FC2ブログ
  • « 2016⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

感想「いとしのクム・サウォル」ネタバレあり

「いとしのクム・サウォル」を見ました。

と言ってもだいぶん、前です(^-^;
感想書き始めていたんだけど、ちょっとした間違いで全部消えちゃって(^-^;
書き直す気力が湧くほどのドラマじゃなかったのでね~~。

評価 ★★

でも、いちおう書き直します。

前回、半分過ぎまで見たところでも記事を書きました。
それがこちら

このあと、スピーディーさと言う武器が消えまして、けっこう展開が沈滞してグダグダしていました。

って言う前置きからも分かるように、面白くありませんでした。
いや、けっこう面白かったかな。
見ているときは、「そんなアホな」「なんでそうなる?」の連続。

ストーリー展開も無理があり過ぎたし、なによりもキャラたちが魅力がなくて、行動もちぐはぐ。

ドラマとしては全然だめだめなんですが、なんせスピーディーだったし、友達と突っ込みながら見るのも楽しくて、けっこう喜んで見てました(^-^;

無理があるのは
たとえば

これ、脚本が「私はチャンボリ」と同じ脚本家らしく、設定が本当に似ているんです。
「チャンボリ」では、ミンジュン(イ・ユリ)が韓服職人の家に入り込むために、子どもながら子どもとは思えぬ悪知恵を働かせますが、今回の「クムサウォル」でも同じ。
本当の娘の代わりに、ヘサンと言う少女は自分がその家の娘に成りすますのです。
でも、小学校低学年の子どもが、DNA鑑定書を読めますかね。無理があるでしょ?
それを自分なりにごまかして、さも自分が建築家オ・ミノの実の娘のように、オミノに思い込ませるのですが。。。大人でも難しい小細工を子どもができるでしょうかね。無理があります。しかもとっさの判断です。

本当の、オミノの実の娘が主人公クムサウォルですが、こちらは本当の親から冷遇されます。これもチャンボリと同じ。

ここに、クムサウォルではもう一人の登場人物がいまして、ヘサンとサウォルと一緒に施設で育ったオウォルです。

ヘサンとオウォルは同じ日、同じ時間に、同じ施設の、同じ場所に捨てられるのです。
そんな偶然ってありますか??
で、それを見ていたおばあさんによって、二人の赤ちゃんは入れ替えられてしまう。
たんに産着を取り替えるのですが。。。
生まれたばかりの赤ちゃんで酢よ。それが屋外に捨てられてるのです。寒空の下です!
しかもそれを屋外で、寒空の下で!裸に剥いて、産着を取り替える。

いや~。ないわーと思いました。

捨てる(預けるつもりだとしても)ほうも捨てる方だし、産着を取り替える方も撮り返る方です。
ないわ~!

で、もう一人絡んでくるのが、こんどは男子、カン・チャンビン。
この男がまた魅力がなくて。
ヒロインサウォルと恋人になるのですが、なぜこの男を好きになる?分からないわ。。

産着を取り替えたのはカンチャンビンの祖母なんだけどね。。。

まぁそんな風に冒頭からして無理無理な展開でした。

で、第3の少女オウォル、彼女はなんと、人生で(この若さで24、5歳?)死ぬほどの事故に3度もあっています。
事故からの記憶喪失は韓ドラの常套ストーリーとはいえ安易すぎます。
3度目の事故などは、どうやってなぜ助かったのかわからないぐらいのひどい事故で、周囲はみんなオウォルが死んだと思い込むのですが、クルマが爆発大炎上したために、骨のかけらも残ってないという設定で酢。

いや、それはないやろ。
なんぼ燃えても、骨や灰ぐらいは残ってるやろ。
それなのになぜ、死んだことにしたのか。
ないわー。無理無理やわ。

結局オウォルは生きていたんだけど、それはめでたいけれども。
焼けどのあとが・・・ほとんどない!
いやあるにはあるんですが、「顔の焼けどが治って良かった」って。。
治りませんよ!そんな元のようには!!

だいたい、オウォルはこんな事故に3度も遇っては体が後遺症でぼろぼろと思うよ。
なんといういい加減な設定なんだろう?と呆れましたね。

サウォルの母は、自分の復讐のために義理の息子や娘たちを容赦なく利用するし切り捨てるし。
天使の顔をした悪魔です。
もちろん夫カンマヌへの恨みつらみは分かります。
しかし、無関係な人を巻きこみすぎます。
自分の本当の娘のサウォルに対しても、あまりに身勝手な愛情を抱いていて、ぜんぜん納得できませんでした。

その、夫のカンマヌですが。
このひとと、サウォルやヘサンの育ての親のオミノと、建築業界で対立するんですが、カンマヌはともかく打つ手が汚い。
あれやこれやと策謀のオンパレード。それが成功法ではないために、二人がなんかの建築士の座をかけてコンテストみたいなことをするんだけど(これもチャンボリとそっくり)はなから勝負になってない。
あまりにカンマヌがズルをしまくるからね。
それなのに、ズルがばれてもその「競い合い」は続行されて、「最後は私も正々堂々と戦う」などと、カンマヌが言うものだから、どっちらけ。誰がそんな話をまともに聞くの??
と思ったら、みんなで聞いてた(^-^;
そしてたしかやっぱり競い合いをするんだった。。。と思う。
あほらしくてこの辺はあんまりまともに、見てない(^-^;

ともかく、身勝手で、自分の欲望のために人を利用したり嘘をつきまくる、カンマヌ、ヘサン、それとオウォルの夫、この3人には天誅が下され、ものすごく辛い目に合うという結末になってもらいたかった。

福寿草では、その点すごく納得できました。
私の中ではベストです。
けど、このドラマは悪役のだれもが、納得できる終り方をしていない。

チャンボリもこのドラマも、終わりどころを間違えてるんじゃないかと思います。
禊をすませた悪役が、その後再起に向けて、今は底辺だけれどもそれなりに暮らしている・・
そんなところは見ても溜飲が下がりません!

ましてやヘサンに至っては心優しい養父母がヘサンを受け入れようと待っている。

そんな幸せがこの女に待ってていいのかっていうね。
ぜんぜんうれしくない。
だれか「ヘサンよかったね、あなたも幸せになってね」
って思うのかな??
私は無理だな。
ドラマだもん。
悪役は徹底的に憎む存在でいてほしい。

最初から最後まで無理のオンパレードでした。。。

だいぶ前に見おわっており、忘れている部分もたくさん。
それでもこれだけ書いちゃったわ(笑)


11:49 : [ドラマタイトル]いとしのクム・サウォルトラックバック(0)  コメント(0)