FC2ブログ

鑑賞中「私はチャン・ボリ!」38~42話

ネタバレです。全52話。
ついに残すところ、10話となってしまいました。







韓国のドラマって、結婚を決めてから結婚するまでがすばやいですよね。
ミンジョンとジェヒもそうだし、ボリとジェファもあっという間に結婚式です。

ボリが、自分はウンビだと、いったいいつになったらジェファに言うのかと、やきもきしてましたけど(^-^;
満を持してって感じで、打ち明けました。
それで、家柄は申し分ないと言うことで??ジェファの父も結婚を許した・・・・

まぁその前に、ピダンの家出騒動がありました。
実のところは、ヘオクが例のごとく、ミンジョンに命令されて、
ピダンを連れて日本へ行くつもりだったのですが。
でも、寸でのところで、ボリやジェファや、ムンジサンが気付き、空港で二人を止めようとしたわけですが
ピダンはその騒動に紛れて、自ら身を隠し、益港だっけ?空港バスに乗り込んで、迷子になってしまいました。
ジェファの父は、思い出します。いぜん、ピダンが自分に言ったことを。
「心配しないで。私はお母さんが結婚したら、お母さんの元を去ります。
だから、どうかお母さんとお父さん(ジェファ)を結婚させてください」
と、泣きながら懇願したピダンのことを・・・。
幼い少女にそこまで言わせた挙句、家出させてしまったのが自分だと言う罪悪感から
会社員総動員してでも、ピダンを探すように協力し始めた、ジェファの父、
ボリがウンビじゃなくても、二人の結婚を許していたかもしれません。

ちなみに、ピダンがいなくなって狂ったように探して、心を痛めたボリ・・。
ついに、ヘオクに絶縁宣言をします。

ピダンは結局は見つかり、ボリの元へ戻り、もう離れないと誓うのです。
健気なピダンです。
それなのに、ミンジョンはピダンの失踪を
「ちょうどよかった」
なんて言うんです。鬼母だーー。
さすがのヘオクもミンジョンを許せず。
それでも、やっぱりミンジョンに情をかけるのでした。
どこまでもバカな母親です。

でも、私もバカな母親だから、ヘオクを笑えません。
ちょっと自分を見てるようなところあって胸が痛いです(^-^;

もうひとりのバカ母、イナ。
ボリをウンビとは受け入れられず、ボリにひどいことを言ってましたけど
ピダンの失踪騒動を機にボリを受け入れました。
ミンジョンの本性も分かってきて、ミンジョンには過去の「事故」のことで脅されてしまうし
ウンビが見つかっても心休まりません。
でも、ウンビへの愛情は本物で、それだけは良かったです。

そのミンジョン・・・

ピダンの失踪で警察に連行されたり
また、上手に言い逃れをしたり、それどころか、ボリとジェファの悪だくみだと言い張ったりして
ミンジョンにはあきれるしかありません(^-^;

疑われる→言い逃れる→ボリを悪者にする→また疑われる→言い逃れる・・・・
と、何度も何度も周囲が騙されてて、バカみたい(^-^;

でも、ジェファみたいな男を相手に一歩も譲らず悪女ぶりを大胆にさらして戦うミンジョン、
ジェファをもたじたじにさせるその勢い・・
ちょっとカッコいいです(笑)

ムンジサンとのことは、過去の確かな証拠が、やっとジェヒの目に留まり・・。
っていうか、ムンジサンよ、
そんな隠し玉があるなら、なんでもっと早く出さなかったんや~~~(^-^;

つまり、ムンジサンとミンジョンの婚約パーティーの様子がビデオに残ってて
それを、ジェヒに見せたわけです。
もっと早く見せとかんかい!(^-^;

ジェヒは「ムンジサンと何かがあっても良い、ともかく、嘘を言うな」と釘を刺したうえで
ムンジサンと何かあったのか。と、訊いたことがあって
ミンジョンは決然と「オプソ」とかなんとか、言ったのでした。

ジェヒにしたら、完璧裏切られて、だまされてて、すごく自尊心が傷ついてミンジョンを許せなかったのだけど
案の定、ミンジョンはジェヒの母が、ジェファの母の死に絡んでいることを盾に、ジェヒに自分を捨てないように脅しをかけました。

さて、で、ボリの結婚式。

ヘオクは招待されてません。
ここは意見が分かれる所ではありませんか?
こんなひどい母親だから、ボリから絶縁されて、結婚式に招待されなくても当然だ・・・
と、思うか
いやいや、かりにも今まで母と娘として過ごしてきたのだから、その仕打ちはひどいじゃないか・・・
と、思うのか。

ひどい母親なんですよねぇ・・・。
ミンジョンがすべてで。
ボリにはひどい目に合わせてきた。
学校にもやらず、店の手伝いをさせてきたし
いつも怒って殴ってきたし
ピダンを無理やり実子にさせたし・・・
虐待してきた・・と言えるでしょう。

でも、哀れだと思ってしまうのはなぜでしょうか。

ボリにいろいろ辛いことを押し付けて、自分が楽な目をしようとしたのなら
心置きなく憎めますが
自分も必死で生きてきたしね(^-^;
このひとも、何の贅沢もしないで寝る魔も惜しんで働いてたよね。

いや、だからと言ってボリにした仕打ちは赦されません。
ボリは、記憶喪失だった自分を親の元へ返さず連れ去ったのは、「誘拐」だと言うのです。
うむ、確かに。

でも、ボリとピダンを思って泣くこのみじめな母親を、憎めなくなってしまいました。
結婚式にも呼ばないなんて。。
今までのボリには考えられないんですよね。
ほんとうに、そこまで怒ってしまったのかな。

ピダンはおばあちゃんが好きだから、可哀想。
失踪騒動の時も、おばあちゃんをかばってピダンは、「自分が自分で失踪した」と言い張ってました。
どうか、罪を告白して、償って、ボリに許してもらうようにしてもらえないのでしょうか。。。

ミンジョンは憎いけど、ヘオクは・・・・。

ボリたちの結婚式は、またもや、ミンジョンに妨害されようとしています。
そして、それを察したムンジサンが、対抗策に打って出たところで
来週へ続く。。。。

あ~あと10話。
先が気になるやら、終わるのが寂しいやら。

14:43 : [ドラマタイトル]私はチャン・ボリ!トラックバック(0)  コメント(0)