FC2ブログ
  • « 2018⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

映画感想「インサイダーズ/内部者たち」

インサイダーズ/内部者たち [Blu-ray]
インサイダーズ/内部者たち [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-12-16
売り上げランキング : 4901


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


WOWOWで放送があった「インサイダーズ/内部者たち」を見ました。
イ・ビョンホンが主演です。

イ・ビョンホンが演じているのはアン・サングという芸能事務所の社長です。
序盤はちょっと話がややこしくて流し観してたんですが(^-^;
要するに、政治の世界が大手メディアと財界の闇の部分と癒着しているという話しのようです。

サングはやり手の芸能事務所の社長なんですが、裏では、ミライ自動車の会長が催す性接待の取り持ちや、流出した裏金資金のファイルの回収など、闇の仕事をしています。

さて、その裏金ファイルとは、ミライ自動車が銀行からの不正融資を受け、そこで作った裏金から、次期大統領を狙っているチャン・ピル議員にまた裏金が流れたことが書き込まれています。
アン・サングはそのファイルをコピーし、信頼する祖国日報の主幹(社長とかじゃないのね?)イ・ガンヒに渡します。
そして自分はその裏金ファイルの内容を知っていることで、ミライ自動車の下僕のような立場から抜け出したかったのですが、、。
ミライ自動車の幹部に右手を切られるという残酷な拷問を受け、以前よりもっと立場の弱い奴隷のようになってしまいます。

で、もうひとり、主人公の人がいまして
それが警察官から検事に職替えをしたウ・ジャンフンと言う男です。
彼は優秀な検事でしたが、コネやバックがないために出世できません。
だから実績を積み、功成り名を遂げたいと願って必死です。
そのために彼が、チャンピル←ミライ自動車という、一連の裏金の流れの証拠のファイルを掴んだのに、それをサングに横取りされてしまうのです。
いったんは出世の道を閉ざされてしまうジャンフンですが、諦めずにサングを監視し続けています。

二年が過ぎ、アンサングは落ちぶれたゴロツキのような暮らしをしていますが、その実、自分を陥れたチャンピルに復讐の機会をうかがっています。

また、検事のジャンフンもまだまだあきらめておらず、ミライ自動車に不正融資をした銀行の頭取を尋問したりしますが、、。

ふたりとも失敗してしまうのです。

そして失敗したもの同士がミスマッチなタッグを組んで、、、という、物語。





ストーリーは濃厚でハードです。
本当にこんな風に政治と企業とメディアが結託して国民を愚弄しているかと思うと、気分が重くなる部分はありますが、、。

イ・ビョンホンが汚れ役と言いますか、騙されたり拷問されたり、じつは信用しきっているイ・ガンヒが一番の黒幕だったりするのに、気付かないなどちょっと間抜けで(自分が弟分を大事にするからガンヒもそうだと思ったのかな)
「めちゃカッコいい」
とは言い難い役柄です。
でも不屈の精神をもち諦めない粘り強さは主人公として、たとえヤクザでも応援したくなるキャラです。
それに案外情に厚く、部下を大事にしたり、年寄りに礼儀正しいあたり(相手によるのですが)も、好感度アップです。

かたや、検事のジャンフンを演じているのはチョ・スンウ氏ですが、「馬医」の主人公ペク・クァンヒョンの人なんですよね。
「馬医」は最初の方で脱落しましたので、あんまり印象ないんですが、今回の検事役、カッコよかったです。
後ろ盾もコネもなく、四面楚歌の中でもがくようにがむしゃらに出世を目指している。
でも清廉潔白なところがまた、主人公として応援したくなる。

チャンピルたちはものすごく強大な敵で、サングたちは歯が立たないです。

それをどうやって打ち崩してゆくのか、とても見応えがありました。
見終わったら、こんなにドロドロの話なのにどこかさわやか。

このあと、WOWOWでは続々と韓国サスペンス映画を放送していますが、やはりイ・ビョンホンみたいなビッグネームが出演する作品は、脚本もそれなりにいいなーと言うのが実感されました。

他のもおもしろいんですが、この作品がここのところの韓国サスペンスでは、いちばんおもしろい感じです。

まだまだたくさん放送するみたいで、見比べるのも楽しみです。


17:27 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL