FC2ブログ
  • « 2015⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

視聴近況

最近、ブログの更新がなかなかできてませんけど(^-^;
ドラマは見ていますよ!

毎日放送でその都度見ているのが
「熱愛」
「家族なのにどうして」
です。

そしてこの週末で、今までの放送分を一気に見た
「改過遷善 弁護士の資格」
です。

「大丈夫、愛だ」も、金曜日に2話ずつ放送です。見てます。。(?)

溜まってるのが
「大王世宗」
です。

貸していただいたドラマの
「輝いたり狂ったり」
を見ています。

観ようと思ってたけど、溜まり過ぎて無理!!
で、泣く泣く削除が
「ホジュン」
(古いほう)です。
いっきにがさーーーっとHDDが開きました(^-^;


以下、ネタバレで一言感想です。



「家族なのにどうして」は、↓前回の記事でも書きましたが、まぁ、群像劇でちょっと散漫とした印象がありますね。
でも、前回の記事から2回ほど見たところでは、ダルボンとソウルが早くも、ラブラブになってうれしい。
少し拍子抜けの感もあるけど、これから紆余曲折が始まるのでしょうね?


「熱愛」
これはなかなか順を追うごとにハマってしまってます。
けっこう意外な展開なんですよ!
ネタバレですよ、いいですか?

ヒロインが、第2の男となんと、結婚してしまいました!
その男は、ヒロインの父親と姉を殺し、ヒロインの本当の恋人の財産を乗っ取った男の、息子なんです!
もちろんヒロインは知らないのです。
そのまえに、ヒロインの本当の恋人が、実の親子間で財産を巡って骨肉の争いをしていますし。
かなり壮絶な物語です。
どうなるんだろう?
ヒロインはこのまま第2の男と添い遂げるのか?

ヒロインのチェ・ユニョンさん、それほど可愛い人だとは思わないんだけど、首のきれいな人です。
首に注目して見てくださいね!(笑)



「改過遷善 弁護士の資格」
ヒロインの一夜の過ちの相手=恋人になる人
かな~~と思ってたら、それがとんでもなく嫌な奴なので、どうなるんだろう・・
と思ってましたが、その男が、記憶喪失になってしまいます。
この男が、すごいやり手の弁護士で、記憶喪失になっても
その性格と、能力はそのままで
でも、信条と方向性が変わってしまうのです。
こういう男ならヒロインの相手にふさわしいと思えるようになります。
といっても、全然ラブのケがありません!!
いっそこのまま、ラブなしで進んでほしいです。
これも結構ハマってます。
ヒロインのパク・ミニョンさんは、お箸の持ち方が下手くそでNGですが(^-^;
主人公のキム・ミョンミンしは、手がきれいです。
手に注目してみてね!


「輝いたり狂ったり」
ヒョクさんの新ドラマです!!
去年の冬、ディナーショーでヒョクさん言ってました。
「韓国は寒い、大阪は暖かい。これから韓国で寒い中、撮影があると思うとずっと大阪にいたい」
と。
このドラマの撮影中だったんですね。
本当に寒そうです!吐く息が真っ白ですもん(^-^;
寒い中撮ってるかいがあって、ドラマは面白いです。
ヒョクさんもとってもカッコいいです!!
ただいま、6話まで見終わりました。
観る前は、オ・ヨンソさんにジェラシー感じるかなぁと思ったけど
そうでもないです。
オヨンソちゃんがけっこう一途にヒョクさんを思う方なので
(ヒョクさんが思う方なら悔しかったかも)
ぎゃくに、応援してしまっています。
もっとシリアスで暗い物語なのかと思ったら
けっこうラブロマンス色が強い!
コメディ度も高いです。(きっと今だけかも)
だからとっても楽しく見てます。


「大丈夫、愛だ」はいまいち、乗ってません。
主人公2人に思い入れがなく、二人の恋愛に興味が全くわかないです。
この二人、おしゃれな会話を繰り広げ、会話シーンがかなり多いんです。
ドラマの中で、ヒロインが「ビフォアミッドナイト」と言う映画をすすめるシーンがあり
なるほどーーと思いました。あんな感じを狙ってたのかな。
二人を取り巻く人たち、ソン・ドンイル演じる先輩医師夫婦とか、彼らがいい味を出しています。
でも、二人の会話をかっ飛ばして見ているので、半分以上は飛ばしてみています。
評判は良かったけど、私にはあってないみたい。



映画もたまっています。
時間がいくらあっても足りませんわ・・・(^-^;
16:42 : [その他]視聴近況トラックバック(0)  コメント(0)