FC2ブログ

映画感想「後悔なんてしない」

後悔なんてしない デラックス版 [DVD]
後悔なんてしない デラックス版 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2009-01-23
売り上げランキング : 10102


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日は韓国映画のご紹介。
キム・ナムギルの「後悔なんてしない」と言う映画です。
これはウィキペディアによりますと、

『後悔なんてしない』( 原題:후회하지 않아、英:No Regret )は、2006年公開の韓国映画。

韓国で初めて同性愛者であることをカミングアウトした映画監督、イソン・ヒイルによって同性愛が正面から描かれた作品として話題となった。

日本では、2007年(第1回)アジアンクィア映画祭[1](4月14日・18日)にて初上映された。この映画祭での邦題は『悔いなき恋 -NO REGRET-』。

また劇場公開に先がけて、2008年第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭[2](7月11日)にて特別上映された。



とあります。
ナムギルは、イ・ハンという名前で出てます。
前にここにも書いた「カン・チョルジュン 公共の敵1-1」で、本名のキム・ナムギルに戻したそうです。

主人公はどちらかと言うとナムギルじゃなくて、スミンという孤児院出身の男子です。
工場で働きながら代行運転のバイトもしているんだけど、その代行運転のバイトで、ナムギル演じるジェミンに出会います。お互い惹かれあうのですが、そのときはジェミンの誘いを断ってしまうスミン。
しかし、自分が働く工場でリストラに合い、工場の社長の息子がジェミンだと知ります。ジェミンはスミンのリストラを撤回するんだけど、スミンはそんなジェミンに敵愾心を持ってしまう。工場もやめてしまいます。
いつしかスミンは男娼に・・・。
そんなスミンのもとへ、ジェミンは付きまとうように通い続けます。
でも、ジェミンをどうしても受け入れたくないスミン。冷たくジェミンを拒み続けるのですが・・・。



イケメンのナムギルのほうが、平凡な容姿のスミンに片想いなんですよね。
ナムギルがあの容姿で、切ない片想いに身を焦がして涙まで流すんだから、見てるほうは同情してしまうと言うか眼福と言うか・・・(笑)。じつはこれ、相手が女だったらひょっとして嫉妬が入ってくるかもしれないんだけど、相手が男だとちょっと事情が違いますよね(^_^;)。やらしいけど・・。
スミンだって本当は好きなんだから、意地なんて張らないでさっさとジェミンを受け入れたらいいのに・・と、すこしじれったい気持ちで見ていました。じれったいけど、切ないナムギルをもっと見ていたいという気持ちもあったり・・・。
まぁそれは冗談にしても(あながち冗談でもないですが)一人の人間が誰かを思い、そしてその気持ちが報われる、それはやっぱり男女の区別なく見てる人間に幸福感を与えてくれるでしょう。
まぁ・・・だからといって簡単にコトは運びませんけども。。。


以下完全ネタバレです。
 ...続きを読む
10:42 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(4)