FC2ブログ
  • « 2019⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

感想「イルジメ(一枝梅)」

B003YGMLG8イルジメ〔一枝梅〕 ディレクターズ・エディション 全話収録BOX [DVD]
ポニーキャニオン 2010-12-02

by G-Tools


イルジメ、レンタルで見ました。
評判通りとても面白かったです!!

とはいえ、実は前半は主人公ヨンのキャラがおバカキャラだし(おバカキャラはあんまり好きじゃないのです。ペクドンスも最初のほうが嫌いだった)、下品な下ネタも満載だし、思ったよりもコメディ要素が大きくて・・・
あれれー、こんなので評判がいいのかなと、不思議だったのですが・・。

見ていくうちに右肩上がりに面白くなってきました。
最後はもうやめられない止まらないの一気!!

キャラたちが実にいいです。
みんなそれぞれにとても魅力的だし、アクションがまた最高!!

イ・ジュンギくんはスタントなしでこのアクションをこなしたという話を聞きましたが、すばらしくカッコよかったです!!
そして、パク・シフさん。そんなに好きじゃないけど、カッコいい人だなとは思ってたけど、今回は今までにも増してカッコよかったです。
そしてそして、それにも増して素晴らしかったのが、イ・ムンシクさん。
このドラマはムンシクしのためにあると言っても過言ではないほど、素晴らしい存在感でした。
血のつながりのない二人の息子に惜しみない愛情を降り注ぎ、自分に振り向かない冷たい妻タンを愛し、貞淑(と言っていいのか?)を守ってる、その姿に何度も目頭が熱くなりました。
このドラマのために歯も抜いたらしく・・・。
役者魂をこめただけあり、ムンシクしの代表作品と言えるのかもしれません。



ストーリーもすごく良くできてたと思います。
人間関係が複雑に絡まっていて、



主人公のヨン。もとコソ泥・セドルの一人息子です。
実はギョムというのが本当の名前で、両班の息子でした。
父親のイ・ウォノは現国王の功臣ですが、反逆者の濡れ衣を着せられて殺害されます。
殺害の実行犯は大監ピョンシク。
父親が殺されるのを目の当たりにしてしまったギョムは、ショックで記憶を失います。
そんなギョムを助け出し、ヨンと名前を変えて育てたのが、セドルだったのです。

セドルは自分の息子チャドルと一緒に、ピョンシクに命令されて、イ・ウォノの濡れ衣の証拠をねつ造しました。

ピョンシクはイ・ウォノ殺害の後、すべてを知るセドル親子を殺そうとしたのですが、セドルの妻タンがふたりの命乞いにやってきます。
そのときピョンシクは、タンがかつて自分が見初め一夜を共にしたイ・ウォノ宅の使用人だったことを思い出します。
タンは、ピョンシクが今殺そうとしているのは、そのときに出来たピョンシクの子どもだと言います。
自分の子どもと知り、セドル親子を殺すことをやめ、チャドルを引き取るピョンシク。
チャドルは泣きながらピョンシクの家に行くのでした。

しかし、実はチャドルはピョンシクの子どもではなく、当時のタンの主人・イ・ウォノの子どもだったのです。

セドルチャドルのねつ造証拠によって反逆者として殺されたイ・ウォノ。
チャドルは自分の父親の非業の死に、一役買ってしまったのです。

セドルの愛情をいっぱいに受け成長したヨンは、やがて記憶を取り戻し、自分の父親イ・ウォノを殺した犯人を追及すべく、義賊イルジメとなります。
一方シフ(チャドルのピョン宅での名前)は羅将(ナジャン)となって、世間を騒がせる盗賊イルジメを捕まえようとするのです。

そして反体制側の重臣たちは、イウォノの息子が生きていると知り、謀反のシンボルにしようとギョムを探すのでした。



この人物相関がこのストーリーの大きな魅力です。
敵対するイルジメのヨンと、羅将となったシフ(チャドル)は、血を分けた兄弟であり、計らずもセドルを父として育った兄弟でもあります。
兄弟同士で闘わねばならない。。。二人は兄弟だと本当のことを教えてやりたい、もどかしい気持ちになりました。

しかし、二人の因縁はそれだけではありません。


以下ネタバレの感想で↓


シフは自分の父親を、そうとは知らずに死に導く一端を背負ったわけだけど、姉(ウォノの娘ヨニ)の死にも一役買ってしまいました。
もちろん、死なせるつもりはなかったんだけど。
この辺の悪縁、脚本がすごいなーと思ってしまった。


ヨンがギョムとして記憶を取り戻してからが、断然面白いです。
目が離せなくって一気に見てしまいました。

セドルの死は悲しかった・・。
大泣きしてしまった。
その直前、タンと結婚式を挙げ、タンがセドルを受け入れ、さぁこれから幸せに・・という矢先だったので・・・この幸せは死亡フラグであろうと嫌な予感・・・それが当たってしまい呆然としました。



でも、私はね。
いちばん心に残ったのがシフなのです。
可哀想で可哀想で、切なくなりました。

ピョンシクの家にやらされたときだって、本人は何のことかわからないでしょ。嘘を言って助かった命、でも、そんなことわからないから、ただ両親を恨みがましく思いますよね。
またピョンシクの家の嫡男シワンが嫌な男でしたねぇ・・。
よくぞこんなに小憎らしい人物になったと思うぐらい。
でも考えたら、あとからやってきた腹違いの弟は、見目麗しいうえに文武両道才に満ちて言うことなしの男、もともと悪い性格が嫉妬にくるって余計にねじくれちゃったんでしょうなぁ。
哀れと言えば哀れです。
(でも、シワンはその後、ヨンを子分にしてからヨンには本当に優しかったので、憎めなくなってしまったわ。)

で、苛めに苛め抜かれたピョンシクの家での生活。
どんなに頑張っても、母が両班ではないから出世できないと知り、結局自分の姉をポドチョンに差し出し手柄を立てようとするも、その手柄はシワンが横取りするし。

貧しくともセドルの家で暮らしていた時が幸せだった・・・と思って、実家の様子を窺えば、バカみたいなヨンがいて幸せそうにしている。自分がヨンであったはずなのに。。。
今の孤独な暮らしを思うと(ウンチェはひいきしてくれるけどね)胸が張り裂けます。

父親に関しても、最初はセドルだと思っていたのに実はピョンシクだといい、いや実はやっぱりセドルなのだといい・・この時も混乱するよねぇ。なんでわが子を、嘘偽ってまで両班家庭に入れたのか・・・自分が本当にピョンシクの子どもなら仕方がないけど、実は違ったなんて。今までの苦労は何だったのかとやり切れないでしょう。

で、やっぱり本当はセドルでもなく、反逆者の子どもだというし。
ヨンとは兄弟だから憎むな争うな・・なんて言われても。
いまさら何を言う?と。
嘘を言ったほうも、仕方がなくついた嘘ではあるけど、あまりにも酷ではありませんか。

セドルはヨンをかばうためにイルジメの真似をして、つかまってしまうんだけど、捕まえたのはシフ。
セドルにしたら、少しでもシフの手柄になるかと思ってわざと捕まったんだけど、シフの気持ちはどうだったでしょうかね。自分が捕まえて、結局そのままセドルは死んでしまう。
セドルは命を懸けてイルジメのヨンをかばったなんて、もう一人の息子が見たらやっぱり悲しいですよ。
それに・・・
実の父親、姉、育ての父親・・・なんとなんと3人とも、シフがその死を誘導してしまった。

あまりにも悲しい宿命のシフ。
可哀想で可哀想でたまりません。

ウンチェの指を切り落とすと見せかけて、自分の指を切ってしまったあたりも、その心中に渦巻くカオスのような愛憎が見える気がして、とても悲しかった。
ウンチェがその指をそっと懐にしのばせたときは、シフの気持ちがほんの少し報われた気がしました。

自分がイ・ウォノの息子だと分かり、イルジメがヨンだと知り、イルジメの行動の理由が分かったとき、シフはヨンに味方をします。
ここがたまらん好き!!
物語中で一番好きかも。。。。

やっと、やっとシフにぐちゃぐちゃに絡みついた悪縁が解けた気がして。
この場面を見るために長い物語があるように思います。

演じたパクシフに拍手です。

ラストに関しては、私も第1話を見直しました。
なるほど・・・です。
友達に囲まれたイルジメがいました。よかったー・・・。


さて、評価は、前半の下品さがどうにも嫌で減点したいところだけど、それを相殺して上回る感動があったので、★★★★★です!!
物語の出来栄えとしては「チュノ」や「信義」を上回ると思います。
素晴らしかった。見てよかったです!!


では、好きなシーンなどペタペタ。


ここ、泣けた!!!!(/_;)
m1
m2


大好きなシーン。ぞくぞくしました。
p4
t1


シフ。。。パク・シフと奇遇にも同じ名前なんですね。
カッコいいね!
p6
p5
p3
p2
p1


イ・ジュンギくん。カッコいいイルジメ姿!!
j4
アクション最高!
j3
シフ派なので、ちょっと二人の恋にビミョーな気持ち(^-^;
j2
細い釣り目が兄弟のリアリティを高めているよね。
j1


脇役では、王様の懐刀のサチョン(キム・レハ)、冷酷だけどなんか憎めないぞと思ったら、「王女の男」でも共演してたひとですね。あの時の印象が強いので憎めなかったんだな(^-^;

王様があまりにも救いようのない馬鹿王で、悪役らしくてよかったわ(笑)
このひと、なんとコーヒープリンス1号店の店長だったのねえ!!わからなかった。びっくり。さすが役者!!

ポンスン(イ・ヨンア)がねぇ・・・なんか変顔ばっかりしてて、好きじゃなかったなぁ。もうちょっと可愛い子がよかったな。と思ったら本当は可愛い人なのね(^-^;変顔はちょっとやり過ぎだと思うな。

ヨンたちの母キム・ソンリョンは美しい人ですよね。「チャミョンゴ」では王族だったのできらびやかでもう一つ美しかったけど、賤民の姿でも美しい。愛しのタン・・・(涙)

善徳女王のチルスクだったコンガル(アン・ギルガン)おじさんだけどアクションがいいですね。
最後はきっとポンスンに許してもらった・・・と思いたい。

靴屋の息子、ドレッドヘアみたいなフンギョン(キム・ヒョンソン)結構好き。落ち着いて頼りがいのある良いキャラだった。

ヒマ組の総長は、ヨニの美しい高潔な心に触れて変化しますね。あの流れも好き!

シフのことばっかり書いて、イルジメのことはあんまり書いてないけど(^-^;
一言だけ言うと、
殺さずの剣、活人剣・・・殺さずを貫いたのが素晴らしいですね。
るろうに剣心の逆刃刀みたい。
いろいろ見てきたけど、主人公や主要登場人物が死んでしまう物語が多い中、このラストは本当に良かったわ。
セドルアボジも生きてたら・・・・・(涙)。
でも、あれがあったからこそ、心に残るドラマになったともいえる・・・。





11:35 : [ドラマタイトル]イルジメトラックバック(0)  コメント(4)

あさみ

多々復讐劇を見てきましたが、復讐心だけでなく、家族や仲間の温かさも味わえる稀な作品だと思います。ほんと最初とのギャップは大きいです。まぁその対比があってこそ面白いということで。名子役の二人「太陽を抱く月」と同じカップルでしょ。ヨジング君の出る作品は大体みんないい。イジュンギの身長だけど、高くないよ。プロフィールには、178センチ63キロとあるから、チャンヒョクと同じくらい。韓国の俳優は、皆背が高いよね~今「マイダス」6話でストップ。準新作半額につられて「応答せよ1997」を借りて見てるよ~父ちゃんのソンドンイルやっぱいい味だしてるわ~チュノのチョンジホ役が一番良かったけど。

2014/05/03(土) 10:35:22 | URL

short

あさみさん、コメントありがとう(*^-^*)
ほんとそうですね。復讐っていうと相手が死ぬまで。。。っていうことが多いけど、これはそうじゃなくって、はらはらというよりも愛情がいっぱいつまった物語でした。
ヨ・ジングくんは本当にあっちにもこっちにも出てるよね。
また君か!!と思うことしばしば。でもいい演技しますよね。

ジュンギくん、ウンチェと並んでも背が高かったし・・・
ヒョクは申告よりも低そうなので(^-^;
韓国の俳優さんは本当に長身が多い!

あ、1997見ますか?
ソンドンイルがお気に入りとのことで、おススメしようかなと思ったけど、吹き替えないのでは?
だから言いませんでした。
お父さん、いい味だけど、怒鳴ってばかりでちょっとゲンナリしたかも(笑)
お母さんもイルジメに出てたね。
私のほうは「ありがとうございます」の2話まで見ました。
たしかにテンポが悪い感じかな。
でも、画面にヒョクさんが映れば満足です(笑)

2014/05/03(土) 20:40:10 | URL

kigi

イルジメ、ご覧になったんですね。

そうそう、前半では私も挫折しそうでした。
以前のコミュ友はみんな途中で投げ出してて、
だから私もなかなか見る気にならなかったんだけど、見たら面白かった。
香港映画みたいなお気楽アクションも好きなのよ。

私はあんまりシフ目線で見たことなかったから考えなかったけど、
そう言われれば、かわいそうな運命ですね。
実の母親までヨンに取られたようなものだし。
そういえばシフがヨンの実母に甘えるようなシーンもありましたね。
なにかの伏線かと思ったら、そうでもなかったけど。

あと、あの覆面なら同一人物ってバレるだろうと思った私…
ウンチェ、恋してるわりに鈍感よね(笑)

そういえばBSでファントム始まりましたね。
見てますか?

2014/05/08(木) 16:36:25 | URL

short

kigiさん、いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます!


ファントムの件ではご連絡せねば・・と思っていました。
その節はご親切にありがとうございます。
そうなんです。
BSで始まったのを録画しています。
だから、私のほうでBSで見ますね!
ありがとうございました(●^o^●)

今日は1話と2話の途中まで見ました。
ハデスが誰かを探る話かなと思ったら、あっという間に正体が割れました。
(あの新聞記者は森本レオに似ていました。)
ファントムというファイルを探す物語ですかね。
あ、いま、キャストを見たら、ネタバレしていました。(^^;ソ・ジソプの役のことです。
ショック。

イルジメ、
私はどっぷりとシフ目線だったので、気楽じゃなかったんですよ(笑)
切ない系アクションです(笑)
そうそう、実母、結構ヨンに厳しかったけど、愛してましたもんね。
ウンチェもとられて(でもウンチェのことは長い間血のつながった妹と思ってたはずだけど)


覆面のイルジメ、・・・
ですよねーーー。
あんな間近で。
背格好や声や目
あの特徴的な目を見てわからないなんて、鈍感にもほどがありますね(笑)

2014/05/08(木) 18:37:59 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL