fc2ブログ
  • « 2024⁄02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  •  »

映画感想「ビューティー・インサイド」

ビューティー・インサイド [Blu-ray]
ビューティー・インサイド [Blu-ray]

ハン・ヒョジュ主演の「ビューティー・インサイド」を見ました。
主演と言うけれども、主人公はある男の人なのです。
でも、そのひと、キム・ウジンは毎日目覚めるごとに「別人」になっているんです。

毎日姿が変わっても彼女を振り向かせたい。



家具デザイナーのウジンは18歳のときから目覚めると心以外の姿、性別、国籍等の全てが変わるようになってしまった。男、女、老人、子ども、外国人…。人に会う仕事ができないため、才能とインターネットを活かして活躍している。そんな彼の “病気”のことを知っているのは母と親友だけ。ある日、アンティーク家具店で働く美しいイスに出会い、一目で恋に落ちてしまう。彼女に会いたい一心で、毎日初めてきた客のようにお店に通う日々。彼女に告白する“見た目”になる日を待って、ついにデートに誘い、ふたりはロマンティックな3日間を過ごす。しかし、同じ姿でいるため3日間徹夜をしたウジンは、うっかり電車で寝てしまい起きると全く別の顔に・・・。

ウジンはイスに真実を話すことができるのか?イスは、毎日姿が変わるウジンの愛を受け止めることはできるのか?最高に特別な恋が今はじまる!




と言うのが公式HPの紹介文です。
正直、これ以上でもこれ以下でもないという感じ??
でも、雰囲気のある作品になっていて、面白く見ることができました。
いわばファンタジーと言うよりも、童話っぽいです。

現実的なことを言えばいくらだってツッコミどころがあるわけですよ。

運転免許証はどうするのか?
(韓国のものも写真付きだと思うけど見たことないけど)
パスポートはどうするのか?
中身は変わらないといいつつ、国籍が違ったとき、話し言葉まで変わるのはなぜか?
「変身」はどうやって行われるのか?痛みが伴うのでは?(骨が変化するわけだから)
奇病だとすれば病気の原因は何か?だとか、治療のために努力したのか?とか。。
もっとたくさんのツッコミどころがあるでしょう。
でも、そんなことは考えずに楽しむ作品で、考えだしたら楽しめないので、考えてしまってそれが鑑賞の邪魔になると言う人は見ないほうがいいと思いますね(^-^;
ただひたすら、人の内面を愛するということに焦点が当てられた作品だと思います。

ハン・ヒョジュちゃんはとてもきれいで、一目ぼれする気持ちはよくわかります。
また、こんな奇病の男を生涯愛せるのだろうか、周囲の奇異の目に耐えてまで?という、彼女の困惑も分かります。

美女と野獣も、カエルの王様も、やがて魔法が解けて、ふたりは恋を達成します。
カジモドみたいに醜い男は、心が美しくても報われないというのが一般的。
この作品の彼氏はもちろん、人間で、醜いときもあるけれどハンサムな時も多い。
だから大丈夫なのかな(^-^;
なんて思ったら、面白くないですよね!(笑)





10:08 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL