FC2ブログ
  • « 2019⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

映画感想「観相師 ―かんそうし―」

観相師 ―かんそうし― ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
観相師 ―かんそうし―  ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2014-12-17
売り上げランキング : 6460


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



うーーん、これも絶品、楽しみました!!
★★★★★

主人公、ソン・ガンホ演じるネギョンは、顔を見るだけで相手の運勢をピタリと当てる、天才観相師。
もとは両班でしたが、父親が逆賊であり、息子と義弟と3人で隠遁生活をしているのです。
が、その観相の才を見込まれて、都の妓楼で観相をして、一躍有名になります。

その辺までは、息子が父のもとを離れ仕官するために上京するという、別れの切ない場面はあったものの、コメディ映画と思うぐらい、愉快なお話でした。
観相なんて、私は信じません。手相とか、占いの類も一切。ついでに言うと血液も。
なのに、ネギョンが相を見て運命を言い当てるのはすごく見応えがあり、また、爽快でした。
ハマってしまった(^-^;

でも、まずは、キム・ジョンソに呼ばれ、そこから王様に呼ばれ、はては首陽太君に呼ばれ・・・と、ネギョンの運命が予期せぬ方向に変わっていきました。

この首陽がねー。。。。
すっごい悪人面でびっくり。なんてまがまがしい。。。
登場シーンのド迫力!画面から恐ろしさがひしひしと伝わりました。
怖かった~。
かりにも王族、気品に満ちてるはずではないのか。
「新しき世界」の時と言い、イ・ジョンジェ、もう悪人しかできないね(^-^;

首陽太君のクーデターは、パクシフの「王女の男」で見てました。
歴史的にもすっごく有名なクーデターらしいです。
ですから、その結末は分かっているんです。
分かっているのに、どうなるんだろう、とハラハラしてしまいました。
マリーアントワネットの逃亡劇なんかもそうだけど、結末知ってても、どうしてもハラハラしちゃいます。
なんでだろう(笑)

ネギョンがあのまま、隠遁生活をしていたら・・・こんな悲劇に巻き込まれたりしなかったのに。
人生にたらればはないですからね・・。

この映画が良くできてると思うのは、

●息子、ジニョンが仕官を目指していた
●その背中を押したのが、義弟のペンポンだった
●ペンポンはそれゆえに、ジジョンの無事を確約してほしかった
●そのジニョンがネギョンのアキレス腱だと知られてしまった
●ジニョンをエサにした首まがりの罠
●罠にかかったペンポン
●ペンポンの裏切りにより首陽の討伐が失敗

と言う流れがすごくスムーズに流れてたと思いました。
義弟はただのお笑い担当かと思いきや、すごく重大な役割担当していました。
のちにそれを悔いて、、喉を突き、声を失います。
その心中はいかに。。それでも、義兄と一緒にいるんだから。。ネギョンは赦したんですね。

ネギョンは息子に恥じない道を行くと、首陽ではなく、キムジョンソについたんだけど、見てる方は、その選択は間違ってない、キムジョンソについてほしい・・と思う反面、そっちについたら殺される!!とか思うし、どうしてよいやら。。

冒頭のコメディタッチはどこへやら。
最後は虚しくて哀しい結末でした。
でも、せめてネギョンとペンポンが死ななくてよかった。
最後にネギョンは言います。
「人の顔だけを見て時代を読めなかった。波を見て風を見なかった。波を起こすのは風なのに」
と。
結局、人の運命に顔の相は重大ではないと言いたかったのかなと。
人の運勢は占いや手相観相ではわからない・・・ってこと。

その結論に納得したけど、顔曲がりが、死後に墓を掘り起こされてまで首をはねられたと聞いて、やっぱり溜飲が下がったのでした。
ほら見ろ、ネギョンの予見が当たった!と。

reoさんありがとうございました!

23:01 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(7)

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/02(月) 11:14:46 |

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/03(火) 15:33:27 |

short

taoさん、コメントありがとうございます。
イケメン、シヌさんのカッコよさを見てください(笑)
「花と剣」は、やっぱりそうですか。
あんまり食指が動きません。
私も日本のドラマ、見ないんですよ~。
ごくごくたまには見ますけど。

2015/03/03(火) 18:27:14 | URL

ラム

ねーさん、こんばんは
レビュー拝読しました。
歴史上の大事件って、結果はわかっているけどハラハラするよね。
特に韓国は歴史よりドラマを重視するから、作品によって違いがあるからその分、楽しみがあるというか。史実を重視し、ドラマはニの次の日本とは違うよね。

私もネギョンがスヤンについていたらと、上辺だけでも上手くやっていたらと思ったよ。
あれだけの悪相だもん。
ああ、息子まで・・ラストは悲劇だったよね。
上手く免れたと思ったら、そうはいかなかった。ホント、最初のコミカルな演技はどこへやら・・悲しいわ。

観相師の関連で「インス大妃」観始めました。
スヤンが王になることを直感し、息子に嫁いだ野望の娘の物語。まだ観始めたばかりで面白さはわからないけど^^
朝は「善徳女王」、その後は「インス」と韓流ドラマの毎日ですわ^^

2015/06/05(金) 20:17:40 | URL

short

ラムちゃん、いらっしゃい~(^o^)丿
コメントありがとう!

ガンちゃんの存在感はさすがだったけど
イ・ジョンジェの悪相も、すさまじかったねぇ。
怖気が襲うとはこのことかと思いました(^-^;

まったく、どうしてそんなにハラハラしないといけないのか、結果は分かってるのにね。
韓国ドラマは見せ方が上手だよね~~。
日本のドラマも最近は史実に忠実とばかりも言えない作品も多いけどね。
(見てないくせに言う・・)

インス大妃・・とな?
面白いのかな?
歴史ものは長いのが多いから(^-^;
なかなか手を付けにくいのよねぇ。
面白かったらおススメしてね!
感想楽しみにしているよん。
面白いといいね(●^o^●)

私は
テレビでホジュンが(昔のやつね)
始まったので、見て見ようかと思ってるの。

「宮廷残酷史」と「ホジュン」
歴史ドラマは私も二つ観てるよ。
お互い韓流漬けの日々を楽しもうねー♪

2015/06/07(日) 23:15:58 | URL

ラム

ねーさん、ここにもおじゃまします。
「宮廷残酷史」これ面白そう
えーと、メモメモ~φ(^∇^ )
いつも情報ありがと

私も日本のドラマは再放送の「あまちゃん」以外、ご無沙汰しているよ。
久しぶりに昨日ドラマを観たけど、脚本が悪いのか、盛り上がりがなく途中で寝てしまいました^^;

2015/06/09(火) 13:31:56 | URL

short

ラムちゃん、お返事がとってもおくれてごめんね!!(^-^;

宮廷残酷史
タイトルだけでもそそるでしょ。
やっぱりラムちゃんとはお仲間だわ~♪
(>^_^)><(^o^<)

ヒロインがかなり・・・もごもご・・

あんまりいうとネタばらしになってしまうからね。

悪女としては、ミシルの右に出るものはいないのかなって言う感じです。
機会があったら見て見てね。

2015/06/16(火) 00:55:05 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL