fc2ブログ
  • « 2024⁄04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

感想「帝王の娘 スベクヒャン」

帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX4
帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX4
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-05-02
売り上げランキング : 3856


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



72話と言う長きにわたって楽しませてくれました、「スベクヒャン」
ここ3日ほどは。余韻に浸っていました。
あらすじを追いながらこのブログを書いていましたが、思い出してはまた泣けたりしていました。

各話の記事は↓です。

26話まで
47話
63話まで
69話
70話
71話
72話

今まで見た韓国ドラマの時代劇では「善徳女王」「トキメキ☆成均館スキャンダル」と並んでベスト3となりました。
言っては悪いですが、私にとっては出演陣が地味・・・(^-^;
「これっ!!」っていう目玉俳優さんがいないんですよね。
それなのに、こんなに楽しめたのは、ストーリーと演出が良かったのでしょうね。

オリジナルが108話と聞いて「長っっ!!!」と、びっくりしましたが(その時点で半分めげていた)
1話が30分ぐらいで、108話・・普通のドラマに換算すると、54話ぐらいでしょうかね。
すると、「トンイ」とか「チャングム」あたりと、長さは同じくらいと考えてもいいのかな?
BS版はカットもされてただろうけど、72話と言うことで、そんなひどいカットはなさそうですね。
良かったです~(●^o^●)

それでも長尺には違いなく・・。
途中、物語が停滞する場面も、無きにしも非ずでしたが
おおむねテンポも良く、思いがけない「萌え」もあり、人物像の描き方も申し分なく
笑いあり、涙あり、後半に入ってなお、ますます盛り上がり、怒涛の展開で。。。

いやはや、
素晴らしかったです。
音楽も良かった。
挿入歌(ソルランたちが歌う歌)も良かったけど、BGMも良かったのです。
サントラほしい!
ないみたい。
YouTubeでもない。惜しい!!


冒頭、姉妹の「争い」から物語が始まります。
姉が妹に剣を向け、殺そうとしているのか?
そしてそのそばには、男が一人倒れています・・・・・。

そして物語が姉妹の母チェファの娘時代に。。。。

チェファの長女が、やがて王様になるユンの子供で、本来なら「王女」であること。
ユンの息子が、先代王の息子と入れ替わっていること。
それがこの物語のキモです。

本当は姉が「王女」なのに、野心家の妹が「王女」になってしまう。
本当は「王様の息子」なのに、実の父親を、そうとは知らず、「仇」として憎んでしまう。。。

この、ふたつの「入れ違い」が愛憎の入れ違いを産むのです。

時代背景や設定が、ちょっと「善徳女王」に似た部分があったけど、ミシルみたいな強烈な「敵」がいないドラマでした。
悪人不在と言うか・・・。
ソルヒにしても、チンムにしても、すごい悪役にはなりきれない存在でした。
普通なら、それが物足りなく感じると思うんだけど・・・実際私も中盤までは「ちょいと、小粒な物語だな」と思っていたんですけどね・・・。
本当の「敵」は、「運命」だったかなと思います。

ラストに、すこし・・・と言うか、おおいに・・・と言うべきか、肝要な「不満」がありました。
それは後述しますが、それを含めてもやっぱり、★★★★★!進呈したいです。



以下ネタバレ含みます!




ちょくちょく挿入される「百守花」スベクヒャンの効果。
スベクヒャンが咲くと憎しみが解け、別れていた恋人がよりを戻す・・みたいな。
きっと、最後にはスベクヒャンが咲いて、大団円になるんだろうなと思ってました。

絵に描いたようなハッピーエンド珍しい。


好みの男子はいませんでしたが、でも、役者の皆さん男前で眼福でもありました。

チョ・ヒョンジェさんは、前にも書いたんだけど、顔が膨れてて引力に負けておられて(^-^;でも、イケメンです。
百済の太子なんですが、少し気難しく、潔癖症、ソルランを諜報員として育てようとして、スパルタです。
太子ですから「オレ様」で、そんな太子が時折見せるソルランへの気遣いに、萌えた中盤。
太子のソルランへの気持ちがあいまいだった頃が一番萌えたかな(*^^*)。
好きって言う自覚がないのに、ソルランが気になって仕方がない、ついつい手助けしてしまう・・・ソルランも太子にイジワルされたり、女ではなくピムンとして厳しくされたり・・かと思いきや優しくされたりして、だんだん太子が好きになっていくと言う、好みの展開でした。
ツンデレの度合いがちょうどよかったな(*^^*)

お付きの護衛官も面白かった~。

対するチンム公。
この人に尽きました!
「善徳」のピダムのように、切なくて可哀想なキャラ。
役のチョン・テスさんもイジワル顔なんだけど(笑)イケメン。眉毛の吊り上がり方が好きです(笑)
屈折した昏い内面を抱えつつ、表面上は極道息子って言う感じ。
王様が憎いはずなのに、褒められたらうれしくてにやけちゃう。子供みたいで可愛い。母性本能をくすぐるキャラでした。
一緒にゲームしようと誘われて、いそいそとゲーム盤を持って参上したのに、王様は家族写真撮影(・・じゃなくって、肖像画)の最中で、しかも「チンムはここへ入れない」なんて言ってて・・本当に可哀想なチンム公でした。。
ヨン達卒にそそのかされて、ソルヒを利用しようとしたけど、結局は本気でソルヒを不憫に思ってましたね。本来は心優しいチンム公です。
冒頭の場面で、倒れてる男が、チンム公でした。
一体誰だろうと、すっごく気になっていました。
太子かなと思ってたし。。
死なないで~~(;´Д`) と思ってたら、死んでなかったので良かったです。


唯一、私がラストで納得できなかったのは、この人がソルヒに向かって
「わだかまりは旅の途中で綺麗な水に流れていった」
と言ったことです。
チンムが言った「わだかまり」って言うのは、自分の出生のことだとは思うんだけどね。
でも
ソルヒもチンムも、死なせる必要のない人たちを殺したりしました。
こういうドラマですから、刑に服せとは言わないけれど、せめて、贖罪の気持ちを持ち続けてもらいたいのです。
だから
「一生を、お互いが死なせた(殺した)人を弔って、悔い続けて生きよう。」みたいなことを言ってもらいたかったな。。
一緒にそうやって生きてもらいたかったです。
きれいさっぱり忘れちゃいけないよね。

そこのところが、惜しかったなぁ。

ヨン達卒も 一見「悪役」でしたが、先代王を思うあまりに、チンム公も大事に思うのです。
チンムにとっては父親代わりの存在。
普通、こういうポジションの人って、自分の野心のために、チンムを利用する・・みたいな役どころだと思うけど、ヨン達卒は本気でチンムを思ってたのが良かったです。

チンム公の護衛官もイケメンでした。チンム公に忠誠的だったのもグッド!

イケメンと言えば、カヤ王のスニムン。
彼の存在も光ってました。ソルラン、ミョンノンと三角関係になったらどうしよう?と思ったものです(笑)
ミョンよりもカッコよかったんじゃない??(^-^;

憎き高句麗の将軍もなかなかイケメンだったし。。

ピムンのひともカッコよかったな。。。。


男性陣で忘れちゃいけない、トルデとマング。
トルデは「王女の男」でも存在感があったけど、今回もずっとヒロインを見守る、良い役でした。
コメディも担当していて、ドラマの癒し的存在(笑)
同じくマングも。。
どんぐり目玉が印象的です。
最後に伴侶ができた感じで、良かったです!!

クチョン・・・
チェファをずっと思っていたために、ペクカの死後、チェファと赤ん坊のソルランのお世話をします。
やがてチェファもクチョンの気持ちに答えようとして、二人は夫婦になります。
チェファの心にはつねに王様がいたので、寂しいクチョンでしたが、理解してました。
男前です。
個人的にはちょっと顔が好みじゃなくて(^-^;
馬が草を食べて糞をしたってゼスチュアが印象的です。
口がきけなくても下ネタか・・・と、ここも少しゲンナリ(笑)
あれだけの大けがをしたのに生きてたかと思うと2度目の時はあっさり死んでしまった。。
存在感のある男でした。

へ佐平・・・
最初は胡散臭く、ペクカからの手紙を王様に読み上げるとき、嘘の内容を読み上げてました。
そのとき王様は、手紙を自分の目で確かめなかった。
「見せてみよ」って言われたらアウトなのに。
へ佐平、脇が甘いよ~、せめて偽手紙ぐらい用意しておかなくては!
と思ったけど、今にして思うと、王様もわざと騙されたのかもね。
なんか信用できないかも・・と思っていたけど、忠臣でした。


へ佐平の娘の王妃。
とぼけて天然で、ちょっとうっとおしかったですが(^-^;
だんだんと、思慮分別のある大人へと成長して。
何よりも寛大!
よく、あんなことをしたソルヒを許せたよね。
チェファにも全然嫉妬しなかったしね。
刺繍の腕前だけは成長しませんでしたが(^-^;


ソルヒ・・・
ソウの顔が好きじゃないのですよね。最初「瑠璃の仮面」初めて見たんだけど、すごい違和感のある顔でドラマを見るのをやめました。でも、そのあと「タムナ」ではいい演技で「慣れた」かな。そして今回3作品目のドラマです。
ちょっと切れ気味の悪役が凄く似合ってました。
凄い熱演だった。見直しました。
キャラとしては、王様の政に口を出すなど、出しゃばり過ぎて自分の首を絞めました。
それも、ソルランやへ佐平を貶める為だったんだけど。
まぁあんまり賢くなかったですよね。だから、悪役として見て見たら、ソルヒは少し物足りない。
でもソルランとは姉妹だし、ちゃんと両親と姉に愛されて育ったソルヒなので、サイコパスにはなりきれないだろうと思ってた。スベクヒャンが咲いて、何とかなるんじゃないかと予想していました。
チンム公と一生を贖罪に費やして生きてもらいたいです。

ソルラン。
美人だけど、顔が大きいのが残念です(^-^;
ソルヒもミョンノンでさえ、ソルランよりも顔が小さくて。。。
美人で好きな顔なんだけどな。イマイチ洗練されない原因かもしれないです(^-^;
でもそれだから、キャラが見事にマッチしてました。

ミョンノンとのキスシーンには萌えなかったけれど、ミョンノンがたまにかばったり影で支えたり、そういうのに萌えたし、あとは何と言っても、ミョンノンがソルランのために土下座したのが萌え萌えでした。あれが萌えのピーク!

二人で監禁されたときはストーリーが停滞してつまらなかったな(^-^;
あんなボロ小屋も脱出できないなんて、あの二人の実力なら、ありえないでしょう。
そこで二人は愛を確認するわけですから、必要な流れだったのかもしれないけど、あまりにもふがいなかったですね。




思い出したら、いろいろと出てくるので書いても書いても尽きません。
中途半端な文章だけど、この辺で終わっておきます(^-^;
まさか全部読んでくださった方、おられるかな??
おられたら、お礼申し上げます。長々読んでくださってありがとうございました。


追記・・・・

私ときたら 肝心の王様のことを書いていませんでした!

もっと早くにリタイアするのかと思ったら、なんのなんの。
主役二人をしのぐ存在感で、物語をリードしました。
思えばこの王様の生涯を描いたドラマでもありました。
立派な王様で、みんなに慕われ。。
自分の息子を捨ててまで先代王の息子を守った稀有な王様。
逆のことは誰でも思うのにね。
歳の離れた王妃が、どうしてあんな爺さんを慕うのか・・なんて
思ってはいけません。
彼みたいな男らしく勇敢で思慮深い、優しく温かな
いわば、理想の男性像なのです。
おそらく、年齢や外見に関わらず、女性なら誰でも惚れちゃうかもしれません。
カリスマ性がありました!ブラボー!!
10:24 : [ドラマタイトル]帝王の娘 スベクヒャントラックバック(0)  コメント(10)

short

澤田良子さん、ようこそいらっしゃいました
コメントありがとうございます!
私もこのドラマは感想書くのに身が入りましたよ
先日も母親にまだ見てなかったら見てねと勧めたところです

