FC2ブログ
  • « 2019⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

感想「カプトンイ」

カプトンイ 真実を追う者たち DVD-BOX1〈シンプルBOXシリーズ〉

↑ このジャケ写が遠目に見て、チョン・ウンインに見えてて(^-^;
↓この人ね
tyonnunninn.jpg
ああ、この人が主人公なんだなと思い込んでましたら

主人公は、ユン・サンヒョンでした(^-^;

シークレットガーデンのユンサンヒョンとも、君の声が聞こえるの彼とも違ってて
小汚い刑事役です。が
それがけっこうハマっててカッコよかったです。
はじめて、ユンサンヒョンかっこいい~と思いました(笑)

余談だけど、FNS歌謡祭でキムタクを見たとき
ユンサンヒョンにしか見えなくて笑った(^-^;
たぶん、ひげのせいもあると思う。
ちまたでは、そのひげのせいでキムタクがまっちにそっくりって言う話になったらしいけど
きっと韓ドラファンは、まっちよりもユンサンヒョンを髣髴としたと思うなぁ(笑)

閑話休題

ヒロインは、先日「いばらの鳥」で見たキム・ミンジョン。
いばらの鳥の時は憎まれ役だったので大嫌いだったけど、今回は見てる人の同情を誘う気の毒な役回りです。

現在から20年前。韓国・京畿道イルタンで勃発した連続婦女暴行殺人事件。いまや伝説とも化したこの事件の犯人は、“カプトンイ”と呼ばれ、人々の記憶に大きく刻まれる存在となっていた。そんなある日、「俺が本当のカプトンイだ」というメッセージが発見され、20年前の事件に酷似した殺人事件が勃発する。模倣犯の犯行なのか?それとも“カプトンイ”が蘇ったのか?(ミステリー専門チャンネルの番組紹介から抜粋)


カプトンイをつかまえるために刑事になったハ・ムヨム(ユン・サンヒョン)
20年前の事件の時には、父親を犯人として疑われ、そのため父は悲惨な最期を遂げていました。

ムヨムの父親を犯人カプトンイと固く信じて追及していたのが、ヤン・チョルゴン刑事課長(ソン・ドンイル)、警察生活最後の仕事として未解決のカプトンイ逮捕のために、イルタン署に再赴任してきました。

皮肉にもそれが、第2のカプトンイ事件発生の奇引き金になったようです。
医療刑務所内で「オレがカプトンイだ」と言う落書きが見つかり、騒然とします。
カプトンイは医療刑務所にいるのか?

ムヨムは医療刑務所に潜伏します。

医療刑務所には、カプトンイを信奉する若者、リュ・テオがいました。

そのリュテオが出所すると、第2のカプトンイ事件が発生するのです。


ムヨムは父の生前、父親がカプトンイかもしれないと疑っていました。
父が事件当時、血の付いた上着を着ていたからです。
ヤン刑事課長が父を調べようとしたとき、ムヨムは父の上着を燃やしました。
20年たった今、やっと、その「血」の意味が分かります。
父はムヨムのために、鶏を盗み殺して料理したのです。
父親を疑ったことで自分を責めるムヨムでした。

ムヨムの父を憎み、カプトンイと思い込んだヤン課長。
彼の娘はムヨム父のせいで事故を起こし(正確にはムヨム父のせいでもないのですが)
いまは障がい者として歩くことも話すこともせずに、病院で暮らしています。

医療刑務所を担当する精神科医のオ・マリア、
彼女は実は第一のカプトンイが起こした事件の、唯一の生き残りでした。
友達と同時にカプトンイに捕まり、二人はじゃんけんをさせられました。
じゃんけんで勝った方を助けてやると言われ、マリアは勝ったのでした。
そのことをずっと心の重石として生きているマリア。

マリアとムヨムは魅かれ合います。


中盤までは、いったい誰がカプトンイ(オリジナル)なのか?
と言うことを中心としてストーリーは展開します。
誰もがカプトンイに見えてくる。ムヨムですら???

意外な人物がカプトンイでした。

それが判明してからは、物語が迷走した感じがします(^-^;
エッフェル塔のアート作品とか、多重人格とか・・・
なんか、風呂敷が大きくなりすぎてついていけんかった気がします(^-^;


不思議だったのは、その犯人にしろ、リュ・テオにしろ、殺人を犯したことが明らかになっても、普通に出歩いたりしていたので、いいんだろうか?と思ってました(^-^;
いくら時効だからって・・・
いくら精神鑑定で罪状を問えないと言ったって・・・
そんなものかなぁ。。腑に落ちなかったです。



オリジナルの犯人のほうですが、事件を蒸し返すようなことをして、自分の首を締めなくても良かったのに。
迷宮入りになっていたのに、藪蛇とはこのことではないでしょうか。
カプトンイはサイコパスで殺人をやめられない、オリジナルカプトンイもぴたりと犯行をやめていたってことになってたけど、じつは発覚してなかっただけで、殺人を続けてたらしい。
でも、最初の連続殺人が時効成立しそうだったんだから、そのままおとなしくしておけばよかったのに、なんで医療刑務所の連中になんかやらせたりしたのかな?
それがすべて「サイコパスだから」でいいのでしょうか。
その点がちょっと腑に落ちなかったなぁ。



ところで、このドラマで「重要な役割」の、チョン・インギさん。
choningi_p.jpg

私のすべての韓国ドラマと映画の視聴履歴の中で、この人が一番、良く見る役者さんだと思うんです。
「韓国山人」のこちらのページを参考にさせていただきまして(上記画像もお借りしました)

ドラマですと
      2010 MBC 大河ドラマ トンイ(同伊) キム・ファン役
      2010 SBS ミニシリーズ シークレットガーデン ライムの父キル・イクソン役 
      2012 tv朝鮮 ミニシリーズ 朝鮮チョンダムドン(清潭洞)のアリス ハン・ドゥッキ役
      2013 MBC ミニシリーズ トゥーウィークス ヤン・テクナム役
      2014 tvN 金土ドラマ カプトンイ チャ・ドヒョク役
      2014 SBS ドラマスペシャル ピノキオ キ・ホサン役

以上の作品を見ただけなのですが

映画出演作品はすっごく多くて、私が見たのは

永遠の片想い (イ・ハン)
グエムル 漢江の怪物 (ポン・ジュノ)
黒い家 (シン・テラ)
チェイサー (ナ・ホンジン)
クロッシング (キム・テギュン=金泰均)
目には目,歯には歯 (カク・キョンテク,アン・グォンテ)
息もできない (ヤン・イクチュン)
ペントハウス エレファント (チョン・スング)
シークレット (ユン・ジェグ)
義兄弟 (チャン・フン)
朝鮮名探偵 トリカブトの秘密 (キム・ソギュン)
隣人 -The Neighbors- (キム・フィ)
ザ・タワー 超高層ビル火災 (キム・ジフン)
ミスターGO! (キム・ヨンファ)
ザ・スパイ シークレット・ライズ (イ・スンジュン)
ザ・ファイブ -選ばれた復讐者- (チョン・ヨンシク)
怪しい彼女 (ファン・ドンヒョク)

以上の作品を見ておりまして
最初は
「あ、どこかで見たぞ」
みたいな感じだったんですけど、
次第に
「また出てる!」
となりまして、
今では、話題作にはだいたい出てるアジョシって感じです。
いい役も多いんだけど、そこまで主役級の役者さんではないんですが、本作ではかなりインパクトの強い役をやっててちょっとビックリです。

主役は「クロッシング」で演じておられますね。
私が知る作品では、主役はこの一本だけ。

地味な役者さんながら印象深い役者さんです。

reoさん、ありがとうございました!




01:43 : [ドラマタイトル]カプトンイトラックバック(0)  コメント(4)

かずゆいまま

shortさん、こんにちは!

カプトンイ確かに後半はちょっとうーんというところもありましたが
私は面白かったです。気になるところはもうスルーしてた。(笑)
なんといってもサンヒョンしーが格好よくて!ファンなのでたまりませんでした。
イ・ジュンのサイコパス演技もかなり怖くてよかった。

shortさんはチョン・インギさんがよく見る役者さんなのですね。
映画に多く出演されてるからかな?
私はドラマしか見ないのですがソン・ドンイルしーが一番見てるかもしれません。
毎回コミカルな役なのにここでは渋い役だったので驚きでした。

2015/12/08(火) 10:10:25 | URL

short

かずゆいままさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!

カプトンイ、
私もミステリーが大好きだし
面白かったのですが・・・
エッフェル塔だの多重人格に至っては
少しやり過ぎじゃないかなーって
思ってしまいました(^-^;

って言うか、訳が分からなくなって
ついていけなくなってしまったのです。

リュ・テオ
ドラマ内で言われてるようなイケメン君には感じませんでしたが(^-^;
でも、サイコパスはよかったですね。
真犯人もいつもすっごい「脇役」が多いので、こんな中心人物であることが意外でした。
って、なんつう言い草でしょ(^-^;

ともかく、おもしろかったと思います。
私なりに。

チョンインギさん、そうなんです。
見る映画見る映画に出てる人なんです(笑)
ソンドン入るさんは圧倒的にドラマ出演が多いですね。
私は「チュノ」で初めて見ました。
その後は
あれ、ここにも出てる、ここにも!
で、たしかに、良く見る役者さんです。
私のネッ友さんがこの人を好きなので、私も自然と注目していますよ(^o^)丿

2015/12/09(水) 01:22:34 | URL

reo1975

ショートさん、こんばんわ!
このドラマ前半はカプトンイの正体が誰か分からないしドラマが進むにつれて新たな謎が次々に出てきて、とても面白かったです。
リュ・テオの存在も謎でした。
彼は一体どういう役割なの?とそれも気になってました。でもカプトンイの正体が分かってからが長かったような。。

まぁサスペンスドラマ大好きなので私は最後まで楽しめました!それに今まで苦しんできたマリアがムヨムと幸せになれて良かったなーと思いました。

チョン・インギさん私もよく見かけます。
でも私が最近よく見かけるのはチェ・ウォニョンさんです。スリーデイズ、秘密の扉、キルミーヒルミー、君を覚えてる、これから見ようとしている「2度目の二十歳」「相続者たち」にも出演してるみたいです。
悪役が多いけど今、人気の俳優さんなんですかねー

2015/12/10(木) 22:36:03 | URL

しょーと

reoさん、こんにちは!
コメントありがとうございました。
お返事がえらくおくれてしまい、申し訳ありませんでした。
(^^;)
カプトンイ、私もサスペンスが大好きなのでおもしろかったのですが、
犯人が分かってから、なんか、着いていけなくなった部分がありまして、こういう感想になりましたが
でも、面白かったです。
ありがとうございました。
ユン・サンヒョンも格好良かったですし!
この人のディナーショーかコンサートが名古屋あたりであれば、行ってもいいと思うくらいです。(笑)
上から目線ですね、スミマセン。
そうそう、マリアと別れてしまって、心配しましたが、やっぱり最後はああでなくてはね。
いい感じのラストもよかったですね。
基本的、あの役者さんの悪役はあんまり見たくなかったけど、でもすごい迫力でビックリしました。
あんな顔も出来るんですね~!

そうなんです。
あのひと、一番よく見る役者さんだとおもうんです。

reoさんが言われた人、ぜんぜん知らない人です。
これから出てくるかな?
一度見ると偶然にも、しょっちゅう見るようになるんですよね。
あれ、不思議ですよね。

2015/12/14(月) 10:18:27 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL