FC2ブログ
  • « 2019⁄10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

感想「私はチャン・ボリ!」

私はチャン・ボリ! DVD-BOX1
私はチャン・ボリ! DVD-BOX1
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-10-02
売り上げランキング : 22041


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



WOWOWで放送した「私はチャンボリ!」全52話、見終わりました!!

とてもとても面白かったです。
毎日が楽しみで、明日が待ち遠しかったです。

ただ、最終回・・というか、オチ、ラストに関しては、ちょっとビミョーでした(^-^;
とはいうものの、全52話ほとんどをノンストップな感じで見せてくれました!
★★★★~★★★★☆かなぁ、
しかし、最初はかなりイライラしましたからね~~~(^-^;

中盤からはそのイライラが慣れてきたのか・・・
ボリが自覚して対抗する姿を見せてくれたのでイライラが軽減したのか
前半のように早送りすることはありませんでしたけども。


以下ネタバレで!!












終盤は何と言っても、ビダンが可哀想でした。
自分の存在が、母親の幸せ(結婚)を邪魔している、と思い悩んだり
実はボリの実の娘ではないと知ったり
周囲がビダンがミンジョンの娘だと知って冷たくなったり
ボリとおばあちゃんが仲悪くなってしまったり

たしかにミンジョンはこのドラマ一番の悪役で、ビダンはその娘だけれど、この幼い少女になんの罪もないことなのに、なぜかこの子が肩身の狭い思いをしなくてはならなくなってしまい、本当に可哀想でした。

最終的にはビダンを受け入れたジェファも、ミンジョンの娘だと知った当初は、拒んだような感じで、もうガッカリさせてくれました。

一番腹立たしかったのは、ジェヒの母とカウルで、
ジェヒの母は、ジェファの母を死なせた一因が自分にあることが、周囲にばれてしまって窮地に追い込まれたと言うのに、結局それはジェヒの母になーーーーんの影響ももたらさず、その場だけ謝っておしまいでした。
その後居座り続けるジェヒの母、改心したのならビダンに優しくしたらいいのに、結局元の木阿弥状態のいじわるオバさん。

私は、この女が、ミンジョンと同じくらい嫌いでしたから、指輪の一件がそれほどこの女にダメージを与えなかったのが大いに不満でした。指輪の一件は結局ミンジョンが嘘つきであると周囲に知らしめるデバイスの一つでしかなかったのかな。

しつこいですが、まだ言い足りない。
このときカウルが、ジェヒ母と同じようにビダンをいじめました。

一体このキャラの存在理由は何だったのでしょうか。
コメディ担当だとして、ビダンにこんな仕打ちをする(それ以前にボリにもひどい罵詈雑言を)カウルにひとかけらの好感も持てません。
だからユチョンとのラブも、応援しないどころか、振られたらいいのにと思ってました!!!
思い出しても憎たらしい、キーーーーーーーっ!!!


ミンジョンの悪事は終盤ことごとくバレていくんだけど、そのどれもが小出しにミンジョンにダメージを与えるにすぎず、私としては


ばーーーーん!!!!

と大きなダメージを受けて、ミンジョンがひれ伏すようなところが見たかったです。

ま、ひれ伏したことは何度もありましたが、そのあとがけっこう立ち直りが早くって(^-^;
ムンジサンとの婚約式のビデオも、その時は大きなダメージで、ジェヒに嫌われてしまうと言う「結果」は残したものの、ミンジョンが追いやられてしまうってことは無く、今の場所に居座り続けていました。
龍の刺繍の「ヨンボ」に至っては、きっと、再起不能のダメージを与えられると思って楽しみにしていたのに、まるで「武器」にもなりませんでした。も、がっかり!


ミンジョンの母にも最後までイライラさせられました。
ボリが、ビダンがミンジョンの子だと知ったときに、母を責めたとことがあったけど
自分の非を認めるどころか
「じゃあビダンを育てて損をしたとでもいうのか」
とかなんとか言ってましたけども、
そういう論点の「ズレ」みたいなのに、すっごくイライラしました。
この「ズレ」って言うのが韓ドラ特有かなーと思ってますが・・・。

ミンジョン母がボリとビダンを思って泣く場面もあって、そういう時は可哀想になりましたけども・・・。
しかし、ミンジョンを思う気持ちは一貫したものがあり、それでは子供のためにならないと、本当の愛情じゃないと思いつつも、この母の姿に胸を打たれる部分は、どこかにあったと思います。


ミンジョンは入水自殺を図り、助けようとしてミンジョンの母が溺れて生死の境をさまよい。。。
その姿を見て、やっと、ミンジョンは母親への愛情を見せました。
意識不明の母のそばで泣き叫ぶミンジョン。
目覚めるまでそばにいたいと言うミンジョンに、ボリは警察に連行されるように促す。
目覚めたときにミンジョンがいたら、母はまたミンジョンをかばうだろうと。

そして3年の刑に服したミンジョン。
出てきたミンジョンを、母はすっかり忘れていました。

母の頭には、ボリしかいない。
私の娘はボリ一人。
そして、かつてミンジョンを思ってボリをこき使ったように、今度はボリを思ってミンジョンをこき使っています。
母に思い出してもらいたいミンジョン、だけど、思い出してはもらえません。

これがミンジョンへの本当の天罰?

ミンジョンが最後に、母親思いの娘になったり、
ジェヒへの愛情は本物だったり、
そんな純情娘のエピソードは、私はいらなかったかなぁ。
ミンジョンはあくまで悪者でいてほしかったような気がします。

ドラマをどこで終われば、すっきりしたのかな。
終わりどころって難しいですね。

あと、ムンジサンの新恋人が、なんとミンジョンに瓜二つなのも(ミンジョン二役)解せません。
ムンジサンは結局ミンジョンを忘れてないって言うこと?
だからそっくりな保育士に魅かれた?

「僕の知り合いに似ていますね」
というのが、ただのきっかけである場合もあるだろうけど、でも、全然別人と一緒になってほしかったな。
まぁ見た目が同じでも、中身がまるで正反対ではありますが。
だから、似ているようで、まったく似ていないとも言えるのですけども。
そう考えると、なかなか意味深かな!


最後に思うこと、ピスルチェの跡目争いの競技会が、一番の原因なのに、
またもや、20年後に同じことをやろうとするなんて、この人たちは進歩がないわ~
と、思いましたよ(^-^;

ボリの母親が、ボリの困難の一番の原因だったし。

だから、ボリの成長物語と言うよりも、ピスルチェを舞台とした後継者争いの物語と言えるのでは。
だからもう、最初から(ボリが子ども時代から)面白かったです。

私の嫌いなジェヒの母は、最後はボリとビダンと仲良くなってました。
ドラマだからこういうオチだよね(^-^;
でも、なんだかスッキリしませんでした(^-^;

だけど、ジェヒとジェファがまた仲良くなっていたのは嬉しかった。
だから、ジェヒの母のことも・・しゃーないか!(笑)









15:01 : [ドラマタイトル]私はチャン・ボリ!トラックバック(0)  コメント(4)

鑑賞中「私はチャン・ボリ!」38~42話

ネタバレです。全52話。
ついに残すところ、10話となってしまいました。







韓国のドラマって、結婚を決めてから結婚するまでがすばやいですよね。
ミンジョンとジェヒもそうだし、ボリとジェファもあっという間に結婚式です。

ボリが、自分はウンビだと、いったいいつになったらジェファに言うのかと、やきもきしてましたけど(^-^;
満を持してって感じで、打ち明けました。
それで、家柄は申し分ないと言うことで??ジェファの父も結婚を許した・・・・

まぁその前に、ピダンの家出騒動がありました。
実のところは、ヘオクが例のごとく、ミンジョンに命令されて、
ピダンを連れて日本へ行くつもりだったのですが。
でも、寸でのところで、ボリやジェファや、ムンジサンが気付き、空港で二人を止めようとしたわけですが
ピダンはその騒動に紛れて、自ら身を隠し、益港だっけ?空港バスに乗り込んで、迷子になってしまいました。
ジェファの父は、思い出します。いぜん、ピダンが自分に言ったことを。
「心配しないで。私はお母さんが結婚したら、お母さんの元を去ります。
だから、どうかお母さんとお父さん(ジェファ)を結婚させてください」
と、泣きながら懇願したピダンのことを・・・。
幼い少女にそこまで言わせた挙句、家出させてしまったのが自分だと言う罪悪感から
会社員総動員してでも、ピダンを探すように協力し始めた、ジェファの父、
ボリがウンビじゃなくても、二人の結婚を許していたかもしれません。

ちなみに、ピダンがいなくなって狂ったように探して、心を痛めたボリ・・。
ついに、ヘオクに絶縁宣言をします。

ピダンは結局は見つかり、ボリの元へ戻り、もう離れないと誓うのです。
健気なピダンです。
それなのに、ミンジョンはピダンの失踪を
「ちょうどよかった」
なんて言うんです。鬼母だーー。
さすがのヘオクもミンジョンを許せず。
それでも、やっぱりミンジョンに情をかけるのでした。
どこまでもバカな母親です。

でも、私もバカな母親だから、ヘオクを笑えません。
ちょっと自分を見てるようなところあって胸が痛いです(^-^;

もうひとりのバカ母、イナ。
ボリをウンビとは受け入れられず、ボリにひどいことを言ってましたけど
ピダンの失踪騒動を機にボリを受け入れました。
ミンジョンの本性も分かってきて、ミンジョンには過去の「事故」のことで脅されてしまうし
ウンビが見つかっても心休まりません。
でも、ウンビへの愛情は本物で、それだけは良かったです。

そのミンジョン・・・

ピダンの失踪で警察に連行されたり
また、上手に言い逃れをしたり、それどころか、ボリとジェファの悪だくみだと言い張ったりして
ミンジョンにはあきれるしかありません(^-^;

疑われる→言い逃れる→ボリを悪者にする→また疑われる→言い逃れる・・・・
と、何度も何度も周囲が騙されてて、バカみたい(^-^;

でも、ジェファみたいな男を相手に一歩も譲らず悪女ぶりを大胆にさらして戦うミンジョン、
ジェファをもたじたじにさせるその勢い・・
ちょっとカッコいいです(笑)

ムンジサンとのことは、過去の確かな証拠が、やっとジェヒの目に留まり・・。
っていうか、ムンジサンよ、
そんな隠し玉があるなら、なんでもっと早く出さなかったんや~~~(^-^;

つまり、ムンジサンとミンジョンの婚約パーティーの様子がビデオに残ってて
それを、ジェヒに見せたわけです。
もっと早く見せとかんかい!(^-^;

ジェヒは「ムンジサンと何かがあっても良い、ともかく、嘘を言うな」と釘を刺したうえで
ムンジサンと何かあったのか。と、訊いたことがあって
ミンジョンは決然と「オプソ」とかなんとか、言ったのでした。

ジェヒにしたら、完璧裏切られて、だまされてて、すごく自尊心が傷ついてミンジョンを許せなかったのだけど
案の定、ミンジョンはジェヒの母が、ジェファの母の死に絡んでいることを盾に、ジェヒに自分を捨てないように脅しをかけました。

さて、で、ボリの結婚式。

ヘオクは招待されてません。
ここは意見が分かれる所ではありませんか?
こんなひどい母親だから、ボリから絶縁されて、結婚式に招待されなくても当然だ・・・
と、思うか
いやいや、かりにも今まで母と娘として過ごしてきたのだから、その仕打ちはひどいじゃないか・・・
と、思うのか。

ひどい母親なんですよねぇ・・・。
ミンジョンがすべてで。
ボリにはひどい目に合わせてきた。
学校にもやらず、店の手伝いをさせてきたし
いつも怒って殴ってきたし
ピダンを無理やり実子にさせたし・・・
虐待してきた・・と言えるでしょう。

でも、哀れだと思ってしまうのはなぜでしょうか。

ボリにいろいろ辛いことを押し付けて、自分が楽な目をしようとしたのなら
心置きなく憎めますが
自分も必死で生きてきたしね(^-^;
このひとも、何の贅沢もしないで寝る魔も惜しんで働いてたよね。

いや、だからと言ってボリにした仕打ちは赦されません。
ボリは、記憶喪失だった自分を親の元へ返さず連れ去ったのは、「誘拐」だと言うのです。
うむ、確かに。

でも、ボリとピダンを思って泣くこのみじめな母親を、憎めなくなってしまいました。
結婚式にも呼ばないなんて。。
今までのボリには考えられないんですよね。
ほんとうに、そこまで怒ってしまったのかな。

ピダンはおばあちゃんが好きだから、可哀想。
失踪騒動の時も、おばあちゃんをかばってピダンは、「自分が自分で失踪した」と言い張ってました。
どうか、罪を告白して、償って、ボリに許してもらうようにしてもらえないのでしょうか。。。

ミンジョンは憎いけど、ヘオクは・・・・。

ボリたちの結婚式は、またもや、ミンジョンに妨害されようとしています。
そして、それを察したムンジサンが、対抗策に打って出たところで
来週へ続く。。。。

あ~あと10話。
先が気になるやら、終わるのが寂しいやら。

14:43 : [ドラマタイトル]私はチャン・ボリ!トラックバック(0)  コメント(0)

鑑賞中「私はチャン・ボリ!」36~37話

ネタバレです!!








ついに、ウンビ父がボリ=ウンビと言う確信を得ました!
長かったな――――・・・・(^-^;

そして、ミンジョンはその本性を明らかにし始めました。
ピスルチェのキム先生を脅したり
イナのことも、脅しています。
が、イナにとっては青天の霹靂なので、自分が脅されているなんて気付かないみたい。

ミンジョンは、うまい具合に立ち聞きしていて、イナの罪を知ってしまった。
それをもとに、イナを脅しています。

前回は、ウンビのアルバムや写真がミンジョンのスーツケースから出てきたところで続くとなったわけですが
それは、ミンジョンはやっぱり「ボリの陰謀」と、言い逃れようとしました。
キム先生にもうその証言をさせて・・。
そのうえ、キム先生と脅したんです。
キム先生はミンジョンの本性に気付き始めたと思う。
ウンビ父はそれでも、ミンジョンをもう信じてなくて、突き放しますが、上記の通り、イナの秘密を盾にミンジョンはイナを脅し、その危機を逃れました。

ミンジョンは自分がピダンを産んだとばれないように、自分の母とピダンを海外へ行かせようとしていますが、
おなじように、イナも自分の罪がばれないように、すべてを知るジョンハ(染色係のおじさん)をピスルチェから追い出しました。
やることが本当に似てるわこの二人。
実際の親子よりも、親子らしい(^-^;

で、イナがジョンハに、ピスルチェを出ていくように、迫ってるところを、ミンジョンが見てたので。
ミンジョンはイナの罪をすべて知ってます。
またひとつ、武器を持ってしまったわけです(^-^;

この調子だと、ジェヒの母が、ジェファの母の事故死に関わっていることをも、そのうち気付いて、ジェヒ母も脅すのかもしれませんね。(そんな同じ展開にはならないか・・)

ミンジョンは徐々にすべてを思い出し始めたボリにも、脅しをかけます。
あんたがウンビだと知れたら、実の母親が困ったことになるんだ。
ピスルチェは崩壊するだろう、それでもいいのか・・・・と。

何のことかわからないままに、不安が募るボリなのですが
正々堂々とした彼女は、ミンジョンの言葉に怯えつつも、DNA鑑定を望むウンビ父と一緒に鑑定を受けて、親子関係が発覚したのです。


しかし、何かにつけて脅してくるミンジョン・・・。
ボリはどうして、ジェファに助けを求めないのかな。
ジェファは法律のプロだから、きっといいアイデアを出して、助けてくれると思うんだけど。
いつまでも、自分がウンビだとジェファに言わないので、ちょっとイライラします。

ジェファは会社を守るために、社員になって頑張ってるから、忙しくしてるから、邪魔したくないと思ってるのかなぁ。
頼ってもいいと思います!

あと、困ったもんだ、ミンジョンの母。
すこしはボリのこと考えてあげられるようになってきてると思うけど、相変わらずミンジョン命。
ミンジョンの命令ならなんだって聞いてしまう。
奴隷のような母親だ。。。

しかし、一番悪いのはミンジョンだけどね。

次回はいよいよ、イナにもボリがウンビだと分かるみたい。
散々ののしってたのに、そのボリがウンビだと知れたら、どうするんだろうか。
未婚の母であることや、けがらわしいとか言ったりして、ピダンも込みでそりゃもう罵詈雑言浴びせましたから。
まぁボリは優しいから許すんだろうけど・・・。
天誅が下ってもらいたいと思うけどね。

それに、ウンビは事故の現場にいたはずで、自分がオクスたちを助けなかったのを見ていたはずで、そんなウンビの帰還を本心から喜べるのか。。喜べないから、夫にも「DNA鑑定をするな」と怒ったりするんですね。
ウンビを探したい、でも探したくない、そんな矛盾と葛藤がイナの中で荒れ狂ってるのかもね。

しかし、いま、ミンジョンの悪事が明らかになりつつある今
ミンジョンは開き直ってくるかも。
やけを起こしたら何するかわからないから。。。
心配だ~~~・・・。
14:13 : [ドラマタイトル]私はチャン・ボリ!トラックバック(0)  コメント(0)

鑑賞中「私はチャン・ボリ!」33~35話

私はチャン・ボリ!35話まで見ました。


ふぅ~~~・・・・

はぁ~~~~


佳境も佳境です!
まだ20話近く残してこのクライマックス感!!!


ネタバレあります!↓











いよいよ、ボリの記憶が戻りはじめました。
そしてそんなボリの言動に、周囲(というか、お父さん)も「ボリ=ウンビでは」と思い始めます。

ミンジョンは結局、ジェヒとの結婚式を無事に挙げてしまいました。
ムンジサンは結婚式を、華々しい暴露の場にしようと思っていたようなのですが、出来ませんでした。
ムンジサンは、過去のミンジョンと二人に共通の知人を呼んだりして、ジェヒの前でミンジョンの正体をばらそうとしたりしたんですが、例によって言い逃れの達人のミンジョンに、ジェヒもカン室長すらも騙されっぱなし。。

ミンジョンの花嫁姿を一目見ようとする母親に、ミンジョンは相変わらず、冷酷です。
見に来るな、私の幸せをぶち壊すなと、身勝手なことしか言いません。
とどめには、母親に、ウンビを連れて海外へ行けとまで言うのです。
自分の幸せのためにはどこまでもやりますね、この女は。。。
そんなミンジョンのために、お母さんは指輪を買って、花嫁衣装姿を見に行きます。
指輪を渡そうとしても、「そんなものいらない!」と、はねのける鬼のようなミンジョン。
指輪を追いかけてバイクにはねられた母親を横目に、結婚式を挙げます。
居合わせたムンジサンは、とうぜん、結婚式をぶち壊しに来たのに、救急車で運ばれるミンジョンの母親に付き添うことになり、計画が台無し。。。
しかも、用意した証拠の写真やデータが、こともあろうにミンジョンの手に渡ってしまう。
あ~~詰めが甘すぎる~~~!!!

とまぁこんな流れで、ミンジョンとジェヒは結婚式を挙げ夫婦になりました。

あれだけムンジサンは結婚式を妨害するようなことを言ってて、
すっごく楽しみにしてたのに・・・・
どんな修羅場になるんだろう、
ミンジョンにどれだけ痛手を負わせるんだろう
と、
ジェヒやイナの反応は??
と、とてもとても楽しみだったのに。。。
無念です!

でも、考えてみたら今ミンジョンの正体がばれても、あと20話ぐらい、もたないもんね・・・・
と、別の角度から推測して見る。

でも、ミンジョンが持ち去ったウンビの写真を、新居の(と言っても例のごとく親の家で同居)クローゼットから、ジェヒの母が見つけて、単純に、写真の少女はミンジョンだと思っていたんだけど、それをジェファが見て「これはウンビだ」と言い・・・と言う流れで、
ウンビの写真を持ち去ったのがミンジョンだと、明らかになりました。

言い逃れできない証拠を見つけられ、絶体絶命に見えるミンジョンですが、これも結局はクリアしていくんだろうなぁ。


一言感想↓

無味乾燥な男に見えたジェヒが案外情熱家でロマンチストでびっくり。
ジェファは騒々しくてうっとおしいところを除けば、すっごく良い恋人。
実際に子どもを産んだ3人の女たち(ミンジョン、イナ、ヘオク)が、天誅下るべき悪人たちで、
子どもを産んでないボリとオクスの二人が、母性愛に満ちた人格者と言う皮肉が効いてる。
父親は、スボンにしろ、ムンジサンにしろ、良い感じ。

ムンジサンがピダンを思う気持ちに、一番泣かされます。

頑張れムンジサン!
結婚式妨害はボツになってしまったけど、やっぱりあなたに一番期待します。
ミンジョンに天誅を!!!

いや本当に面白い。


あ、それと、このドラマのいいところの一つが、ミンジョンの声です。
韓国ドラマはいつも誰かがきーきーと怒鳴ってますよね。
こないだ見ていた「おバカちゃん注意報」で、イ・イルファさんがいつもいつも怒鳴っていたんだけど
あの金切り声が生理的に嫌いで、受け付けなくて、心底嫌気がさしました。

ミンジョンも、かなり全身全霊で叫んだり怒鳴ったりしますが
彼女の声はハスキーボイスで、怒鳴る迫力を削ぐことなく、良い感じに耳に柔らかい怒鳴り声です。
これがイ・イルファ並みに生理的に嫌いな声だったらかなりつらかったと思う。
ミンジョンの声は良いわー・・と、感心しています。





22:38 : [ドラマタイトル]私はチャン・ボリ!トラックバック(0)  コメント(0)

鑑賞中「私はチャン・ボリ!」32話

ネタバレです!!








前回は、ミンジョンが警察に連行されるところで、「続く」となったわけで、
ようやった!ムンジサン!!!
と思って、溜飲が下がりまくった私でしたが

うーん。
やっぱり、したたかなミンジョン、
煮ても焼いても食えないとはこのことかと思いますけど

警察には、
ムンジサンが8年前の、ストーカー行為で警察沙汰になったときの復讐をしている
と言いますし

ピスルチェのイナにも
8年前に、しつこくされていた彼が、また私を追いかけている
と言いますし

ジェヒには
・ムンジサンが私を脅している
・ムンジサンはジェファと結託している
・ムンジサンが私を脅す様子は防犯カメラに記録されている
などと言います。

じっさい、ムンジサンがミンジョンを脅しているような絵面の記録が、防犯カメラの映像にありまして
しかし、ミンジョンはそこまで計算して、そのとき、そういう風に演じたのか?
と思うと、どこまで周到でどこまで腹黒いんだと、驚きを禁じえません。

また、ビダンの誘拐にしても
ジェヒには
「ビダンが泣いていたので構ってあげた。
それなのに、それを利用してボリとジェファに陥れられた」
みたいなことを言います。

まぁよくも次から次へと嘘八百並び立て、保身の作為がうますぎて、あきれるやら・・・

こんな女を信じ込んでるジェヒは大ばか者です!
でも・・・可哀想でなりません。

拘置所のなかで荒れ狂うミンジョン。その姿を、イナもジェヒも見たらいいのに!
いくらなんでも、これはないだろうと言う荒れ具合ですから、ちょっとは目が覚めると言うもの。

さて、ミンジョン母は、そんなミンジョンが哀れで、ボリに、助けを乞います。
しぶしぶ拘置所に出向いたボリにミンジョンは、冷静さを欠いていて、叫びまくってましたが(^-^;
つまりは、ビダンがミンジョンとムンジサンの子供だと分かるようなことを言ってしまいました。

やっと、ビダンが誰の子なのかわかったボリのショックやいかに!!

これまでのことが様々よみがえり、茫然とします。

ボリはミンジョンの母のしうちにも呆然とするんだけど
結局
「母さんは私が大好きなのね。だから大事な姉さんの子供を私に託したのね」
と、言ってます。
そう思い込もうとしているんだよね?
そうじゃなきゃこの8年間が、あまりにも辛い。

母は、
「自分にはミンジョンが一番大事。」とひとりごちるものの、
ボリにも愛情を抱いていると思えるんだけど・・・
やっぱり、ミンジョンとこの母にはともに地獄を味わってもらいたいですな(^-^;



そして、ボリはビダンを気遣います。
気遣って、出した結論は
ムンジサンに、「ビダンにはもう会わないで」と、告げることでした。

ムンジサン、哀れなり。
このひとに非がありますか?
ボリに「親の資格ない」なんて言われていたけど、本当にそうなの?
いや、ミンジョンが妊娠したと知ったときから、お腹の子供を愛していたじゃないですか。
勝手に捨てたのは、ミンジョンだけで、ムンジサン氏は子どもを引き取り育てるつもりがあったはずなのに。
こうなってしまった原因はすべてミンジョンと、ミンジョンの母にあるというのに。
ボリには
娘に近づくな、
娘に二度と会うな
あなたには親の資格はない
なんて。。。
かわいそうに。


そして、ボリはオクスと一緒に(ビダンも連れて)ピスルチェに行きますが、
知らないはずの、倉庫の場所を知っており
昔自分が隠した凧のありかを知っているなど

徐々に、やっと、ボリ=ウンビ と言うことが、周囲にわかり始めています。
ミンジョンがすべてを知っているので、またいろいろと、あの手この手で妨害してくるんだろうな。
これだけ憎たらしい悪役は私は初めてで、心置きなく憎めるので、たいへんグッドなキャラクターです。

ジェファは会社を守るために、社員となりました。
ミンジョンとジェヒの悪だくみを暴いていくはずです。

ジェヒが会社から追い出されて、ミンジョンにもまた捨てられて、それで目が覚めるのかな?(^-^;

いやはや、月曜日が待ち遠しくてたまりません!(^-^;


07:10 : [ドラマタイトル]私はチャン・ボリ!トラックバック(0)  コメント(2)