fc2ブログ
  • « 2024⁄05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

鑑賞中「ありがとうございます」

ありがとうございます DVD-BOX I
ありがとうございます DVD-BOX Iイ・ギョンヒ

エスピーオー 2008-03-05
売り上げランキング : 41083


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



チャン・ヒョクさんの「ありがとうございます」を見ています。
6話まで見ました。いや、そのあと7話も少しだけ見ました。
ようやく、ちょっと胸きゅんと、してきたところです。

傲慢で尊大な新進気鋭の医者が、自分の恋人にガンで死なれてしまい、自暴自棄の末に医者をやめ、親の紹介で(←だったかなぁ。このへん、なんだか睡魔に襲われてしまいちゃんと見ていられませんでした)田舎の島にやってきて、そこで出会った母娘と・・・・という話見たいです。

ヒョク演じるミン・ギソはとってもカッコいいんだけど、最初のうちはちょっと(いや。かなり?)嫌な奴です。
人でなしです。
最低の男・・って感じ。
オジュン(プランダン)も冒頭は人でなしのクズ男だったけど、こちらギソはともかく傲慢。
物語もどうも設定からして受け入れられないと感じる部分が多々あり、ヒョクが演じてなかったらおそらく見ないと思いました。

共演は「火山高」でも共演したコン・ヒョジン。
彼女、「ガン&トークス」の彼女ですね。「火山高」のときは気づきませんでしたが。
第2の男ソクヒョンはシン・ソンロクさん。はじめてお目にかかります。
認知症のハラボジは「オレスキ」のギュウォンのハラボジですね。
あと、「根の深い木」でも共演してたキム・ギバンなど。。。。



以下、ネタバレで6話までの感想です。




そもそも、ギソの恋人は
「自分のミスで子供にHIVを感染させてしまった。でも自分はがんで死ぬから謝る時間がない。代わりに謝ってちょうだい。ずっと後悔して苦しんでいたと伝えて」
と言い残して死んでいくんだけど、その時点でかなりの違和感が・・・。

ミスでHIVに感染させたって・・それはないでしょうという憤り。
自分は患者に謝罪せず(それまでも時間はあった)保障もせず、恋人に責任を押し付けて死んでいくのかと。
そもそも、謝ってすむ話ではないでしょうに・・(^-^;

くだんの子どもの母親がヒロインですが。
彼女、お人好しすぎて多少イライラさせられますが、すごく健気なんですよ。
結婚せず、ひとりで子どもイ・ボムを育ててます。
そのうえおじいさんが認知症。
昼間は干潟でタコを捕ったり、ミカン畑のみかんを売ったりしています。
生きることに精いっぱいという感じの毎日です。

なんかねぇ
この彼女、気の毒すぎるんです。

どうやら子どもの父親は高校時代の憧れの彼、ソクヒョンらしいんだけど、子どもを産んだ成り行きというのがひどい。

ソクヒョンは入隊前、友達との「賭け」でヨンシンを「押し倒す」と言い、その通りにしたらしいのです。
おそらく、ソクヒョンは実際にはヨンシンが好きだったと思うのだけど・・。
でも、(おそらく)日記を盗み読みするというのも許せないし、
その内容を友達に暴露するというのも許せないし、
ヨンシンの気持ちを友達同士の間で「賭け」に使うというのも(たとえ口だけだったとしても)絶対に許せません。
きっとソクヒョンはそうすることで自分に勢いをつけて、ヨンシンに自分の気持ちを伝えたかったのかな?
とは思うけど、それにしても許せない行為の数々。
こんな男を好きになったヨンシンが気の毒です。
というか、私はこの男に好感を持てません。

またこの母親がひどいですね。
韓国ドラマではありがちな母親像かなと思うのですが、自分の立場や子供の立場を優先するあまり、あまりにも身勝手。
ヨンシンがいては、ソクヒョンが迷うからという理由で、どこかに引っ越せだの結婚しろだの・・。
ヨンシンの子どものボムに対しても、暴言の数々。
たった8歳の子どもにたいして大人気ないことこの上ない。
一番むかついたのは「お前の本当のお父さんは、お前に似て大きな顔の不細工な男で、遠くの町で海の事故で死んだ」とかなんとか、嘘八百言うところです。
ひどすぎますよね???

で、おまけに愛するヒョク演じるギソまでが、ヨンシンに対する暴言がひどい!!(>_<)
男好きとか変態とか男漁りとか・・・
何かしてもらってもお礼を言うどころか文句ばっかり。
カッコいいんだけど、それはないよーーー!!
ヨンシンがあまりに可哀想です。

まぁ7話の最初のほうで、だんだんと、それが変わってくるのですけど。
これからももっと変わっていくと思うのですけども!!(そうじゃなかったら困るよね)

そんな風に、あまりにも受け入れられない設定の数々で、見るのをメゲてもおかしくありませんでしたが・・・。
唯一の慰めは、島の人々がシングルマザーのヨンシンに優しいこと。
民宿のおばさんなんかは、ヨンシンのためにソクヒョン母に怒ってくれたり。
でも、怒りつつもヨンシンに対しては「ソクヒョン母を悪く思わないでね」とかばったりして、島民の人の好さに和みました。


6話の最後で、成り行き上だけど、ギソはついヨンシンにキスしてしまいます。
で、7話の翌日には、それをどうヨンシンに言い訳しようか悩んでるんだけど、そのあたりでようやく、人間臭さが出てくるというか、愛嬌が出てくるというか、そんな感じです。
ヨンシンを陰から見てると、唇に手を当ててキスのことを思い出している様子。
それを見て、ギソはちょっとにんまりします。かわいい(笑)
でも、ヨンシンはうっとりと思い返しているわけではなくて、直後に唇を石鹸で洗うんですよ。
それをみてガッカリなギソ。
この辺爆笑でした(*^-^*)
そのあとも、マスクをしたヨンシンに際まで顔を近づけて「またキスするぞ」と脅したりするあたりで、トキメキが!!!

これ、ひょっとしてツンデレありですか。。。。どきどき。

文句ばっかり言ったけど、今後の展開に大いに期待しています!!

さて、ヒョクのカッコいい写真を少しだけペタペタ。
といっても、最初のほうはあんまり萌えを感じず・・。
3_201405051320502f2.jpg
しかし、だんだんと
「はぁ~~~💛
やっぱりかっこいいなあ~~~💛💛💛」ってなってきます💛
5_2014050513250300e.jpg
見よこの逆三角形、お見事!!!
1.jpg
そしてこの腹筋!!!
こんな医者いないよねー(笑)
2_20140505132053b01.jpg



追記 完走した感想はこちらです。辛口だよー。ミアネヨー。
14:36 : [ドラマタイトル]ありがとうございますトラックバック(0)  コメント(6)

short

紅子さん いらっしゃいませ!コメントありがとうございます(^^)/

ありがとうとございます、ご覧になってるんですね。さすが~!
コン・ヒョジンって個性的ですね。
私はドラマでは今回初めて見ましたね。
どれも見事に見てないですねぇ。
「最高の愛」は見るつもりですよ!泣けるんだ。。期待大!(^o^)丿

そう、私、女優さんには驚くほど興味ないですね(笑)
このドラマ、何が悪いって「萌え」が少ないのです。
ヨンシンの気持ちが見えない・・というか、ギソに向いてない気がして。
だから胸キュンが感じられず。。

キスシーンはよかったけど(^-^;

残り1話まで来たけど、結局ヒョクは振られるのでは??
(言わないで!!)

続きが見たいけどテレビを娘にとられてて。
明日しか、続き見られないかもです。。。

2014/05/07(水) 21:53:08 | URL

紅子

うわぁ、これ かなり前に見たなぁ。コン・ヒョジンが 気に入って「乾パン先生とこんぺいとう」「サンドゥ、学校へ行こう」「パスタ」「最高の愛」見たわぁ。この中ではパスタが好きだけど、それ以外は泣ける話だったなぁ。shortさんは、女優さんは追っかけないもんね。だったら、もう一つかな。

2014/05/07(水) 20:27:09 | URL

short

ミズカリさん、たくさんのコメントありがとう!
私も長くなりますよ!

今日は早速ありがとうございますの続きを見てました!
ひょっとして、ひょっとして、第二の男はヒョギのほうなのでしょうか。(言わないでっ!)
あのソクヒョンってやつは8年間もヨンシンを放ったらかしておいて、いまさらヨンシンとボムと・・・???
心がほっこりするようなラストにはならないのかなぁ・・。
言わないでね。どんどんハマっています。

「天国への郵便配達人」のご紹介ありがとうございます。
キャスト見たら、トンイと、ボムのハラボジも出てますね。コーヒープリンス1号店の店長も。
2時間なら借りてきますよ(^o^)丿
東方神起は私、あんまり知らなくて。
ジェジュンってひとも顔は知ってるけど・・って程度です。ユチョンだけは成均館を見ましたが。

「ボスを守れ」の、ヒロイン、チェ・ガンヒですかね。「ありがとうございます」でも、ヒョギの彼女にしては・・って感じですよね。ファービーとかメガネザルっぽいんですよ。言っちゃ悪いけど、「ありがとうございます」の女優さんたちは絶世の美女系は皆無ですね・・・(^-^;
チェ・ガンヒはウォンビンにハマったとき見たドラマで共演していました。でも、その時はまだ若かったから良かったけど、今はもうヒロインって感じのポジションはちょっと・・・(わわわ。ごめんなさい!!)

韓国ドラマでは、結構なおばさん(60歳とか50歳でも)ミニスカハイヒールですよね。スタイルが良いからいいけど・・。

さて、ソヨン

そうなのーーーー。
サンウ、酷いでしょう。
ミギョンとサンウの板挟みでホジョンが可哀想で可哀想で。
これからはホジョンに対する見方も変わっていくと思いますよ。
後半も面白いと思うので楽しんでください!

ミズカリさん
>ジェジュンも、ヒョンビンも、ミノ君も、ウォンビンも↓

メンクイですね(笑)
ミノくんとビンくんは似てると思うの。
私もハマったけど、いまはヒョギ一筋かしら(笑)
あ、この人イケメンだな~好きなタイプ♪
って思う人は多々いますが。
今は・・・ね。

でも、ほんと、韓国のナムジャはガタイがいいですよねー。
眼福ごっつぁんです(●^o^●)

2014/05/07(水) 11:57:20 | URL

ミズカリ

おはようございま〜す。

ゴールデンウィーク、終わったね♥。
連休中は、テレビ権を取得できず、やっと夕べの夜中、『ソヨン』を観たの〜BS11は通常番組だったから録画しておいたのね。

今、何話?26話くらいかな?
今まで、うっとおしいな〜ホジョン…って思ってたけど、なんか、可哀想になってきた。
っつーか、サンウ、酷い!酷すぎる!
ミギョンと別れる為にホジョンに結婚、申し込んでた〜!!ありえない!!

『ありがとうございます』も、これから波乱が…。
ハラボジ、ボケちゃってるからしかたないけど…。
チョコパイ、もう、いい加減にして!ってくらいまだまだ出てくるヨン♪

そいえば、別の方のコメにでてきた『ボスを守れ』、ジェジュン♥が出てるドラマだよね。

ジェジュンは三角関係のユル君的存在なんだけど、ヒロイン役の女優さん、『ありがとうございます』のギソの死んだ彼女役の女優さんだ!よね。
『ボスを〜』ではそのヒロインの女優さんが私的にダメで、(若いのか年とってるのか判らん、ミニスカ、ハイヒールで。)最終回まであと、3話を残してギブだった〜。

内容はおもしろいんだけど、ジェジュンの使い方が間違ってるわ!あの女にふられるなんて!

『天国への郵便配達人』ってドラマ、観た?北川 悦吏子が脚本のドラマ。韓国ドラマの中では〈私のベスト1〉なんだよね〜。
役名もジェジュンだったんだけど、私、当時、東方神起って知らなくて、友達に追っかけがいたのにね〜。その子にそのドラマ紹介したら、私がいるのになんでジェジュンを知らない??って笑われた♪。
ジェジュンはあのドラマで十分。『Dr.Jin』とか出てるんだよね。もう、いいよ〜ドラマ、出ないで。
まあ、ドラマ出てくれないと、お姿拝見できませんわね〜。ショック!

私も、今はヒョギ〜♥とか言ってますが、
ジェジュンも、ヒョンビンも、ミノ君も、ウォンビンも↓
http://matome.naver.jp/odai/2126689349742341901

まだまだ大好き♥

『天国への郵便配達人』まだ観てなかったら、観て欲しいわ♥2時間ドラマだから。

久しぶりの一人時間で、長くなってごめんよ〜。

2014/05/07(水) 09:16:07 | URL

short

ミズカリさん、いらっしゃーい(^o^)丿
コメントありがとうございます!!

いま、8話まで見ました。
ハマってきました!
早く続きが見たいです。GW早く終われー!!
(と言っても他のドラマも見ちゃったけど)

8話の終わりではあの母子が島を出るということを、後輩医師に聞いて衝撃を受けるギソ。。です。
今までで一番続きが気になる終わり方ですね。

それにしても、どうしてこう、長身の人とばかり共演なのでしょう(しつこい!?)
ソッキョン・・でかい・・・(^-^;

チョコパイ、いっぱい出てきます(笑)

ボムとハルモニ、よく似てる~~(笑)
ほくろは作り物ですよね?
でも顔の感じが似てるわ。

16話しかないのねー、これ。
じっくり見たいけど、一気に見ちゃいそうです(^-^;
ヒョギ、かっこいいよう~~💛

2014/05/06(火) 23:00:11 | URL

ミズカリ

ど〜も〜。
ミズカリです♪

回を重ねるごとに、ギソは、ヨンシンの事、放っておけなくなっちゃう…。なぜか助けてしまう…。
ヨンシンをおばさん呼ばわりしてる酷い奴なのに…。その辺から、だんだん心がホカホカしてくるって感じかなあ?

それにしても、ボムと、ソクヒョン母、似ていて笑えませんか〜?
ほくろの場所が…。

2014/05/05(月) 20:36:57 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL