fc2ブログ
  • « 2024⁄05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

中国ドラマ「天地に問う」

「天地に問う~Under the Microscope~」

出演
チャン・ルオユン
ワン・ヤン
ウー・ガン
フェイ・チーミン
チー・ウェイ

スタッフ
監督
パン・アンズ
脚本・原作
マー・ボーヨン

「風起洛陽~」「長安二十四時」の原作者による小説を映像化!賦税の不正を見つけたことを契機により大きな陰謀に巻き込まれていく予測不可能なサスペンス時代劇!

けっこう期待して見始めたのだけど、なかなか盛り上がってこない。
算術バカという異名?の主人公が、算術を駆使して不正を暴くのだと思っていたけれども、社会性がないためか?算術の異能?があまり役に立たない!
友達の人が善人で救われるけれども、よくあれで付き合ってるなぁという感じ。自分に関係ないっちゃないのに巻き込まれて下手したら命を失うかというところまで。この友達がいなかったら主人公はなんにもできなかったと思う。ぶつぶつと言ってるだけでえらいさんたちに無視されたらおわりやん。
だから頼りなかったけれどもこの友達がいてよかった。主人公と社会を結ぶ窓口みたいな存在だった。
敵となる人物が、しだいにその背景がわかってきて、おしまいには味方になるくだりはとてもよかった。
あと、県の役人の人、(ロングシーズンで沈墨の養父役)が何気に面白くていい感じ!最後もなかなかの存在感でした。
中国の役者さんの名前を知らないし、探すのも難儀で…。
この役人の人のお名前発見。
侯岩松 ホウヤンソンって名前だそう。
この人のことが気に入ったなぁ。

スクリーンショット 2024-05-03 124910
12:49 : [中国ドラマ]天地に問うトラックバック(0)  コメント(0)

中国ドラマ「三体」

世界的なベストセラーである原作をドラマ化
それをWOWOWで放送してくれました
原作を読むことはとてもとてもできなかったけど、興味だけはあったので、ドラマ化して喜んでみてみた。
楽しみにしておりました。
しかし、いざ見始めたら…。

む・・・・むずかしいいいぃぃぃ・・・・!!!(´;ω;`)ウゥゥ
わからん。
しかも、
な、ながかった。。

やっとの思いで全部を見た。。。
しんどかった。

最後まで見ても意味がわからんかった。

学者同士の会話が意味不明すぎて頭に入らず、警察の人やら記者のひとやらがいなかったらどうなっていたやら。
見るたびにいつしか寝落ちしてしまい、巻き戻して見直しては、また寝てしまい、また巻き戻しまた寝てまた巻き戻し、をいったい何度繰り返したやら。(それでも最後まで見た私を誰か褒めて。。え?酔狂?😂)

1話は45~6分だけど、それが30話!!
長いよ~
30話目のサブタイトルが、「智子計画」となっていて、
そのタイトルみて「智子って誰?」って。いきなり日本女子??て😂😂

陽子のなんちゃらだそう。
陽子=ようこちゃんじゃないよ~

ようし 原子核を構成する粒子のうち、正の電荷をもつ粒子である。英語名のままプロトンと呼ばれることも多い。



わからないよ~~(´;ω;`)ウゥゥ

とりあえず、ナノ素材のヤバさだけはわかった。
とんでもなく!震えるくらい恐ろしかった。もう実用してる?こわすぎる。。。
面白いって感想多いけどみんな理解できていいなー。
てな感想でごめんしてくだされ。
12:44 : [中国ドラマ]三体トラックバック(0)  コメント(0)