カンボク、はて誰でしたっけとキャストを見てみたら
ミョンノンのおつきの護衛の人ですね
うんうん、無言だけど顔つきでツッコんだりしていましたよね(笑)

いまあまり面白いこのような時代劇がないので残念です

2023/02/19(日) 10:07:18 | URL

澤田良子

韓国ドラマたくさん見てきたけれど、一番感動しました、わたしは、カンボクが好きでした、あの表情、内容自体も素晴らしく毎日楽しみでした、最終回は何度も見ました、朝のひととき素晴らしい時間でした。

2023/02/09(木) 14:19:48 | URL

short

あさみさん、コメントありがと-(*^^*)

あ、ご覧になってましたか、宮廷残酷史!
うんうん、たしかに、イ・ドクファ、キモいです。。。っていうか、アダルトなシーンがね(^-^;キモいよねぇ。。
でも、それで見るのをやめるほど、キモかったんだね。。
私はまだ3話まで。
今日4話目を見ますね。
大人時代が本筋だから仕方がないかも知れないけど、あの女優さんの若作り(見た目も行動も)いただけなすぎます。
あと、チンム公もやっぱりお母さんには頭が上がらず、ちょっと情けない役なのかな。
最後までしっかり見て、感想をお伝えしますよ!(^o^)丿
あと「王と私」も面白そうと思いつつ、見てないドラマの一つで、奇皇后は貸してもらったのがあるので、絶対に見ます!!
にてるよね、あの姉弟。(*^^*)

2015/05/18(月) 11:41:23 | URL

あさみ

時代劇さがして私もスベクヒャンの前に「花たちの戦い」最初の5話まで見たんです。でね、この主人公がとジャイアントに出てくるあのおっさんが王様な訳で気持ち悪さに止めてしまったんです。最後まで見なかったので感想教えてください。チンム初恋相手でしたね。全然似合ってないよね。幼馴染の設定なのに年の差ありすぎが分かる。韓ドラってそういうの多いよね。今観始めたのは「王と私」これもどうなるやら。一話30分というスピーディなドラマに慣れて、すんごくスローな展開がもどかしい感じ。チンムのねえちゃんのハ・ジウォンの「奇皇后」これは間違いなく面白そうなストーリーなので見ようと思う。

2015/05/18(月) 08:52:02 | URL

short

あさみさん、いらっしゃい!
コメントありがとう(*^^*)
もう見終わられたのですね!
サクサクっと行きましたか。
最後のほうはもう止まらなかったのでは?
最後に行くにしたがってますます勢いがついた物語だったよね。
感心するほど面白かった!
あさみさんにも気に入ってもらえて私も嬉しいです。
萌えはなかったけどね??(笑)
しばらく脱力するよねぇ。
私も3日ほど完全に浸っていたのです。
いま、BSで「 ドラマ 花たちの戦い~宮廷残酷史~」が始まり見てるけど
チンム公とペクカが出てます。
タイトルしか知らずに見始めたんだけど、チンムが出てるので嬉しくなってしまった。
すっかりひいきの役者さんになりました(笑)

2015/05/16(土) 17:16:19 | URL

あさみ

とうとう見終わりました。しばらく脱力です。一話30分と短いので、すんなり見れて長さを感じなかったです。この時代は面白いね。新羅では尊徳女王。評価からいうと私はスベクヒャンの方が好きかな。尊徳女王では、ミシルとピダムでもってましたから。スベクヒャンの登場人物みんな良かったです。忠誠心、親子愛、胸の内に秘めた思いそれぞれあってよく出来ているなぁと思った。薦めてくれてありがとう。私も大満足したよ。

2015/05/16(土) 08:58:59 | URL

short

patyjimykanaさん、いらっしゃいませーー(^o^)丿

おお、ご覧になっていましたか!!
語りましょう、語りましょう!!

