FC2ブログ
  • « 2019⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

映画感想「タクシー運転手 約束は海を超えて」

タクシー運転手 約束は海を越えて [DVD]
タクシー運転手 約束は海を越えて [DVD]
  • 発売元: TCエンタテインメント
  • 価格: ¥ 3,631
  • 発売日: 2018/11/02



1980年に韓国で起きた「光州事件」について描かれた映画で、とても評判が良くて見たかった作品です。
好きなソン・ガンホ、ガンちゃんが出ているので期待しました。
期待を裏切らない素晴らしい作品でした。

近所で上映がなかったので当時は見られませんでしたが、そのころにちょうどNHKの「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」という番組(エリカさまがナビゲーターしているアレですね!)でこの映画が取り上げられ、光州事件の内容に迫っていました。

映画のストーリーは、一介のタクシー運転手である、ガンちゃん演じるキム・マンソプが、生活のためにとある外国人記者を光州まで乗せることになり、そこから光州事件に巻きこまれていくのです。
これが実話というから驚き。もちろん、事件は実在の事件ですが、キャストも実在の人物をモデルとしているというのです。

そのとき光州内部で起きていることは、報道規制がかかっていた為に外部には漏れておらず、マンソプも何も知りません。
いざ光州に入って見ると、想像を絶する事態になっていて困惑しますが、行動を共にする学生にその理由を訊いても、学生も「自分もなぜこうなっているのかわからない」と答えます。
観ているワタシも、なぜこんなひどいことになっているのか、気になりながらもそれは解明されることもなく、ただただ惨状が描かれているのですが、言葉を失う事態となっていました。

最初は、正直に言えばお金のためにこの仕事を引き受けた(横取りまでした)マンソプであり、できれば余計なことにはかかわらずに、一刻も早く娘の元へ(父娘2人暮らし)帰りたい、と思うのですが、自分の関わった無辜の市民のために、次第に自ら協力していくのです。
ガンちゃんってこういう役が多いし(「殺人の追憶」とか「観相師」とか「弁護人」とか)すごくハマっています。
ガンちゃんだからこその説得力というか、人間にはいろんな面があるとはっとさせられます。
かといって、特別なことをするでもない(いやいや、自分にはとてもできませんが!!)、タクシー運転手としての使命を果たす、つまりは、客を乗せて目的地まで連れていく、という、それ以外の何物でもない辺りがとてもカッコよくてにくいのです。

脇を固めるユ・ヘジンやリュ・ジョンチョルも愛しく思える、というか、感情移入しすぎて(^-^;
ユヘジンなんてどうして好きにならずにいられようか、というキャラです。
いままでも、味のあるキャラで印象的な役者さんでしたが、今後はもう絶対に好き!確立しました(笑)

歴史的事実にも果敢に向き合っている所ももちろん良いのですが、韓国ならではの、権力との攻防や、カーチェイスシーンもあり、また「情」も描かれていて泣かされもし、ドキドキハラハラさせられる部分も満載で、ともかく全編くぎ付けになりました。


当時の韓国は軍事政権下で、徹底的に報道が規制されていましたが、その恐ろしさというか、報道の大切さを実感しました。
危険な紛争地帯などにいって、自ら危険な目に合うジャーナリストを、今日では「自業自得」「自己責任」という風潮が蔓延しているようですが、そういう人たちがいない場合、その地域に何が起きているかを、世間は知る手立てがありません。
対岸の火事というか、自分に関係ないことは知らなくてもいいというか、無関心主義というか。
けれども、報道って大切だと、この映画を見てつくづく思わされました。
身を張って報道したジャーナリストやガンちゃんのモデルになった運転手の行動には頭が下がりました。



ところで、光州事件って何か。NHKの番組を見て聞きかじったことをぺたぺたします。

光州事件が起きたのは1980年の5月18日から27日の10日間。
当時、陸軍中将がチョン・ドファン。このひと、のちの韓国大統領ですね。
かれがクーデターを起こしたのが、光州事件の半年前だそうです。

ちなみに、1980年というと、日本ではタケノコ族が流行していた時代でした。
私は高校生。お隣でこんな事件が起きていたなんて知らず、高校生活を地味に送っていたはずです。

チョン・ドハンはクーデターの成功で大統領の座は目前でしたが、かれには強力なライバルがいたそうです。
それが、民主主義化運動のリーダー、キム・デジュンでした。
かれの出身地が光州に近かったために、光州では民主化運動、キムデジュンの支持が熱かったそうです。
また、近代化から取り残された不満も民衆にはあったとか。

光州では学生を中心に民主化運動が展開されていて、光州事件の4日前には大学生の大きな集会が開かれたそうです。
政府は警戒し、戒厳令を強化して、若者をターゲットに取り締まりをしたようです。

それがやがては、学生VS軍隊となっていった。
そんなところへ、マンソプは巻きこまれていったんでしょうね。
リュ・ジョンチョルの演じたジェシクは、運動に身を投じながらも、なぜこんな事態になっているか、わからないと言いました。
あとからきけば、そういうことだったんだなと思うのですが、当時者たちには何が何やらわからない、そんなところだったのかもしれません。

政府、軍の民衆への弾圧はすさまじいです。
これが、軍事国家なのかと、慄然とさせられます。
結果的に150人以上の死者が出たそうです。
その中には、リュ・ジョンチョルの演じたごく普通の学生も、ユ・ヘジンの演じた普通の光州のタクシー運転手も含まれていたことでしょう。
そしてこの一件をきっかけとして、韓国の民主化は決定的に進んだそうです。


この軍の鎮圧作戦に参加していた人物が「アナザーストーリーズ」のインタビューで当時のことを語っています。

「ほんとうに怖かった。
 その場にいなければわからない怖さです。
 みんな狂ってしまった。
 みんな狂ってしまった。」

人間て、自分で自分の行動を制御できると信じてるのかもしれませんが、その場になったら何をするかわからない生き物なんですよね。そこの自覚が欲しいところです。

本当によい映画でした。







02:45 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(0)

映画感想「大好きだから」



先日WOWOWの「韓国発ロマンティックラブ」、という特集で、『大好きだから』『隠された時間』『ワン・デイ悲しみが消えるまで』の3作品を放送しました。
ロマンティックラブ・・・好みじゃねぇ~~~!!と、スルーするつもりでしたが、評判が良かったりもするので一応録画してましたが、結局3つとも見てしまいました(^^;
ただのラブストーリーじゃなく、どれも全部ちょっと不思議系の物語なんですね。


ですから、3作品感想を上げたいと思います。
ワン・デイ悲しみが消えるまで」に続き、こちら「大好きだから」のご紹介。

【ストーリー】
人々の壊れかけた心を癒すこと、それは愛を思い出す自分探しの旅だった……。最愛の女性にプロポーズすると決めた日に、不慮の事故で重体に陥ってしまったイヒョン(チャ・テヒョン)。昏睡状態から目覚めた彼は、過去の記憶をすべて失い、他人の肉体に乗り移れる不思議な能力を身につけていた。その秘密を偶然知った女子高校生スカリー(キム・ユジョン)の助けを借りながら、元の自分を取り戻す日々が始まる。予期せぬ妊娠に戸惑う学生、離婚の危機に見舞われた熱血刑事、孤独な独身教師、献身的な夫を拒絶する認知症の老婦人など、問題を抱える人々の体から体へと移動しながら、恋愛に不器用なカップルの愛のキューピット役を務めていく。やがてイヒョンは、自分の身に起こった衝撃の事実に直面する……。
【解説】
あなたのカラダ、お借りします!?/『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョン×「雲が描いた月明り」で人気急上昇中のキム・ユジョンが贈る、ヒーリング・ラブコメディ!



先日見た「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」によく似ています。
交通事故で意識不明の重体、
あちらは、幽体離脱
こちらは、憑依
「ビューティー・インサイド」的なところもあって、けっこうありきたりな感じかな(^^;

キムユジョンは可愛いし、ソン・ドンイル演じる刑事の、子どもとの会話に爆笑したし、老夫婦の部分は泣かされた。
いろんなパターンがあったので群像劇的な楽しみがあって飽きずに見られた。

という感じでしょうか。
それほど心に残らなかったなぁ。

やっぱりサスペンスでないと(^^;
23:39 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(0)

映画感想「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」




先日WOWOWの「韓国発ロマンティックラブ」、という特集で、『大好きだから』『隠された時間』『ワン・デイ悲しみが消えるまで』の3作品を放送しました。
ロマンティックラブ・・・好みじゃねぇ~~~!!と、スルーするつもりでしたが、評判が良かったりもするので一応録画してましたが、結局3つとも見てしまいました(^^;
ただのラブストーリーじゃなく、どれも全部ちょっと不思議系の物語なんですね。


ですから、3作品感想を上げたいと思います。

まずはこの「ワンデイ 悲しみが消えるまで」です。
これはちょっと辛口。
作品を好きな方には悪しからずです。


主人公はキム・ナムギル演じる生命保険会社の営業マンのガンス。
彼の妻の葬儀の時から物語が始まりました。
しかし、彼は妻の葬儀に出席していません。
なにかがあって葬儀に出られない心境のようです。
何があったのか??
葬儀の翌日、ソンジュン演じる義弟が会社に乗り込み、ガンスを責めたてていました。

そのガンスは後輩の案件である、交通事故を引き継ぎます。
被害者は2か月植物状態で、加害者は示談にしたいのですができません。

被害者の女性はミソという名前で目が見えない。
そんな彼女がなぜか、白いつえも持たずに歩いていて、交通事故に合ったのです。
事故のいきさつは?尋ねようにもミソは眠ったまま…。

ところが、ガンスの前に現れたミソ。
そしてそのミソはガンスにしか見えません。
最初は戸惑うガンスでしたが、だんだんとミソと心を通わせていく、
そして背景にあるものを知って行くのでした。



感想


つまり、生霊とでもいうの?
ミソの幽体離脱した魂がガンスにだけは見えて
ガンスと仲良しになっていくのですね。
それが少しコミカルに描かれて、ほっこりする物語となっている…

というのが、一般的な見方のようですが。

実は私的、突飛かもしれませんが、解釈があります。


以下は結末に触れるネタバレ感想です。









ミソには自分を生んだ母親がいて、ミソが4歳のころ、教会の玄関にミソを置き去りにしたらしいです。
いまは美容師をしています。
母親恋しさにミソがそこへ会いに行ったのですが、母親に「私はあなたの母親じゃない」と、つれなくされて、傷つき失意のまま美容院を飛び出しました。
杖は最初にお店に入るとき、盲目だということを隠すために(と思うんだけど)、折りたたんでバッグに入れたんですが
お店を飛び出すときにころりとバッグから落ちたのでした。
そのためにミソは杖を持っていなかったし、お店に探しに戻るのもためらいました。
そこで事故に合ってしまったんですね。

生霊(っていうと気持ち悪い感じだけどなんて呼べばいいのかわからない…)のミソは目が見えるし、明るくて元気いっぱい。
ミソと接するうちに、ガンスも自分の妻の死と向き合うことができるようになっていきます。

だけど、現実のミソの肉体はどんどん症状が悪化しているんですね。

ミソの母親はミソを拒否したけれども、事故のことを聞いて病室にやってきます。
そして献身的な看病をします。
ミソはもうそれだけで十分報われたと思ったのではないでしょうか。

ガンスに頼むんです。
自分の生命維持装置を外して、死ねるように。

最初は拒むガンスなのですが、ついにはミソの意向を尊重します。
ミソの点滴をとめて、その命を絶ちました。


このラストは私としては断然受け入れられません。
韓国では「延命治療決定法」という法令が施行されたそうですね。
施行後4か月で8500人の尊厳死が認められたとか。
そう言う韓国ならではの事情があるのかもしれませんが、私はこれの作品のガンスのしたことは殺人だと思います。


ガンスの妻も病気で余命いくばくもないとなったとき、自死に近い形で死んでしまいました。
そのせいでガンスはとても苦しみましたよね。
妻の葬儀にさえ出られないほどに苦しんだのです。
それなのに、なぜ?と思いました。

そして私の独自の解釈としては、

このあと、ガンスは殺人罪に問われることになるのではないかと思うのですが、
ガンスが、ミソの生霊と仲良くなったとか、ミソの生霊が望んだからやったとか
そんなことを言って、誰が信用するでしょうか?
ガンスの妄想だと言われるに違いないと思うんです。
パラノイヤと言われてしまうのでは??


そして、私は思いました。
じつは「本当にすべてはガンスの妄想だった」としたら?

ガンスの妄想の中でミソはしゃべり、笑い、泣き、そして自分を死なせてほしいと頼んだ。
ガンスは自分の妄想に従い、ミソを殺した。

すると、とたんにこの物語がホラーのような狂気をはらんだ怖いお話になってしまいました。

あくまで私個人の感想と解釈です。
どんな命も、死んで良い命はありません。
生死の決定も、けっして個人が勝手に決めていいわけがありません。
それが美談のように語られるのは、私は反対ですね。








15:22 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(2)

映画感想「アシュラ」

アシュラ [Blu-ray]
アシュラ [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2017-07-21
売り上げランキング : 15163


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レンタルがリリースになったときに見たんだけど、感想書いてなかったと思うので。
ちょうど、WOWOWでも放送があり、改めて見てみました。

映画通には大絶賛されてる作品のようで、チョン・ウソンのクズっぷりや、ファン・ジョンミンの極悪市長っぷりや、クァク・ドウォンのパワハラぶりなどが激しく絡み合い、カメラワークのすごさなどもあって、見ごたえ十分の作品となっています。
韓国バイオレンスならではの激しい格闘やカーチェイス、人が簡単に殺されたり殺したり。
すさまじかったデス。


[STORY]
堕ちていく2人の男、権力にしがみつく狂気、そして、歪んだ正義を貫く鬼。
欲望に駆られた男たちの生き残りを賭けた闘いが始まる―

アンナム市の刑事ドギョン(チョン・ウソン)は、街の利権を牛耳る市長ソンベ(ファン・ジョンミン)のために裏の仕事を引き受けていた。
しかし、市長の逮捕に燃える検事チャイン(クァク・ドウォン)がドギョンを脅し、市長の不正の証拠を掴もうと画策。
事態はドギョンを慕う刑事ソンモ(チュ・ジフン)をも巻き込み、生き残りを賭けた欲と憎悪が剥き出しの闘争へとなだれ込んでいく。

Amazonより



韓国ノアール、ピカレスク、バイオレンス、結構~~~好きな私ですが、この作品はどうも後味が悪いというか、イマイチ面白く感じませんでした。
観ているときは、次はどうなるのかと気になって夢中で見ましたが…。
暴力描写も私ですら引くぐらいの激しいもので、かなりぶっ飛んでて、それも見応えは感じましたが…。
たぶん、ただのひとりとして、共感が持てる「正義」の人が出てこなかったから?
友情も、仁義も、信頼も、なーーんにもない!なさすぎる!!
やっぱり私は悪に対しては善がいて、善がたとえ負けるとしても、悪に立ち向かう、そんなストーリー展開じゃないと面白みを感じない平凡な映画ファンなのかなと、ちょっと落ち込む(^^;
いまいち感想もどう書いて良いかわからない、だから最初に見たとき感想が書けなかったんだね~。
ラストに流れる曲がとてもカッコよかったので、貼り付けときます。

13:27 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(0)

映画感想「善悪の刃」

B073RMYCFY善惡の刃 [DVD]
キム・テユン
アルバトロス 2017-10-04

by G-Tools


これは最近見て映画の中で、かなり面白い部類でした!
原題は「再審」だそうで、腐敗した警察によって無実の罪を着せられ、逮捕され、刑に服した青年の「再審」を巡る物語です。

腐敗した警察VS正義漢の弁護士
というストーリーはよくありますよね。
私が最近見た中では、ユン・ゲサンの「国選弁護人 ユン・ジンウォン」とか。
ソン・ガンホの「弁護人」とか。

それらと似ている部分はあると思うんだけど、この手の物語は好みですから、こちらも大いに楽しみました。
ご多分に漏れず、実話ベースの話なんだそうで、いったいどこまでが実際の出来事なんだろうかと気になります。

主演は私があまり知らないチョンウという役者さん。
出演作品を見てみると、映画のほうは結構見ている映画に出演していて、全然おぼえがなのでちょっとびっくり(^^;
この人が演じる主人公の弁護士は腕利きながらも、事件や運に恵まれずに目が出ない。
友人(イ・ドンフィ)が勤めるテミス法律事務所に客人として働き始めます。
そこでカン・ハヌル演じるヒョヌが10年前に殺人の罪を着せられた「タクシー運転手殺人事件」の補償金のために苦労しているのを見て、最初は自分の功名心のために弁護を引き受けようとする。
でも、事件を知るうちに、本気でヒョヌの弁護をすることになっていくのです。

韓国映画の司法や警察機構の腐敗っぷりは、定番になっていて、韓国は本当にこんな国なのかなと思ってしまうのですが(いまや日本も危うい)この作品の警察は今まで見た作品の腐敗警察の中でもトップレベルの腐敗っぷりです。国民を守るのが警察なのに、権力のほうを向いては自己の都合や利益が一番とは。警察官になるための試験を見直したほうがいいよね(^^;

以下はネタバレ気味です。
これから見る人は読まないでね。






物語は想定通りな感じではあるんだけど、見ている間は夢中で見ました。
ヒョヌが可哀想でたまらないし、弁護士がどんどん変わっていくのが感動的でした。
欲を言えば悪い奴らに鉄槌が下るところも見てみたかったけれども、そこは映画の本懐ではなかったんだろうと。
(でも、思わず映画の残り時間を確認してしまった…)

これはおススメ。泣けました。
脇のキム・ヘスクさんやイ・ギョニョンなど安定感あってよかったです。
11:27 : [感想]映画感想トラックバック(0)  コメント(0)