FC2ブログ
  • « 2019⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

感想「ミスティ」

misti.jpg

WOWOWで放送していた『ミスティ~愛の真実~』を見ました。
とても面白く見応えがありました。
大人の恋愛が絡んでいるので、引いてしまうかもと思ったけど全然そんなことがなくて、ともかく見入ってしまった!

ヒロインのキムナムジュ演じるコ・ヘランという女性の生き様を描いたもので、殺人等出て来ますが、どちらかというとのし上がりというかサクセスストーリーというか、サクセスを目指して懸命に生きる姿がすごいというか。

それから、ファッションもステキだった。
韓ドラって「それがおしゃれなの?」と思うぶっ飛んだ衣装も多いと思うけど(^^;コ・ヘランの身に着けている衣装はいつもいつもすごく洗練されていておしゃれだった。
美人だしスレンダーでスタイルもいいから何を着ても似合うとは思うけど、それだけではなくて、ほかのキャストが着ているものも趣味がよかったし、スタイリストがよかったのかな?
コヘランのファッションはドラマの質を引き上げたのではと思います。



<ストーリー>
報道番組のメインキャスターを務め、誰もがうらやむ完璧な人生を送っているかのように見えていたヘラン(キム・ナムジュ)。しかし実際は、弁護士の夫テウク(チ・ジニ)との関係は冷え切り、後輩キャスターのジウォン(チン・ギジュ)にメインキャスターの座を奪われそうになっていた。ヘランはメインキャスターの座を守るため、世界ツアーで優勝し、韓国系という以外は謎に包まれた話題沸騰のプロゴルファー、ケビン・リーの世界初の独占インタビューを企画。ヘランはケビンに取材を依頼するため空港に向かうが、そこで初めてケビンが元恋人のジェヨン(コ・ジュン)で、同級生のウンジュ(チョン・へジン)と結婚していたことを知る。ジェヨンとの再会で運命の歯車が動き出し、次第に追い詰められていくヘラン。そんな中、ジェヨンが交通事故で亡くなってしまう。ヘランはジェヨン殺害容疑の重要参考人となり、テウクが彼女の弁護をすることになるが…。    WOWOWHPより




キムナムジュさんは本当にヘラン役がハマっていました。
ナイフのように鋭くとがったヘラン。近付けばだれもが傷つく感じの。。
ともかく強くて妥協せず自分を信じて信念を貫き通す。
そんな女性が彼女以外にはなかっただろうというぐらいに思えましたね。

ちなみに、若いころのコヘランを若い女優さんが演じていたんだけど、これがふとした仕草がコヘランそのもので、とても上手だったと思います。



以下は結末に触れるネタバレ感想!!
見てない方はご注意ください!!





犯人は「意外」な人物。
最近はどのドラマもあっという犯人を用意していて、その法則に従うと結構早いうちから犯人はわかってしまう。
まさかと思う人物が…。

その人物は、コヘランとケリーが車に同乗していたのを見ていたので、意外と言うほどの意外でもなかったけれど。



犯人を述べますよ!?
未見の方は見ないでくださいね!!






犯人はヘランの夫カンテウク!
ケビン・リーの口車にまんまと乗せられ、嫉妬の炎がメラメラ燃えた。
しかしあれだけのことで人が死ぬのかなぁ…と思うと、付き飛ばしたときはケビンは死んでいなくて、事故の細工をして本当に殺したのかと思ってしまう。過失致死ではなくて本当の殺人…。そう考えるとカンテウクへの印象ががらりと変わってしまいますね。

へランはこの事故で殺人犯と疑われ、それを出汁に当局に睨まれていたために、起訴までされてしまうというのに。
つまりヘランの窮地を作ったのが夫カンテウクであり、またヘランの窮地を救ったのもテウクでした。
ヘランとテウクは夫婦仲は冷めてしまっていたけれど、この一件で愛を取り戻した。
つまり、テウクがケビンを殺してしまったことが、愛の復活につながった。
なんとも皮肉なはなしです。

ヘランの若い時、とうじの恋人(未満だったかも)のミョンウが、金貸しの時計屋を殺しています。
そしていままたテウクがケビン・リーを殺した。
その事件の隠ぺいのために、出所したミョンウが再度殺人を犯して、殺人未遂?までしています。

二人の男はヘランを愛しすぎて、その愛が深すぎて、殺人を犯してしまうまでに…。

さて、こんなへランは幸せなのか?
一般公開の番組でヘランが参加者に尋ねられました。「あなたは幸せですか」と。
とうぜん、みんなはヘランが幸せだと思ってる。美貌と知性と地位と人気と有能で優しく愛情あふれた夫を持っている、そんなヘランは幸せだと思っています。
でもヘランはその質問に絶句してしまう。

幸せであるわけがない。
幸せでいて良いわけがない。
自分のために3人の人が死んでしまったのに。
そしていまはそれを告発も告白もできずに正義のキャスターとして日々を送っている。
ヘランが正義の人であるからこそ、そのジレンマに苦しんでいると思う。
だって、偽りだから。
キャスターとして社会の不正を暴く自分は、そんな資格がない、偽りの自分に成り下がってしまったから。


テウクはヘランの番組に出演する予定の道中で事故死する。のだと思う。
ちゃんと自分の罪を告げる文書を残したんだろうか?ミョンウのために。
テウクの罪をかぶったミョンウのために。

何とも皮肉な結末がとても印象的なドラマでしたよ。



スポンサーサイト
01:38 : [ドラマタイトル]ミスティトラックバック(0)  コメント(0)