ああ、私の2月の記事と言うと、結構最初のほうでしたね。
きっとピムンの訓練の様子が長くて飽きちゃったのかもしれませんね。
その中でも私はミョンがソルランを気遣うところに萌えていました。
萌えを感じないとあの辺りは退屈かもしれません。
全体的にテンポは良かったんですが、あの部分と、拉致監禁部分は結構停滞しちゃいましたもんね(^-^;

で、patyjimykanaさんは、面白くご覧になりましたか?
私の感想に頷いてくださってありがとうございます。
とっても嬉しいです(●^o^●)

2015/05/14(木) 18:48:14 | URL

patyjimykana

スベクヒャン終わりましたね〜。
見ていましたよ(^^)
しっかり1話から 見ていたのですが途中でタレてしまって中断>_<
でも…2/25のshortさんのブログを読んで…
『こりゃ見なきゃ損しそうなぐらい面白そう♡』と思い起こさせて頂いたので また見始めました(笑)
冒頭の倒れていた男…チンム公だったんですね。
私も誰だろう⁈と気になっていたので最後まで見て スッキリしました(笑)

shortさんのブログは解りやすくて『そうそう!』って頷けるところも沢山あって…いつも拝見して楽しいです(#^.^#)

2015/05/13(水) 16:59:53 | URL

short

ラムちゃん、
コメントありがとう!!

え、カットはなかったの??
ありがとう!
教えてくれて!!
ありがとう!BS朝日さん、
カットなしで放送してくれて!!
(^o^)/

素晴らしいドラマでした!
私の母は実はラスト物足りないと言ったんだけど
私は最後の最後まで楽しめた。
思えば最初は良くても尻すぼみみたいなドラマが多い中、
このドラマはラストに向けてどんどんどんどん盛り上がったよね。
素晴らしかった~。
今後このドラマを超えるものがあるだろうかと思います。

ラムちゃんの感想も楽しみにしてるね。
でも、ここに書いてくれたことだけでも
同じ気持ちですね(*^^*)

ソドンヨ、長いからなぁ。。(^-^;
テレビ放映があったら、チラ見してもいいな
って言う感じかな。
善徳女王は、地上波地方局でやっていたのを見てたので(レンタルと2回見た感じ)
今回は見てません。
ピダムが出てきたら見ようかな。
もう出てるのかな。

また良いドラマに出あいたいね!
ラムちゃんの感想も楽しみにしてるね~~♪

2015/05/13(水) 15:16:00 | URL

ラム

ねーさん、レビュー拝読しました。
好きなドラマとなると、語りたくなるよねo^^o
ねーさんの熱い思いがヒシヒシと伝わってきましたよ。

思っていたこと同じだね。
ホント、善と悪がなかったね。
ソルヒの上昇志向やチンムの孤独もわかるし。
へ佐平は国の為、ユンの為の行動とはわかっていたけど、味方なのか敵なのか、最初はさっぱりわからなかったわ。
娘の王妃は本当にいい人で・・
もし、彼女が切れ者だったらソルヒの野望は途中で終わっていたと思うけど。
へ佐平がペク・カの手紙を読み上げている時、王が見せよと言ったら・・ねーさんのつっこみに膝を打ちました。
チェファも「お腹の中に子供がいます」と告げていたら、運命は変わっていたかもしれないけど・・というより、そこで話が終わりそう。
ラストはソルランと太子が結ばれてよかった。
太子の一途さがせつなくて、太子を思うソルランがいじらしくて・・本当によかったわ。

私もソルヒの顔は苦手。
絶世の美女というなら、顔立ちが整っているソルランなのでは?とつっこんでしまったくらい(あっ、ダーも同意見です)

PS
後年び百済を舞台にした「ソドンヨ」を再観賞したくなったわ。
でも、今は善徳女王に再びはまってしますo^^o

オリジナルは30分X108話で3240分
TV版は45分X72話で3240分
両方観てますが、カットは見当たりませんでした^^

2015/05/12(火) 19:53:01 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL