FC2ブログ
  • « 2019⁄11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

「いとしのソヨン」感想

「いとしのソヨン」BS11デジタルの放送終了の直前、レンタル版で見終えました。

面白いドラマだった~!
ミノくん病で、ミノくんのドラマ以外はイマイチ食指が動かないにもかかわらず、この「いとしのソヨン」はとっても面白く、毎日楽しみにしていたドラマでした。

カテゴリーとしてはホームドラマになると思うけど、考えてみたら、韓流のホームドラマを見たのはこの作品がはじめてかも・・・。ほかのホームドラマを知らないので比較できないけど、とにかく面白かったですー!!

主人公のソヨンはある「嘘」をついてしまいます。
その「嘘」は、周囲を巻き込んで、ものすごく大きな影響をみんなに与えてしまいます。
ひとつの嘘がいかに大きな影響を呼び、いかにたくさんの人を傷つけ、人生を変えてしまうか・・。
なによりもその嘘によって、張本人がどれだけ深く傷つくことになってしまうのか。
思いも寄らぬ事態が次から次へと起きてきて、予想がつかない展開に驚かされるばかりで、まるで見えない物語の先が気になり、一生懸命前のめりになって見てしまいました。
ドラマをあまり見てないからかも知れないけれど、こんなタイプのドラマは初めてです。
ちりばめられた布石が効率よく回収され、広げられた風呂敷がきれいに折りたたまれる、そんなドラマでとても満足させられました。
メインとなるキャラクターたちの人間模様だけではなく、その周囲の人間ドラマもうまく挿入されていて、主人公とは直接関係ないキャラたちの物語も大変興味深く見ました。

★★★★☆

B00CEYATOCいとしのソヨン コンプリートスリムBOX 26枚組(本編25枚+特典1枚組) [DVD]
東宝 2013-08-23

by G-Tools



全編に流れる「埴生の宿」も印象的でした。
(私にとっては「ビルマの竪琴」)
原題は「Home! Sweet Home! 」ですね。暗示的!


以下 ネタバレです




ソヨンは自分や母親に大変な苦労をかけてきた父親を恨み、父親を恥じていた。
そのため父親が「死んだ」ことにして、ウジェと結婚する。

ソヨンがついた嘘、それは父が死んでこの世にいない、そして、弟は海外にいるとしたこと。つまり自分には「家族がいない」と言う嘘をついたのだった。
嘘のためにソヨンは仲のよかった弟サンウとも疎遠に。
結婚生活は一見しあわせだけれど、嘘の上に成り立っている生活はもろかった。

父親はソヨンが自分には「アメリカへ留学する」と嘘をついて、実は結婚したことを知っていた。
それでも、それは自分がまいた種だと自覚しており、物陰からソヨンの生活を見守っていた

あるときウジェがクルマに轢かれそうになり、父親は身代わりに車に当たりウジェを守る。
それがきっかけでウジェと知り合いになった父親はウジェの会社で働くことになり、結果、ウジェにソヨンとの関係を気付かれ、ソヨンの嘘がばれてしまう。

かたや、弟のサンウは偶然にもウジェの妹ミギョンと恋愛中。
結婚を考えたとき、サンウはミギョンがウジェの妹と知り、ミギョンを諦める。
おおいに苦しむ二人だけれど、結局今の生活を壊さないことを選ぶ。
諦めきれないミギョンを諦めさせるために、サンウは3年来自分に片想いをしているホジョンと結婚する。

ウジェは、ソヨンが父親を捨てたこと、自分にそれを打ち明けないこと、自分に黙って避妊していたことなど、一気に発覚したためにソヨンに大きな不信感を抱く。そしてソヨンを拒んでしまい、態度が豹変。
険悪になった二人は離婚しようと結論付けた。

そんな時、ウジェの弟ソンジェが、捨て子だと思っていたのに、実は父親と父親の秘書との間の子どもだったと分かった。ウジェの母のショックは計り知れず深く傷つき苦しむ。
その様子を見てソヨンは、嘘をつくことが人を苦しめる残酷な行為だと気付き、離婚を決意。

結局二人は別れてしまう。
しかし、心の中ではそれは本意ではなかったため、なにかにつけて会っている二人。

そんな折、ソヨンの父が倒れてしまう。ウジェを救ったときに事故にあった怪我が、精密検査も受けていなかったために内部で悪化し、危篤状態になったのだ。
ソヨンの父はウジェの身代わりで事故に。
そのことがきっかけで、ウジェの両親もソヨンを許すことになり、二人は復縁するのだった。






と、乱暴な大筋ですが、こんな物語。


主人公はソヨンであり、ソヨンと父親の確執から和解までの物語だと思います。
たしかに昔は無茶をして、ソヨンや妻を苦しめてしまった。でも、見事に改心して親の愛情をソヨンに降り注ごうとする父親の姿に胸打たれたし、それを拒否して「自分勝手な愛情をあたえて満足していてもそれは本当の愛情じゃない」みたいなことを言うけど、それも真理だなぁと思ったし・・。
だけどやっぱり父親の愛情は感動的だったし、最後にはソヨンにもそれが通じて、本当によかったと思いました。
また父と娘の関係だけじゃなく、そこに、ソヨンとウジェの恋愛、結婚という物語があり、ソヨンの仕事に対する姿勢もひとつの見所であったし、また、サンウとミギョン、そしてホジョンの三角関係も目が離せない。
そして、そして、ウジェの母とソンジェと秘書の親子関係。私はこれが一番泣かされました。
ウジェの母親がソンジェを溺愛していたのは、それが自分の夫の子ではなかったからだということばに、かなりの衝撃を受けました。夫と血のつながりがないと思って可愛がっていたのに、実は夫の子どもであったとは・・それを知らずに溺愛してきた自分はバカではないかと。
このとき、ソンジェを捨てた秘書の仕打ちを、視聴者としては非難ごうごうで見たんだけど、でも母親としてそばにいたいしソンジェを愛しているんだと言う気持ちには、やっぱり泣けてしまった。
結局、ソンジェに「そばにいないで」と言われてしまう。気の毒だった・・。自分が悪いとはいえ・・。
ソンジェが「自分の存在は(育ての)母を苦しめてしまう」と悩んだり大好きな母との仲が壊れてしまうと苦しむようすには、本当に泣けた。
結局、真実を知ったからと言ってソンジェを捨てることも出来ないウジェの母。それまでの歴史があるから当然だと思ったけど、母の愛とは血のつながりだけでは語れないと痛感しました。
「なんであなたが謝るの。生んでくれとか捨ててくれと頼んだの?」と言うシーン辺りは号泣。一番の泣き所でした。

それから次に印象的なのが、ホジョンの存在です。
最初はただのわがままでマイペースのお嬢さんだったけど、ミギョンがサンウに振られて、自分に会ってくれないときにホジョンを介して呼び出すシーン、ホジョンはサンウに酷く罵倒されてしまう。それも公衆の面前で。。それでもミギョンに頼まれたことを言わず耐えてました。結婚の挨拶に言ったときもサンウの父に酷くなじられてしまうんだけど、それも耐えてました。あのときからホジョンが愛しくて。健気でかわいくて。
サンウと結婚してからも無理を言わず明るく優しいホジョン。家事は下手だけど一生懸命で。サンウがだんだんとホジョンを心から愛していくようすが丹念に描かれてて、ほっこりしました。
ホジョンの気持ちがサンウに通じたときはこちらも思わず涙。
テレビではかなり二人のシーンがカットされてたみたいで残念でした。それがみたくてレンタルで見たのです。あらすじサイト(ありがとうございます)で、内容を知っていても改めてそのシーンを見ると感動したり。

このドラマで唯一不満があったのは、ウジェに萌えを感じられなかったこと(笑)かな。
そもそも、一番最初は男らしいなと思ったんだけど、いざソヨンと結婚したいと思ったら強引で独断的で、ちょっと好きになれなかったんだけど・・。
結婚してからのソヨンがまるで人が変わったように明るくて、バカップルになってたのが意外だったな。
それはともかく、ウジェに萌えなかった~。
当然ウジェとソヨンのラブシーンにも全然萌えなくて・・・キスシーンは要りませんでした(^_^;)。
感動はしたんだけども・・。
っていうか、感動する場面であったはずだけど・・。(ごめんなさい。ウジェさんのファンの人)
それに引き換え、サンウとホジョンのキスシーンを私は待ってましたよ。サンウや、はやくホジョナにキスしてあげて!!と、ずっとずっと待ってました。ひょっとしてキスシーン無いままに終了かしら・・と思ったけど、ちゃんとあったからよかったわ(笑)
終盤ではこのシーンが一番私のツボで、一番感動しました。

最後の二組の結婚写真。
4組の夫婦とソヨンの父が写ってます。このドラマはこの4組の夫婦のドラマでもあったなと感慨を覚えました。
ソヨン・ウジェ、サンウ・ホジョン・・そして、その親世代の夫婦。夫婦に歴史あり。幸せな結婚生活とは黙って努力しないままではありえないんだなぁ~。基本は思いやりよね。。みたいな。それを改めて知らしめてくれたような。

ソヨンの同級生のヨニや、弁護士事務所のソヌなど、最初は「嫌なやつ」と言う感じの人たちがよい印象で終わってるのもいいですね。とくにヨニの存在が良いと思った。ソヨンは誰にも心を開かないから友達もいない。でも、ヨニとは生涯の友達になる感じなので、そんな存在がいてよかったな。

ミギョンにつていも、サンウを諦めきれないときには、あまりにも必死で(そりゃそうだよね)ホジョンを巻き込んでのしつこい身勝手な行動にはげんなりしましたが、最終的にソヨンを苦しめたくないと思いやる、大人の女性になっていてともて好感を持ちました。ギョンホ先生といい感じなので、研修から帰ったらきっと進展すると思う。そうであってほしい。幸せになってもらいたいです。

イ・ボヨンは少し前に「ソドンヨ」を見たんだけど、ソドンヨも寒そうなドラマでした。始終雪景色の中で真っ白な息を吐きながら、鼻の頭を真っ赤にしてました。そしてこのドラマも終盤は寒そうで寒そうで。私にとっては寒そうな女優さんですわ(笑)

と、長々書いたけど私の感想はこんなところかな。
またこんな面白いドラマ、プリーズ(*^_^*)
大満足!!
ありがとう!
12:00 : [ドラマタイトル]いとしのソヨントラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL