンスが必要」の3にも出てたけど、ほとんど挫折したドラマなので印象なし。

シムヒョンタクは「ゴハン行こうよ」ととても似た感じの弁護士役で笑ってしまいました。
これからこの人、弁護士しかできなくなるのでは(笑)

00:48 : [ドラマタイトル]離婚弁護士は恋愛中トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL