FC2ブログ
  • « 2015⁄12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

チャン・ヒョクssiディナーショー💛

またまた参加して来ました、
ヒョクさんのディナーショー!

場所は去年と同じ、ハイアットリージェンシーホテル大阪。

去年の悔しかった「失敗」を踏まえて
今回はリベンジとなるべく、準備万端で臨んだ私(笑)

なんせ握手やハグがありましたのでね(笑)
今年は私もそれが「当たる」かも!!
と、期待に胸を膨らませてました(笑)
っていうか、当たるもんだと。
当たるに違いない勢いで臨んできました!←あほ(笑)

こっそり、普段はつけない香水までつけたりして(笑)
だって、ハグされたときおばちゃん臭がしたら困るもん!!

もちろん、何度もハンドクリームをつけて念入りに手をこすったりもしました。
だって、握手したときガサガサだとヒョクさんの手を傷つけてしまうかもしれませんもの。どんだけ荒れてるんだってかんじですが、主婦ですから(^-^;
そんな風に気を使うこと、普段の100倍!

しかし、
しかし、

残念ながら、ハグはおろか、握手もゲームも・・・
当たりませんでした(^-^;
かすりもしませんでしたとも、ええ。。。。(^-^;

ま、本編終了後に、今年は私も「写真撮影&握手」まで残ることができ、握手だけはしていただけたのです!

でも、去年と比較すると
去年のほうが、写真撮影解禁「フォトタイム」の時間は長かったような??
「ゼスチュア伝言ゲーム」などのゲーム系がなくて、寂しかったような?
抽選に当たった人は、握手のほかにハグとチェキでツーショットもあったのに、それもなかったし。。
ヒョクさんから直々にプレゼントがもらえた去年と違い、今年はプレゼントもなく・・・。

と、なんとなく、去年のほうが盛り上がったような気がします。





なんと言っても、
私個人としては、
去年は遅刻により、最初の乾杯タイムも、ダメだったのですが、今年はしっかりと、乾杯タイムからテーブルについてて、しかも、ヒョクさんは私と友達の間に立って、乾杯してくれました!!
もう、至近距離でヒョクさんを拝顔することができて、感激の至りでした(笑)

そして、おしまいの「テーブルごとの写真撮影&握手」も、しっかりと残ることができて、握手も先述の通り、していただきました!
いやーーー
どんな写真が届くのかなぁ・・・・
すっごく楽しみ~~💛


ヒョクさん、かなりお疲れのご様子でしたが、それでも笑顔を絶やさずに、優しく微笑んでくださいました。
一緒に参加した友達は、初めてのことで、握手の時も恥ずかしくて、ヒョクさんの顔を見ることができなかった・・・と言いましたが(^-^;
私は、しっかりしっかりと、ヒョクさんのお顔を見つめてきました。
ヒョクさんもしっかりと、私を見てくださったので(笑)いっとき、ヒョクさんと私は見つめ合いました(笑)

なんか、韓国語で声をかけるとか、準備していけばよかったのですが、日本語で「これからも頑張ってください」と言うのが精一杯でした。。。。

でも、去年のリベンジが果たせて満足です!

ではでは、つたない腕前ですが、私が撮った写真をご覧ください。
クリックでおおきくなりますよ♪
(実はあんまりこちら・・正面を向いていただけなかったような・・・)


PC206920.jpg
PC206921.jpg
PC206922.jpg
PC206972.jpg
PC206971.jpg
PC206969.jpg
PC206937_201512271623332eb.jpg
PC206913.jpg
PC206915.jpg
PC206914.jpg
PC206926.jpg


ちなみに、お料理はこんな感じ。
前菜
メイン
デザート
プラス、飲み物とパン

PC206888.jpg
PC206890.jpg
PC206891.jpg

会場の様子はこんな感じですね。
ご一緒していただいたみなさん、ありがとうございました(●^o^●)
PC206884.jpg

16:32 : [チャン・ヒョク]ディナーショートラックバック(0)  コメント(8)

感想「輝くか、狂うか」

輝くか、狂うか DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>

ヒョクさん主演の「輝くか、狂うか」を見ました。

高麗皇子のワン・ソ(チャン・ヒョク)と、渤海最後の王女シン・ユル(オ・ヨンソ)のラブロマンス時代劇。
呪われた星回りだとか、運命の相手だとか、その辺は個人的にスルー(^-^;
詳しくは、よそでご確認ください。ごめんなさいね(^-^;

雰囲気としては、ロマンス史劇で、おそらく「シンイ」とか「チャミョンゴ」みたいな感じにしたかったのかなと思いました。
「花たちの戦い」で、ゲンナリしたイ・ドクファが敵役で登場しており、王位をめぐって戦うんです。

でも、メインは主人公のふたりが、結ばれるのかどうかというところ。

ひょんなことで二人は「結婚式」を挙げた仲。
でもそれは「偽装結婚」なのです。
ユルは青海商団の副団長。
団長の兄が勝手に決めた結婚を避けるために、たまたま見つけたワンソを相手に、偽装結婚したのでした。
だけど、ユルはその相手のワンソを忘れられないまま、挙式した土地、開封から開京へやってきます。

ワンソは現皇帝の弟皇子なのですが、亡き父王の命令で、すでに結婚しています。
相手はヨウォンで、黄州一族の命運を背負ってる。
ヒョクさん演じるワンソは、なんと異腹弟に当たる。。。(^-^;
だから
ってこともないんだろうけど、この夫婦は「仮面夫婦」なのですね。

ヨウォンは、実弟で第五皇子のワンウクが皇帝になるように画策するのです。
そして、家来であったセウォンと、ひそかに情を交わした仲なのでした。




物語は、ワンソが皇帝になるまで

そして、また皇帝の地位を狙うイ・ドクファとの権力争い

現実に妻でありながらも、弟を皇帝にするために、夫であるワンソの「敵」として立ちはだかるヨウォン公主との戦い

などなど、盛りだくさん。


ヒョクさんは今回は「皇子様」でした!
でも「チュノ」のテギルみたいな小汚いときもあり(笑)
「根の深い木」のカン・チェユンみたいな強い武士風のときもあり
「大望」のムヨンみたいに商人の時もあり
ヒョクさんファンにはたまらない設定だったと思います。

相手役のオ・ヨンソさんは、「私はチャンボリ」が強烈な印象ですが、私的にはそのまえの「棚ぼたのあなた」の三女役が印象的で、(嫌いでした)ヒョクさんのお相手にこの彼女???と、不満だったのですが(^-^;
このドラマではほんとうに、お似合いでした!(笑)

この二人がもっとハラハラしつつ結ばれるのかなと思ってたら
物語中では、そこまでハラハラする展開ではなく
でも、ラストでは・・・なんだかビミョーな感じで(^-^;

あれはハッピーエンドなの?
違うの?

よくわからなくて・・(^-^; 明快なハッピーエンドを求める私にとっては、少し残念でした。

だけど途中のふたりのラブラブぶりには、大いに満足させてもらえました(笑)
キスシーンもあったし💛
ヒョクさんってばほんとうにキスシーンがお上手なんだから~~(笑)
素敵でした~うっとり💛

もっとアクションがあってもよかったのですが。
ヒョクさんのアクション、かっこいいもんね。
テギルまではいかなくても、カン・チェヨンくらいのアクションは見たかったですね。。。


ドラマとしては、わき役たちが光っていました。
青海商団の面々もとっても好きでした。

嫌いだったけど、ワンソの妻、ヨウォンの屈折したワンソへの愛情も良かった。
彼女とセウォンとのひそかな愛も、感動的でした。

なによりも、おバカちゃん注意報の、イム・ジュファン演じるワンウクが良かったデス。
最初のほうでは、横恋慕キャラでうざかったけど、次第にその本気が健気に感じてきました。
そして、ユルを心から思い、彼女を助けようとする姿に感動しました。
報われない、可哀想なキャラでした・・

こんな風に、わき役たちも光って、目が離せないドラマとなりました。
面白かったデス。

ユキさん
ありがとうございました。


02:59 : [ドラマタイトル]輝くか狂うかトラックバック(0)  コメント(6)