FC2ブログ
  • « 2019⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

チュノ廃人

ともすれば

いろんなシーンが頭の中によみがえり

涙がふっとあふれますです(^-^;








ネタバレです

昨日の感想にも書いたんだけどね、敢えてまた書くとね(^-^;
くどくてごめんよ(^-^;

オンニョナ・・
オンニョナ・・・
聞こえるか?

幸せになるんだぞ

お前の夫、
そしてお前の息子と一緒に・・


時が流れて
もう一度会えたら
どんな人生だったか聞かせてくれ


俺のオンニョンナ
俺の

愛する人よ


という心の声。。。
思い出しては泣けてきます(^-^;



オンニョンが、瀕死のテハと石堅坊やを抱えるように、逃げ出す時に

「若様、また今度も若様を置いていかなくてはなりません。。。

私を許さないでください・・・」

と涙ながらに去って行ったシーン。


ソルファがやってきて、ソルファの膝の上で命を終えたテギル。

どれもこれもふっと思い浮かんでは涙を誘います。

廃人になってる暇はないのですが
廃人になっています(^-^;


「シンイ」も廃人になったけど、シンイはハッピーエンドだったものね。
でも、チュノは、本当に悲劇。
悲劇は苦手だけども、心を掴まれるのは悲劇です。
悲しい最後だからこそ、心に残るのです。

「根の深い木」でも命を賭して使命を全うしたヒョギ。
あまりにも最期の姿が似通っていませんか。





19:48 : [ドラマタイトル]推奴 チュノトラックバック(0)  コメント(2)

ラム

ねーさん、
廃人とは、チュノロスですかい?
本当に悲劇の最後だったよね。

テギルのセリフ。
何度、聞いても(呼んでも)泣ける。

一途に彼女を愛したのに、
運命のいたずらなのか、
他の男のもっていかれて、
愛する人のために身を挺して・・

彼女に惚れなければ、一生、両班のおぼっちゃんで一生終わっていたのかなと思うと悲しい。

2014/04/05(土) 19:09:23 | URL

short

ラムちゃん、こっちにもコメント
ありがとう(*^-^*)

テギルのオンニョンへの愛情
オンニョンに贈る言葉
涙を誘いますなぁ~・・・

そうね。
別の人生もあったかもしれない。
テギルにとってはそのほうが幸せだったのかな。
ううん
そんな風に思えない。

これがテギルの熱く短い人生
愛に生きた人生と思えば
あのまま両班のおぼっちゃまでいるよりも
ある意味
幸せだったのでは
と思います。

2014/04/06(日) 23:47:37 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL