FC2ブログ
  • « 2019⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

映画感想「悪いやつら」

B00G244F6S悪いやつら [DVD]
ファインフィルムズ 2014-01-07

by G-Tools




あ、これは釜山なまり。。って思うようになった。怖い。。(笑)


「オールドボーイ」のチェ・ミンシクしと「依頼人」のハ・ジョンウしの「悪いやつら」
そこそこ面白かったけど、可もなく不可もなく★★★っていう感じかな。
キャラは面白かったし、役者さんたちもハマってて、見ごたえはあったと思うけど、ヤクザ映画の割に派手な闘争シーンとかが少ないので、地味に感じるかもしれない。
どっちかというと頭脳プレーですね。

チェ・ミンシク演じるチェ・イクヒョンは、税関をクビになってしまい、遠縁のチェ・ヒョンベがヤクザの親分であることから、ヒョンベに取り入り、自分はヤクザでもないのにヤクザ界でのし上がっていく物語。
最初はお金もないし、ちからもないし、けど、なんだか妙に人脈が広く、人脈と知恵でのし上がっていくんです。
その点は面白かったですね。

とくに、日本人にはわからないんだけど、一族の血のつながりが強固らしく・・。
10親等の親戚でも大事にして、大叔父と呼んだりして、ぞんざいにしない。
韓国は上下の関係がすごく明確。
言葉や呼び方なんかも、すっごく気を付けないといけないみたいですね。
イクヒョンは由緒正しい血族のひとりで、家系図を大事にしていて、命より大事な電話帳には様々な人脈が書かれてるらしい。日本人だとピンとこないですね。
で、その人脈が、警察であれ検事局であれ、正義よりもモノをいうんだから、法律よりも血縁!みたいな。。酷いものだなぁと思った。




ネタバレ

ラスト、結局ヒョンベを警察に売って自分が助かったイクヒョン。
ヒョンベに言われたようにヤクザ界から離れるなんてことはせずに、その後も、そのまま居座ったようですね。
結局清廉なイメージのあった検事ボムスムもイクヒョンの手中に落ちてたのか・・と笑ってしまった。

12年後だけど、おそらく最後のシーンはヒョンベの視線で、出所してあのパーティーにもぐりこんだっていうことでしょうか。そしておそらく、あの「大叔父」という呼びかけの後、ブスリと。

やると思うなぁ。

私がヒョンベでもあれは腹が立つと思うもん。
悔しくて悔しくて。懲役14年とか15年とか科されたけど、早く出て早く復讐したくて、刑務所では模範囚として出所が早まったんじゃないかな・・・・と、勝手な解釈。
そのあと、もう一度服役してもいいから、イクヒョンを刺したかった。
私はそう思うんですけどね。
16:45 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(2)

紅子

なんか すごい勢いですね。
私は 現在、『ローズマリー』韓国ドラマの小説版。読書中。

2014/04/30(水) 14:02:36 | URL

short

紅子さん 

ぼちぼち見てて感想溜めてたのです・・・(^-^;
でもガンガン見てますねぇ我ながら。

ローズマリー、知らない作品です。
泣けそうな作品ですね。

2014/04/30(水) 16:46:11 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL