FC2ブログ
  • « 2019⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

鑑賞中「私はチャン・ボリ!」28~31話まで

ネタバレです!!!
















このドラマを見ていて思うのは、誤解やすれ違いの原因のほとんどが
「また聞き」
によるものだと言うこと。

パク大先生も、スボンも、イナの言うことを真に受けて、事の真相を誰にも問い質さずに、結論を決めつけて、結局オクスを悪者にしてしまったんだし
また、いまはミンジョンの言うことを信じて、ボリを悪者にしてしまっている。
「ボリが~~~と言ってました」
と言う、ミンジョンの言葉だけを信じてボリを排除しようとしてしまう。

自分の目で、耳で、真相を確かめることの大切さを学びました(^-^;

それと、このドラマの面白いところは、ミンジョンのたくらみがことごとく功を奏するかと言うとそうではなく、ときどき、自身の存在が危ぶまれるほどの失敗をして、見てる方の胸がすくこと!
いつもいつも、イライラするほどボリたちがやられてしまうんだけど、そうばっかりじゃなく、肝心なところでは、ちゃんとミンジョンがその付けを支払わされること。

大統領夫人の韓服の仕立を頼まれたパク大先生は、ボリにも手伝って貰いながら作業をすすめますが、ミンジョンが邪魔をします。
お母さんを通して、ボリに別の作業をさせるんです。
ただでさえ忙しく、徹夜続きのボリなのに、余計な仕事をさせるわけです。
そのうえ、大統領夫人に納品するとき、パク大先生が納品するものを、入れ替えてしまうのです。
それも、ボリの仕立てた(母を通して頼んだ韓服)ものに。

大統領夫人の不興を買うパク大先生、そして、都合よく代わりの韓服を持っていたウンビの母。
大統領夫人は今夜のパーティーでウンビ母の韓服を着るしかないのか・・・と思ったその時、ついに、ついに、オクスがその姿をピスルチェの面々の前に現した!!!
そして、パク大先生の伝統を生かした韓服を持ってきて、大統領夫人に見せました。
もちろん、大統領夫人はウンビの母作品よりも、こちらを選ぶのです。

してやられたミンジョン。

そしてピスルチェでは、だれが大統領夫人の韓服を入れ替えたのか、諮問の席が設けられます。
あの手この手で、言い逃れして、ボリに罪を擦り付けようとするミンジョン。。。

しかし、今回ばかりは、ミンジョンの母も黙っていませんでした。
諮問の席に現れ、すべてを告白したのです。
ミンジョンに頼まれて、ボリが作った韓服を渡したこと。
ミンジョンが置いていったと言う韓服を見せると、それは大統領夫人のために作ったボリの韓服。


あれ?
大統領夫人の服を入れ替えた後、ミンジョンが母に会いに来たことがあったのかな?
と、思ってしまったけど、たぶんあるんでしょう(^-^;

母はさすがに、ミンジョンの悪行に恐れをなし始めていて
さすがに、善人のボリをかばい始めていました。
なんでもかんでも人のせいにするミンジョンにカツを入れたシーンもありました。

自分が家を捨てて出て行ったくせに、
母とボリに捨てられて私は一人だった・・なんていうミンジョン。
反吐が出るほど身勝手です。
ボリなんか死んでしまえばいいとまで言う彼女を、母は激しくぶつのでした。

なんどもなんども、ボリのことはぶってきたけど、ミンジョンをぶったのは初めて。
「私をぶったわね」と呆然とするミンジョンに
「ここでぶたなきゃ母じゃないよ」と言う母親。

そうだそうだ!!
言ってやれ!!


ジェヒはよくこんな女を愛せるなぁ。
私は幼いころのジェヒを思うと、どうしても憎み切れず、この兄弟の仲たがいが(これもジェヒ母のせい、また聞きを信じてしまったせいで決裂してしまった)残念極まりないんですよ。

ジェヒに、ジェファを陥れる悪だくみを持ちかけるミンジョンでしたが、いくら憎い兄のことでも、裏でずる賢くたくらむ、こんな腹黒い女を純粋に愛せましょうか。
気付けよ!!
そういう女はいつか自分にも悪だくみをする、裏切る、と、考えるべきなのに。

イナにしても、ピスルチェの長の座を守るために必死過ぎて、ミンジョンの正体を見誤っている。
おばあさんを陥れる、こちらにも悪だくみを持ちかける・・・その腹黒さに気づかないって言うのはいかがなものか。
同類だから、認めちゃったのかな。

ボリがピスルチェのウンビだと、判明したところで、この母とどうやってうまくやっていくのやら。
イナは、義兄夫婦を事故に合わせて、義兄を死に至らしめた罪を償わねばならないしね。
もう、ボリがウンビだと分からないままでもいいんじゃないかって思えてきてます(^-^;


そして、相変わらず、期待に応えてくれている、ムン・ジサン。
いや、しかし、以前のままの住処で、そのうえ暗証番号も変えてないって、どういうことよ!
そして、ボリの近くに越してきたんじゃなかったのか?
いま、ふたつ住まいを持ってると言うこと?
それともボリの街にはほんとは住んでないってこと?
いかんせんミンジョンにたやすく侵入され、大切な証拠品を持ち出されたり消されたりしたみたいだけど、
それはおそらく杞憂で、ムンジサンはちゃんと、対処してるみたいです。

31話の終わりには、ミンジョンが警察に連行されてました。
罪状は、ムンジサンに対する家宅侵入と、どろぼう!!
きっと防犯カメラかなんかを仕掛けておいたのね。

「オレと同じ目に合わせてやる」

ムンジサンの瞳は、怒りの炎がメラメラ~~~!
やったれ!とことんまで!!

ミンジョンがビダンを誘拐同様に連れ出し、あれやこれやと、大人げない態度で脅したりして、この誘拐罪もいっしょにくっつけてほしい。

ボリとイナ
ミンジョンとビダン
実の母子がそうとは知らず憎み合う図
因果ですねー・・・。
ま、ミンジョンはビダンが自分の娘だって気付き始めてるんだけど。


そして、ボリの恋人のジェファもいい働きをしていますよ!
検事だけあって、頭が回るし、すごく手助けになってて、ただの能天気男とは違う。
頼りがいがあっていいわーー(^o^)丿

ムンジサンとジェファのふたりに、今後の活躍を大いに期待しています。

しかし、ネットで感想を見てると、、、もちろん詳しくは読まないけど、32話がイライラのピークみたいなのね。
今日の放送なんだけど、いったい何が起きるのかな。
耐えられるかしら。(^-^;

09:43 : [ドラマタイトル]私はチャン・ボリ!トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL